ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

窓にシャッターをつけると防音や防犯対策になる?

2019.3.10

毎日生活していると、窓の外から聞こえてくる騒音が気になることがあるでしょう。

反対に、自分の家からどうしても出てしまう音が他人に迷惑をかけていないか心配になることもありますよね。

また、何が起こるかわからない昨今、窓の防犯対策について気になる方も多いことでしょう。

ちなみに、一般住宅や賃貸住宅でシャッターを見かける機会が多いですよね。

そのシャッターですが、防音や防犯に効果があるのでしょうか。

防音・防犯対策とともに、シャッターの効果について検証していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

木造車庫の建築基準法による内装制限とは?詳しく解説!

家の新築では、たくさんのこだわりをもって家を建てる方が多くいます。 家と同様に、車庫のデザイン...

窓にロールスクリーンを設置!寒い?メリットとデメリット

皆さんは、窓にカーテンを設置していますか? 目隠しや日除け、遮熱や冷気の遮断の役目を果たす窓に設...

不動産登記はオンライン申請が便利!?注意したい各時間帯

新築などの際、間取りや内装の決定などと同様に重要なのが各手続きです。 その手続きの中でも不動産...

家の窓をミラー化するとどんなメリットがある?DIY方法は?

窓の日差しが強く、冷房の効きが悪いと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。 また、窓の前に他...

窓のストッパーは100均ショップのものでも十分!

防犯対策を考えていて、「窓にストッパーを付けたらどうだろう」と思ったことはありませんか。 窓の...

ロフトはどうしても暑い!対処法を知って快適に使おう

ロフトは冷房が届きにくく暑いので夏場は上がらない、という人も多いと思います。 しかし、ただの収...

私道の道路では通行料を請求されることも!相場はいくら?

購入しようか検討している土地の中に、まれに私道を通らざる負えない土地もあります。 その場合...

納戸をさらに使いやすく!収納棚をDIYして取り付けよう!

「納戸の収納量をもっと増やしたいな」と考えている方はいらっしゃいませんか。 一口に「納戸」と言っ...

窓からの転落防止に自分で取り付けられるお勧めDIYグッズ!

小さい子どもがいると、窓からの転落事故は怖いですね。 特に団地やアパート、マンションの上階...

思い切ってリフォーム!窓を塞ぐ方法と注意点とは?

「窓を開けたらすぐ隣家」「窓のすぐ外は道路」などと、窓をなかなか思うように開けられない場合があり...

窓の網戸を簡単に取り付けたい!コツってあるの?

窓についている網戸は、穴が開いた時や大掃除の際、張替えをすることがありますよね。 網戸は外す時...

ロフトベッドは便利!賃貸でも置くことはできるの?

高いところに寝ると、なんだか落ち着きますよね。 ハンモックもそうですし、映画などで見る木の上の...

住所は教えたくないが荷物を受け取りたい場合の方法

荷物は受け取りたいけれど、送り主に住所は教えたくないという場合がありますね。 喧嘩した友人や別れ...

会社名や個人の連絡先を聞く場合、個人情報の管理は厳格に

会社は、多くの取引先や社員の連絡先を保有しています。 社員の自宅住所や電話番号、緊急連絡先に加え...

テレビの映りが悪い?賃貸のアンテナ線事情・ワイヤレス化も

「引っ越したばかりの賃貸でテレビを点けたら映りが悪かった」なんてことありませんか? テレビドラ...

スポンサーリンク

窓に防音・防犯対策を!

周りに他の住宅がなく、とても静かな環境ではない限り、「音」はどうしても聞こえてくるものです。

それが気になってしまう音であれば、「騒音」と呼べるものでしょう。

また、幼い子供がいたり自宅で楽器を楽しむ習慣があるならば、子供の泣き声や楽器の音色が他人に迷惑をかけてしまうかもしれません。

複数の世帯が暮らす賃貸住宅では、その騒音は窓や壁、床や天井から聞こえてくることもありますね。

一般住宅であれば、騒音はおそらく窓から聞こえてくるパターンがほとんどでしょう。

窓はガラスなので、家の中で一番音が通る部分とも言えます。

日頃から騒音問題が気になっている方は、その窓に何らかの防音対策をすることをおすすめします。

また、窓は空き巣が侵入しやすい場所の一つでもあるので、窓の防犯対策も同時に行なっておきたいところです。

それら、二つの対策を兼ねることのできるものが「シャッター」です。

シャッターについてお話しする前に、まずは、窓の防音と防犯対策について解説していきますね。

騒音の種類で窓の防音対策は異なる!?

窓は、家の中でも一番音が通る部分です。

そのため、いろいろな騒音を通してしまうのです。

その騒音には、三つ種類があります。

1.空気を伝わる音
2.固体を伝わる音
3.空気、固体両方から伝わる音

実は、この騒音の種類によってどう防音対策を取るかが異なるのです。

まず、1の空気を伝わる音は、人の話し声や車の音、楽器の音色などです。

2の固体を伝わる音は、排水音や天井から聞こえる人が歩く音などです。

3は、トラックなど、地響きしながら聞こえてくる音などを指します。

1の音に関しては、空気を伝わって騒音が窓から出入りするので、窓にシャッターを取りつけたりなどの防音対策は功を奏する場合が多いです。

しかし、2や3の音であれば、窓に防音対策をしたとしてもそこまで効果が得られないのです。

もちろん、3の音に関しては、空気を伝わって聞こえる音に関しては効果があります。

しかしながら、固体を伝わる音に関しては効果が期待できないのです。

それでは、その固体を伝わる音はどう対策したらいいのでしょうか。

結論から申し上げますと、対策は非常に難しいと言われています。

それでも、多少なりとも防音できる対策がいくつかあります。

次項で解説していきましょう。

シャッターや二重窓などに今すぐできる窓の防音対策

だいたいの騒音は窓から出入りしていることが多いですから、できる対策は行ってみましょう。

【シャッターを取りつける】

シャッターを取りつけることで防音対策となります。

また、防犯対策にも有効です。

【二重窓を取りつける】

賃貸住宅にお住まいであるとこの方法は難しいですが、一般住宅であれば二重窓を取りつけることで防音することが可能です。

ただし、工事が伴いますので窓の大きさによっても異なりますが、数万円から十数万円費用が掛かってしまいます。

【防音カーテンを使用する】

カーテンには防音性が高い素材を使っているものがあります。

カーテンであれば、賃貸住宅にお住まいでも簡単にできる防音対策です。

【隙間テープを貼る】

窓にはどうしても隙間ができます。

その隙間を埋めるために隙間テープというものが市販されていますので、それを活用してみるもの一つの方法です。

100均でも売られているので、簡単に入手することができますよ。

万全に!窓の防犯対策

音が気になるなら窓に防音対策は必要ですが、不審者対策として窓に防犯対策を講じておくことも必要でしょう。

空き巣の多くは窓から侵入します。

ですから、窓の防犯対策を万全にしておくことをおすすめします。

まず、空き巣の犯人は窓ガラスを割って、そこから窓の鍵を開けて侵入するパターンが多いです。

また、家の中でも一番大きな窓である掃き出し窓から侵入することが多いと言われています。

そのため、窓にシャッターがついているならば、外出する際にはなるべく閉めて出かけるようにしてください。

また、短時間の外出であれば、電気をつけたまま出かけるとさらに安心です。

家に電気がついていることで、家の中に人がいると思わせることができるためです。

さらに、窓には「補助錠」をあらかじめつけておくと安心です。

補助錠はインターネットでも簡単に購入することが可能でしょう。

貸主から許可を得ることができれば、賃貸住宅にお住まいでも補助錠をつけることができるかもしれないので、気になる方は貸主の方に相談してみてはいかがでしょうか。

窓に防犯対策!シャッターの効果とは?

窓は防音の問題に限らず、防犯対策にも力を入れておきたいものです。

空き巣は窓から入ることが多いので、窓に防犯対策を講じることは重要です。

あるデータでは、空き巣の約60%が窓から侵入しているという結果も出ています。

そこで、防犯対策として、防音も兼ねるシャッターがいいのではと思いますよね。

しかし、シャッターは、閉めていることで、この家は不在だと不審者に思われてしまう可能性もはらんでいるのです。

そのため、シャッターを閉めているからと言って、万全な防犯対策になるとは言えないのです。

しかし、シャッターにもいろいろな種類があります。

中でも、「タイマーつき電動シャッター」が防犯に期待できると言われています。

タイマーつき電動シャッターは、あらかじめ設定しておいた時間に自動的にシャッターを開閉することができるものです。

そのため、家を留守にしていても、シャッターが開閉していることで、この家には人がいると思わせることができるのです。

シャッターとの併用で防犯効果アップ!おすすめの防犯対策

空き巣が侵入しやすい窓の防犯対策にシャッターをすることは有効ではありますが、先ほども申し上げましたとおり、万全ではありません。

空き巣の犯人は、5分以内に侵入できなければその家に空き巣に入ることを諦めると言われています。

そのため、侵入に時間がかかるように窓に工夫しておくことをおすすめします。

例えば、先述の「補助錠」を窓に取りつける、窓ガラスを「防犯ガラス」にするなどです。

また、「この家は防犯対策がしっかりとしてある」という印象を与えることもコツの一つです。

例を挙げると、防犯カメラを設置などをして、防犯意識が高いというように見せるのです。

そうすることで、空き巣への抑制効果が得られるでしょう。

シャッターは防音や防犯対策に有効なものの、それだけでは不安な面もあります。

シャッターの取りつけを検討されている方は、「タイマーつき電動シャッター」にするなどよく検討するようにしましょう。

窓に防音・防犯対策を!

周りに他の住宅がなく、とても静かな環境ではない限り、「音」はどうしても聞こえてくるものです。

それが気になってしまう音であれば、「騒音」と呼べるものでしょう。

また、幼い子供がいたり自宅で楽器を楽しむ習慣があるならば、子供の泣き声や楽器の音色が他人に迷惑をかけてしまうかもしれません。

複数の世帯が暮らす賃貸住宅では、その騒音は窓や壁、床や天井から聞こえてくることもありますね。

一般住宅であれば、騒音はおそらく窓から聞こえてくるパターンがほとんどでしょう。

窓はガラスなので、家の中で一番音が通る部分とも言えます。

日頃から騒音問題が気になっている方は、その窓に何らかの防音対策をすることをおすすめします。

また、窓は空き巣が侵入しやすい場所の一つでもあるので、窓の防犯対策も同時に行なっておきたいところです。

それら、二つの対策を兼ねることのできるものが「シャッター」です。

シャッターについてお話しする前に、まずは、窓の防音と防犯対策について解説していきますね。

$$$騒音の種類で窓の防音対策は異なる!?$$$

窓は、家の中でも一番音が通る部分です。

そのため、いろいろな騒音を通してしまうのです。

その騒音には、三つ種類があります。

1.空気を伝わる音
2.固体を伝わる音
3.空気、固体両方から伝わる音

実は、この騒音の種類によってどう防音対策を取るかが異なるのです。

まず、1の空気を伝わる音は、人の話し声や車の音、楽器の音色などです。

2の固体を伝わる音は、排水音や天井から聞こえる人が歩く音などです。

3は、トラックなど、地響きしながら聞こえてくる音などを指します。

1の音に関しては、空気を伝わって騒音が窓から出入りするので、窓にシャッターを取りつけたりなどの防音対策は功を奏する場合が多いです。

しかし、2や3の音であれば、窓に防音対策をしたとしてもそこまで効果が得られないのです。

もちろん、3の音に関しては、空気を伝わって聞こえる音に関しては効果があります。

しかしながら、固体を伝わる音に関しては効果が期待できないのです。

それでは、その固体を伝わる音はどう対策したらいいのでしょうか。

結論から申し上げますと、対策は非常に難しいと言われています。

それでも、多少なりとも防音できる対策がいくつかあります。

次項で解説していきましょう。

$$$シャッターや二重窓などに今すぐできる窓の防音対策$$$

だいたいの騒音は窓から出入りしていることが多いですから、できる対策は行ってみましょう。

【シャッターを取りつける】

シャッターを取りつけることで防音対策となります。

また、防犯対策にも有効です。

【二重窓を取りつける】

賃貸住宅にお住まいであるとこの方法は難しいですが、一般住宅であれば二重窓を取りつけることで防音することが可能です。

ただし、工事が伴いますので窓の大きさによっても異なりますが、数万円から十数万円費用が掛かってしまいます。

【防音カーテンを使用する】

カーテンには防音性が高い素材を使っているものがあります。

カーテンであれば、賃貸住宅にお住まいでも簡単にできる防音対策です。

【隙間テープを貼る】

窓にはどうしても隙間ができます。

その隙間を埋めるために隙間テープというものが市販されていますので、それを活用してみるもの一つの方法です。

100均でも売られているので、簡単に入手することができますよ。

$$$万全に!窓の防犯対策$$$

音が気になるなら窓に防音対策は必要ですが、不審者対策として窓に防犯対策を講じておくことも必要でしょう。

空き巣の多くは窓から侵入します。

ですから、窓の防犯対策を万全にしておくことをおすすめします。

まず、空き巣の犯人は窓ガラスを割って、そこから窓の鍵を開けて侵入するパターンが多いです。

また、家の中でも一番大きな窓である掃き出し窓から侵入することが多いと言われています。

そのため、窓にシャッターがついているならば、外出する際にはなるべく閉めて出かけるようにしてください。

また、短時間の外出であれば、電気をつけたまま出かけるとさらに安心です。

家に電気がついていることで、家の中に人がいると思わせることができるためです。

さらに、窓には「補助錠」をあらかじめつけておくと安心です。

補助錠はインターネットでも簡単に購入することが可能でしょう。

貸主から許可を得ることができれば、賃貸住宅にお住まいでも補助錠をつけることができるかもしれないので、気になる方は貸主の方に相談してみてはいかがでしょうか。

$$$窓に防犯対策!シャッターの効果とは?$$$

窓は防音の問題に限らず、防犯対策にも力を入れておきたいものです。

空き巣は窓から入ることが多いので、窓に防犯対策を講じることは重要です。

あるデータでは、空き巣の約60%が窓から侵入しているという結果も出ています。

そこで、防犯対策として、防音も兼ねるシャッターがいいのではと思いますよね。

しかし、シャッターは、閉めていることで、この家は不在だと不審者に思われてしまう可能性もはらんでいるのです。

そのため、シャッターを閉めているからと言って、万全な防犯対策になるとは言えないのです。

しかし、シャッターにもいろいろな種類があります。

中でも、「タイマーつき電動シャッター」が防犯に期待できると言われています。

タイマーつき電動シャッターは、あらかじめ設定しておいた時間に自動的にシャッターを開閉することができるものです。

そのため、家を留守にしていても、シャッターが開閉していることで、この家には人がいると思わせることができるのです。

$$$シャッターとの併用で防犯効果アップ!おすすめの防犯対策$$$

空き巣が侵入しやすい窓の防犯対策にシャッターをすることは有効ではありますが、先ほども申し上げましたとおり、万全ではありません。

空き巣の犯人は、5分以内に侵入できなければその家に空き巣に入ることを諦めると言われています。

そのため、侵入に時間がかかるように窓に工夫しておくことをおすすめします。

例えば、先述の「補助錠」を窓に取りつける、窓ガラスを「防犯ガラス」にするなどです。

また、「この家は防犯対策がしっかりとしてある」という印象を与えることもコツの一つです。

例を挙げると、防犯カメラを設置などをして、防犯意識が高いというように見せるのです。

そうすることで、空き巣への抑制効果が得られるでしょう。

シャッターは防音や防犯対策に有効なものの、それだけでは不安な面もあります。

シャッターの取りつけを検討されている方は、「タイマーつき電動シャッター」にするなどよく検討するようにしましょう。

$$$窓に防音・防犯対策を!$$$

窓の防音・防犯対策にシャッターは有効ですが、万全なものではありません。

他の対策を同時に講じることで、防音・防犯の効果を増すことができるでしょう。

どの対策を行うにしても費用が少なからずかかってしまいますが、快適に、また、安全に暮らすためのものです。

どの方法が自分の家に合っているかチェックして、防音・防犯対策を検討してみてくださいね。

 - 住まい, 暮らし, 防音