山手線の秋葉原へは、つくばエクスプレスで通うのが便利!

秋葉原駅周辺は、通勤通学に便利な立地で、家電の量販店も多く魅力的なエリアです。

山手線とつくばエクスプレスを利用できるので、適度な移動時間の範囲内に物件を探すエリアを拡大すれば、魅力的な家賃の賃貸マンションが見つかります。

東京都内にこだわらず、茨城県まで範囲を広げて物件探しをするのがポイントです。

もちろん快適に暮らせる条件で探せるので、今回は、そのコツをお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ルーバー窓には突っ張り棒での防犯が有効?その効果を検証!

「ルーバー窓」と呼ばれる窓があります。なかなか目にする機会がないかもしれませんが、実は、一戸...

床面積の計算に含めるバルコニーと含めないバルコニーの違い

部屋を借りるときなどに「床面積」という言葉が出てきます。床面積が広ければ住生活のスペース...

建物表題登記とは?新築した際の登記の流れを掴もう!

家を新築した際には、「建物表題登記」を申請する必要があります。しかし、家の新築はほとんどの方...

窓のクレセント錠が開かなくなった場合の開け方と防犯対策

皆さんのお宅の部屋の窓には、どのような鍵が付いているでしょうか。恐らく、ほとんどのお宅にクレセ...

新築で外構!境界はコストの安いブロックフェンスがおすすめ

新築したら、それと同時に外構工事も必要となります。特に、隣家の土地と自分の土地を分ける境界に...

窓に取り付ける防犯グッズは100均のものでも効果的?

皆さんは、窓の防犯対策は何かしていますか?近年ではすっかり、住まいや自分の身の安全は、自分で...

管理会社の賃貸物件におけるクレーム対応の仕組みと方法

賃貸アパート、マンションに長くお住まいですと隣の住人からの騒音、設備の故障など様々なトラブルが起こる...

退去時に敷金以上請求された!敷金トラブルを回避するには?

賃貸物件でよく耳にするのが、退去時の敷金に関するトラブルです。「敷金が戻ってこない」「敷金以...

ldkの雰囲気や住み心地を決めるのは照明の色だった!

住宅においてメインの部屋であるldk(リビングダイニングキッチン)。ldkでは間取りも大切で...

不動産登記はオンライン申請が便利!?注意したい各時間帯

新築などの際、間取りや内装の決定などと同様に重要なのが各手続きです。その手続きの中でも不動産...

不動産登記は新住所で!?旧住所での登記のデメリットとは?

不動産売買においては登記の住所を新住所にするか旧住所にするか尋ねられることがあります。一般的...

家賃は日割り計算できる?月の途中で退去する場合の交渉術!

賃貸物件に住んでいて、月の途中で退去することになるケースがあります。その場合に気になるのが、...

窓掃除は定期的に行おう!窓サッシの簡単な掃除方法をご紹介

窓掃除は部屋の掃除に比べると腰が重く感じるため、ついつい後回しにしてしまいがちです。頻繁に行...

仲介手数料に消費税が加算!賃貸で課税対象となるものとは?

不動産会社を介して賃貸借契約を結ぶ際、前家賃と一緒に仲介手数料を支払うことが多いです。そして...

bsアンテナの方向を変えれば障害物があっても映る?賃貸相談

賃貸経営をしていくうえで、通信設備については悩むことが多いと思います。bs・cs対応にするために...

スポンサーリンク

山手線で通勤する人に便利な秋葉原の魅力

JR秋葉原駅は山手線、京浜東北線、総武線を利用できるターミナルステーションです。

総武線を利用すれば新宿駅方面には、山手線を利用するよりも早く移動できます。

さらに改札を出て乗り換える必要があるものの、つくばエクスプレスを利用できます。

徒歩距離は少しありますが、気軽に徒歩圏内で利用できる立地環境に、都営地下鉄新宿線の岩本町駅と、東京メトロ銀座線の末広町駅もあります。

徒歩圏内に利用可能駅が複数ある秋葉原エリアは、スムーズに行動しやすく交通アクセスが良好な場所です。

秋葉原駅に注目してみると、山手線と京浜東北線は南北に線路が走っていますが、総武線は東西に線路が走っていますので、お互いに線路が立体交差している関係です。

線路が立体交差しているので、ホームを勘違いしにくく、うっかり乗り間違えることがほとんど発生しません。

そのため、東京に土地勘がなかったり鉄道路線に慣れていない人でも安心して利用できるターミナル駅と言えるでしょう。

秋葉原は都市再開発が盛んに進められているエリアのひとつなので、マンション物件は豊富ですが家賃は高めです。

地価の影響による不動産市場の高騰も影響していますが、地の利による利便性の高さによる人気の高さも影響しています。

秋葉原駅の利便性

秋葉原駅を中心としたエリアは、生活しやすい環境であることも特徴です。

住宅地ではありませんが、コンビニエンスストアーを利用すれば深夜でも買い物ができるので、不自由なく快適に暮らせます。

東京都内は物価が高い傾向がありますが、意外にも生活必需品や生鮮食品の安いスーパーが多く存在しています。

また、隣の町には御徒町がありますので、上野のアメ横にも散歩気分で気軽に出かけることができます。

しかし、そこで問題になるのが、家賃の高さと部屋の延床面積の広さです。

郊外の物件よりも都心の物件は家賃が高く、床面積は狭くなりがちですから、思い切ってつくばエクスプレス沿線まで物件探しの候補地を広げてはいかがでしょうか。

山手線と乗換可能な秋葉原駅を始発駅にしているつくばエクスプレスを利用すれば、ゆったり座って帰宅することが可能になります。

つくばエクスプレスの沿線駅でも、千葉県と茨城県の住所となるエリアは、家賃が秋葉原よりも安いのがポイントですし、コンビニエンスストアーはもちろん、スーパーも充実しています。

ファミリー層に人気の高い茨城県守谷市は、一人暮らし用の賃貸マンションも豊富です。

東京都内にある一人暮らし用の賃貸マンションには、ワンルームの間取りが多いですが、茨城県の守谷市からつくば市にかけてのエリアでは、一人暮らし用の物件でも2DKや2LDKの間取りが豊富です。

東京都内で2DKや2LDKとなると、当然、ワンルームより家賃が高くなりますが、つくばエクスプレス沿線では、東京都内のワンルーム家賃と同じくらいの価格で2DKや2LDKの物件に住むことができます。

山手線ではなくつくばエクスプレス沿線に住むメリット

つくばエクスプレスの沿線は山手線エリアとは比較にならないほど、延べ床面積当たりの家賃が安く設定されています。

これは、山手線エリアで賃貸マンションに入居するのと同じ価格帯の家賃で、広々とした空間を手に入れられることを意味しています。

一人暮らしであればワンルームで良いと感じる人が多いかもしれませんが、2DKや2LDKの間取りで一人暮らしをすると、一部屋を丸ごとウォークインクローゼットとして活用できるこのが、見逃せないポイントです。

収納力が大きくなりますので、掃除がしやすく物が散らかりにくいですし、もちろん自分の室内に洗濯機を容易に設置できます。

乾燥機付きの洗濯機でも設置できますので、洗濯物を室内に干すだけのスペース的なゆとりもあります。

そして、秋葉原でお得な価格で売られているドラム式洗濯乾燥機を購入すれば、つくばエクスプレス沿線の広いマンションに暮らすメリットと併せてとても経済的です。

山手線とつくばエクスプレスは買い物を楽しむ選択肢が豊富

秋葉原駅は家電量販店が多いので、お得に買い物ができるメリットがあります。

山手線を利用すれば、上野や有楽町にも足を延ばせますので、他店と価格を比較しながら生活用家電を揃えられます。

ショッピングそのものを楽しむことも可能です。

同じ茨城県内でも、JR常磐線の沿線よりもつくばエクスプレス沿線の方が利便性が高いです。

なぜなら、秋葉原や有楽町で家電を購入した場合の配送エリアは、つくばエクスプレス沿線も網羅しているからです。

かつて、JR常磐線は上野駅が始発駅で終着駅でしたが、現在は東京に乗り入れていて品川駅まで利用できる路線です。

しかし、常磐線沿線のエリアは、東京都内で買い物をした場合に配送エリア対象外となっていることが多く、配送料を無料もしくは抑えたい場合は、茨城県内の家電量販店で購入することになります。

そのため、JR常磐線エリアに住むと、配送エリアが限定される点がデメリットになってしまいます。

東京での快適な買い物を楽しみたい人は、つくばエクスプレス沿線が便利だということを覚えておくと良いでしょう。

つくばエクスプレス沿線で暮らしやすい街は?

ところで、つくばエクスプレス沿線で暮らしやすい街と言えばどこか、ご存知でしょうか。
実は、茨城県にある守谷市です。

つくばエクスプレスの止まる守谷駅は、関東鉄道常総線でJR常磐線の取手駅へアクセスできます。

ファミリー層が暮らしやすい街として人気の高い守谷市は、交通の要所としての利便性が高いのも特徴です。

つくばエクスプレスで秋葉原駅までスムーズに移動できますので、子育て世代にとって将来の子供の通学にもメリットになります。

秋葉原を起点に考えられるので、都心における幅広いエリアへの学校を選択肢にできるからです。

子供だけを一人暮らしさせるよりも、守谷市で暮らして通勤通学する方が交通費や食費などでを抑えられますので、家計への負担を軽減できる効果は大きいです。

山手線への乗り換えがスムーズな秋葉原駅を中心にして都内各地に移動できますし、電車を乗り間違えにくい構造の駅ですから、郊外から子どもを通学させる親にとって安心感が大きいのも魅力です。

山手線とつくばエクスプレスは秋葉原で雨に濡れずに乗換可能

別々の鉄道会社であるにもかかわらず、乗換のときに雨に濡れずに済むのも、秋葉原駅の魅力です。

つくばエクスプレスは地下駅なので階段やエスカレーターで地上に出ます。

そのため、スムーズに山手線と総武線にアクセスできます。

また、地上に出ればもう秋葉原駅の構内なので、そのまま駅ビルにも立ち寄れるように設計と施工がされています。

もちろん、雨の日には傘を持ち歩く必要がありますが、乗換駅で濡れた傘を開閉せずに済むのは安心感につながりますし、傘の先端に当たるリスクの軽減にもつながっています。

通勤や通学時に、必要以上に服を濡らさずに済みますので、雨がちな天候の時季にも服が不快なにおいになりにくく衛生的です。

ささいなことですが、通勤や通学で乗換駅で雨に濡れずに済むだけでも、服と靴、さらにはカバンなどの皮革製品へのダメージを軽減できます。

通勤や通学は毎日のことですから、小さなダメージでも予防できることが、所持品の寿命を長くすることにつながるのです。

スーツや制服へのダメージを抑制できると、無駄な出費や衣類の修繕費用の節約に効果的ですよね。

このように、メリットの大きいつくばエクスプレスを活用して、快適な生活を送ってみてはいかがでしょうか。

つくばエクスプレスで快適な通勤を

つくばエクスプレスを利用して通勤すると、行きは終着駅で下車することになりますし、帰りは始発駅からの乗車になりますので、乗換が分かりやすいです。

時間帯によっては、ゆっくり座って移動できるので、疲労の度合いを軽くできますし、電車の揺れも少ないので快適です。

つくばエクスプレスの沿線に手頃な家賃で広い部屋を探せば、秋葉原までアクセスしやすく山手線の利用もスムーズです。