SEARCH

「マンション」の検索結果399件

  • 2020年4月6日

アパートの水漏れは大家さんに相談!原因別支払い負担の違い

アパートは大家さんなどの所有物のため、トラブルを防ぐためにも借主は節度を持った行動が求められます。しかし、そのような行動を心掛けていても、水漏れなどのトラブルが起こってしまうことはあります。その原因には様々なものがありますが、それによって修繕費用を大家さんが支払うのか、借主が支払うのかに違いが出てきます。アパートでの突然の水漏れトラブルに困らないためにも、修繕費用についてはもちろん、水漏れの原因となりやすい行動についても見ていきましょう。

  • 2020年1月24日

木造賃貸は騒音トラブルが起きやすい!物件選びのポイント

木造の賃貸住宅は、比較的家賃が安いことから選ぶ方が多いのではないでしょうか。しかし、木造の賃貸住宅は騒音トラブルが起きやすいことでも知られています。では、騒音トラブルに巻き込まれにくい物件を選ぶには、どのようなことを知っておく必要があるのでしょうか。騒音対策についても一緒にご説明していきましょう。

  • 2020年1月10日

アパートで壁掛け時計を設置する!壁に穴をあけても大丈夫?

アパートに住んでいて、壁掛け時計を設置したいとお考えの方はいらっしゃいますか。壁に穴をあけて設置してもいいものか、悩んでしまう方は多いでしょう。今回は、なるべく壁を傷つけない方法で壁掛け時計を設置する方法をご紹介していきます。また、穴をあけてしまった際の修繕費用などについてもお話ししていきましょう。

  • 2019年12月20日

マンション収納の悩みはブログを参考に改善しよう!

多くの物件の中から、自分にとってより良いマンションを選ぶことが大切ですよね。その条件の一つとして、収納も挙げられるでしょう。多くのマンションには収納が備わっていることがありますが、どのように収納したら良いのか悩むという声も聞かれます。そこで今回は、ブログを参考にした収納術などをご紹介していきます。

  • 2019年11月8日

マンションの壁はコンクリート?石膏ボード?時計の設置方法

現在マンションにお住まいという方は多くいますよね。マンションの部屋の壁に時計を設置したいと考えた時、木造住宅と違い、少し手間取ってしまうかもしれません。というのも、マンションの壁は「コンクリート壁」か「石膏ボード」のどちらかであることがほとんどだからです。今回は、マンションの壁に時計を設置する方法について、くわしくお話ししていきます。

  • 2019年9月30日

アパートのギター演奏は騒音になる!?手軽な対策法をご紹介

帰宅後や休日のプライベートな時間には、趣味などに勤しむという方もいますよね。音楽を好む方の中には、ギターなどを趣味とする方もいるのではないでしょうか。しかし、アパートなどの集合住宅では、少しの音でも騒音となることがあります。ギター演奏となれば、周囲に対する十分な配慮が求められるでしょう。アパートの住民同士のトラブルを防ぐためにも、ギター演奏をする際の注意点や、騒音の対策法をご紹介していきます。

  • 2019年9月30日

軽量鉄骨などの耐用年数はアパート経営や価値にも直結する

アパートには、木造や軽量鉄骨造などがありますが、それらすべてに定められているのが耐用年数です。アパートに住んでいる方や、これから住む予定のある方などは、そのアパートの耐用年数も気になるところでしょう。また、耐用年数は、その期間を超えることによって、そのアパートの経営はもちろん、価値にまで直結する重要なことです。耐用年数を超えたアパートが与える、様々な影響などを中心にご説明していきましょう。

  • 2019年9月28日

木造のペット可アパートに住むと騒音問題に悩まされる?

犬や猫といったペットと暮らせる「ペット可」アパートやマンションが増えています。しかし、ペット可の物件ではペットの鳴き声や足音などの騒音をはじめとした諸問題も起こりがちです。特に木造アパートでは鉄筋の建物よりも騒音に関する問題が多いようです。木造のペット可アパートに住むと騒音に悩まされることになるのでしょうか。

  • 2019年9月27日

敷金の精算と返還は退去したあといつごろ実施されるのか

賃貸のマンションやアパートあるいは事務所などを解約して退去すると、入居時に預けていた敷金が返還されます。敷金は原状回復費用などを差し引いて精算した残りを返還されるケースが多いのですが、退去したあといつぐらいに返還されるのでしょうか。いくら返ってくるのか、いつ返還されるのかを懸念する方も多いと思います。以下に一般的なケースを挙げてご説明いたします。

  • 2019年9月24日

仲介手数料の消費税は社宅を借りた時にもかかるのか

会社で社員のために賃貸マンションやアパートを社宅として借りているケースがあります。貸主あるいは管理会社に支払う毎月の家賃は、主に賃料と管理費から構成されていると思います。ご存知のように住宅の家賃は課税対象ではなく消費税はかかりません。しかしながら、新たに社宅としてマンションやアパートを契約する際に、仲介業者に支払う仲介手数料には消費税が上乗せされています。なぜ、家賃は課税対象外で仲介手数料は課税対象なのかを以下に説明いたします。