ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

管理会社が管理する賃貸アパートは仲介手数料がお得!

2019.8.31

引っ越し先の賃貸アパートを探す時には、不動産会社に行って部屋を紹介してもらうというのがオーソドックスな見つけ方でしょう。

賃貸アパートが決まった時に支払うお金の一つに、仲介手数料があります。

「管理会社に頼むと仲介手数料が安くなる」といった話がありますが、それは本当なのでしょうか?

今回は、それについて検証していきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

仲介手数料の消費税は社宅を借りた時にもかかるのか

会社で社員のために賃貸マンションやアパートを社宅として借りているケースがあります。 貸主あるい...

家賃滞納して退去!分割してでも滞納金を完済しよう

家賃を滞納していると、いずれその家を強制的に退去させられることになります。 しかし、退去をした...

bsアンテナの方向を変えれば障害物があっても映る?賃貸相談

賃貸経営をしていくうえで、通信設備については悩むことが多いと思います。 bs・cs対応にするために...

農地転用で分筆すると費用や期間はどのくらいかかるのか?

農地に家を建てる場合には、「農地転用」の手続きが必要です。 また、土地を分けるには「分筆」しな...

窓と扉の違いはどんなところにある?その種類について解説!

窓と扉の違いについて聞かれたとき、皆さんはどうお答えするでしょうか? 基本的には、家の玄関が扉...

親と同居している人が渡している生活費の相場は?

親元を離れて一人暮らしをしている人、結婚している人、二世帯住宅にお住まいの人、実家で親と同居して...

家賃の未払いを支払う連帯保証人は契約解除できる?

賃貸を借りる際に必要になるのが、連帯保証人ですね。 連帯保証人は、借主に代わって家賃の未払いを...

家賃支払日は変更できる?支払いが苦しいなら考えるべきこと

毎月の家賃は、延滞せずに支払わないといけません。 延滞記録が残ってしまうと、その後のローンの際や...

分筆を検討している方必見!メリット・デメリットのまとめ

土地の分筆を検討しているという方もいらっしゃるかもしれません。 大きな土地を所有していたり、親...

家賃滞納による強制退去について!滞納が何ヶ月も続く場合は

家賃滞納者がいると、その分家賃収入が減ってしまうことになります。 家賃滞納をする人は、様々な理由が...

義父や義母と同居が決まった!間取りで必ず必要な条件とは?

家庭によっては様々な理由から「義父や義母と同居をすることになった」ということがあるでしょう。 新...

窓に付けている防犯ブザーが誤作動する!原因と対処法は?

家の防犯は、安心して暮らすためにとても重要なポイントです。 毎年、窓から家の中に侵入され、被害...

準防火地域は様々な規制がある!?外壁を板張りする方法は?

自己所有の土地だからと言って、どんな建物でも自由に建てられるとは限りません。 私たちが暮らす街...

住宅に設ける「窓」、設置高さの基準ってあるの?

住宅を建てるとき、窓の大きさや位置、種類をどのように決めているでしょうか? 実は、機能面、デザ...

家賃の自動引き落としの手数料はいくら?ufjやみずほを比較

最近では、家賃の支払いを銀行の自動引き落としにしたり、クレジットカードで支払いをする物件が増えて...

スポンサーリンク

賃貸アパート管理会社の仕事内容

そもそも、管理会社とはどのような仕事を行っているのでしょうか?

賃貸アパートには、大家さんと言われる所有者がいます。

大家さんが管理を行っているアパートも非常に多いです。

しかしながら昨今、入居者の生活スタイルの多様化で管理が複雑化しています。

また、賃貸アパートが空室になった場合、ネットで募集を行わないと部屋が決まりにくくなっており、大家さん個人では対応が難しくなっています。

その為、毎月一定の管理手数料を支払って、管理関係を全て不動産の管理会社に依頼するケースが非常に多くなっています。

大家さんは、毎月入ってくる家賃と、支払わなければならない保守費などを差し引いた金額を送金してもらうだけで、経営を行っています。

賃貸アパートの管理業務には、

・空室が出た場合の募集業務や内装業務

・入居者と交わした契約書の保管業務

・賃貸アパートの入居者のクレーム処理業務

・賃貸アパートが破損した場合の修理手配業務

・町内会や自治体とのお付き合い

など、非常に多くの業務があります。

とても個人の大家さんでは対応しきれない部分が多く、管理会社の存在が改めて大きくなっています。

管理会社は、部屋が空室になった場合に新規入居者の募集も行っていますので、管理会社が部屋の仲介手数料をもらうことは当然あります。

賃貸アパートの管理会社と仲介不動産会社の相違点

不動産会社と一口に言っても、先程述べた管理業務を主にしている管理会社と、仲介を専門にしている仲介会社とに分かれています。

そして、管理会社の仕事の一つに、管理している賃貸アパートの空室を埋めるという業務があります。

そのため、部屋を探しに来たお客様に紹介するのは、自分達で管理している賃貸アパートになることが多いと言えるでしょう。

翻って、仲介専門の不動産会社は、希望に近い賃貸アパートを複数調べて紹介してくれます。

これだけ聞くと、仲介専門の不動産会社に部屋探しを任せた方が良いようにも感じます。

しかし、管理会社が紹介する賃貸アパートに関しては自分たちが管理しているわけですから、該当する賃貸アパートの事に詳しいですし、情報に間違いはほとんどありません。

また、大家さんと関係性が近いので、例えば家賃の交渉や、設備の追加などの要望を受け入れてくれる可能性も高いです。

仲介専門の不動産会社は、たくさんの賃貸アパートを紹介してくれますが、情報が若干異なっていたり、すでに決まっている部屋を紹介することも少なくありません。

住みたい賃貸アパートの目星がついているなら、管理会社に依頼した方が良いように感じますね。

一方、まだ漠然としか住みたい場所程度しか決まっていない場合は、仲介専門の不動産会社でたくさんの情報を得るといった使い分けが必要かと思います。

どちらにしても、不動産会社に支払う仲介手数料は決まっていますので、自分のニーズに合った不動産会社を選んだ方が良いでしょう。

賃貸アパートの仲介手数料が持つ意味合い

ここで、仲介手数料とはどのようなものかを一度述べておきます。

住みたい賃貸アパートを管理会社なり仲介専門の不動産会社に紹介してもらい成約したら、仲介手数料を支払います。

「家賃+駐車料金の1ヶ月分+消費税」が仲介手数料の上限です。

仲介手数料に共益費の金額は入っていません。

本来は、借りる人からは最大0.5ヶ月分しか仲介手数料は頂けません。

借りる人から0.5ケ月分+大家さんから0.5ヶ月分の合わせて1ヶ月分というのが決まりです。

依頼者からの承諾があった場合のみ1ヶ月分をもらえると、宅建業法で決まっています。

しかし、昔からの流れや商慣習などにより、部屋が決まったら当たり前のように、「家賃+駐車料金の1か月分+消費税」の仲介手数料を徴収している不動産会社が多いようです。

とは言え、近年は、不動産会社の中でもコンプライアンスを守ろうという声が高まっていますので、「家賃+駐車料金の0.5か月分+消費税」を仲介手数料の上限としている不動産会社も増えています。

管理会社と仲介会社では仲介手数料に対するウエイトが違う

管理会社と仲介会社では、仲介手数料が占めるウエイトが全然違います。

仲介会社が売り上げを上げる為に最も重要なのは、仲介手数料です。

仲介手数料が収益の柱です。

ほぼ、仲介手数料でしか収益は上がらないので、賃貸アパートを探しに来たお客さんを何としてでも成約に繋げないと収益が上がりません。

そのような意味合いでも仲介手数料を最も重要視していますので、どんどん物件を見つけて紹介してくれます。

では、管理会社はどうなのでしょうか?

管理会社も仲介業務を行いますので、仲介したら仲介手数料をもらっています。

併せて、管理手数料というお金も大家さんからもらえますので、管理手数料と仲介手数料の二本の柱で運営を行っています。

しかし、管理している部屋の空きがなかなか埋まらないと、大家さんの不満がたまって管理を切られる可能性があります。

そのため、管理している賃貸アパートの入居者を何としても探さないといけないのです。

管理していない賃貸アパートを成約して仲介手数料をもらうより、管理している賃貸アパートの管理に対して重きを置きます。

このような理由から、管理専門の会社と仲介専門の会社では仲介手数料に対するウェイトが違うと言えます。

賃貸アパートの管理会社に依頼をすると仲介手数料が安くなる?

最近、テレビやネットで「管理会社に頼むと仲介手数料が安くなる」といった話をよく聞きますが、本当の所はどうなのでしょうか?

実際に管理会社が管理している賃貸アパートであれば、仲介手数料が安くなる可能性は高いです。

これは、先程も述べましたが、いつまでも部屋の入居者が決まらないと管理を切られる可能性があるからです。

そのため、仲介手数料は度外視してでも部屋を埋めようとする傾向があります。

管理手数料の報酬額はあまり高くはありませんが、毎月一定額の収益が入ってきます。

つまり、管理している賃貸アパートが多ければ多いほど、まとまった管理手数料が売り上げとして入ることになります。

これは経営面で非常に心強いことです。

そのため、最近は管理業務に重きを置く不動産会社が増えています。

そうした不動産会社が管理している賃貸アパートでは、仲介手数料を目減りさせても、入居者を入れることを優先してくれるので、お得に入居できることもあるでしょう。

住みたい賃貸アパートがあれば管理会社にお願いするのがお得

どういうところに住みたいかがわからない場合は、仲介会社で聞いて物件を紹介してもらう方が良いでしょう。

最近は、インターネットの情報がとても充実しているので、自分で賃貸アパートを探せます。

自分で目ぼしい賃貸アパートを見つけて、それを管理している管理会社に問い合わせした方が、仲介会社に飛び込みで部屋探しに行くよりも費用面ではお得な面が多いでしょう。

家賃の交渉や設備の追加交渉など、大家さんと近い管理会社の方が可否の判断も早いです。

また、賃貸アパートによっては、仲介手数料を無料にしてあっせんしてくれることもあります。

見つけた賃貸アパートの空室期間が長かったり、複数の部屋が空いていたりすればチャンスです。

目ぼしい賃貸アパートがあるのであれば、そのアパートの管理会社に問い合わせてみてください。

仲介手数料に気を取られすぎず住みたい物件を選ぶのが大事

今回は、賃貸アパートの仲介手数料についてお伝えしました。

管理会社と仲介会社では、仲介手数料のウエイトが異なります。

賃貸アパートを探す際は、自分の用途に合わせて、管理会社にするか仲介会社にするかを決めた方が良いでしょう。

しかし、目先の仲介手数料だけで部屋を決めるのは、そのあとの生活を考えるとあまりお薦めできません。

手数料だけにとらわれず、後悔のない部屋探しをしてください。

 - 暮らし, 賃貸暮らし