木造のカーポートをDIYで作成して不動産の価値を高めよう!

「所有している不動産の価値を上げたい」、「そして、出来るなら自分の手で行いたい」と思っている人は多いものです。

もし、そう考えているのなら、カーポートをDIYで作ってみませんか?

見た目も優しい木造のカーポートがあれば、不動産の印象も良くなることでしょう。

そこで今回は、木造のカーポートをDIYする時に役立つ情報を厳選してお届けします。

この記事を参考にして、素敵なカーポートを作り上げましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

遠距離恋愛で結婚するときに必要な手続き

遠距離で交際している相手の方と結婚することになったとき、どのような手続きが必要となるのでしょうか...

窓から入る蚊やハエ!虫を寄せ付けないためにできることは?

気温が上がってくると、家の窓を開け放ち、風を通すお宅が増えますよね。そんな時、どうしても気に...

用途地域の概要と宅建試験に向けての覚え方をご紹介

不動産の仕事をしようと思う人が必ず取得しておいた方が良い資格があります。それが宅建です。...

建蔽率の角地緩和における要件とは?東京都ではどうなる?

新しい家を建てるとき、建蔽率や容積率など、土地選びの段階から様々な法令に注意しなければなりません...

親と同居している人が渡している生活費の相場は?

親元を離れて一人暮らしをしている人、結婚している人、二世帯住宅にお住まいの人、実家で親と同居して...

鉄骨造のマンションは防音性に注意!物件選びと騒音対策

日常生活において、外部からの騒音はできる限りシャットアウトしたいものですよね。マンションなど...

フローリングを張り替えてみよう!diyはどうやって行う?

家でくつろいでいるとき、「フローリングがだいぶ傷ついてきたな」とふと気がつくこともあるでしょう。...

中古物件を自分好みにリフォーム!ブログから学ぶポイントは

理想的な我が家を手に入れる手段は、なにも新築を購入することだけに限りません。中古物件の一戸建...

開けなくてもよい窓に棚を作るアイディアとその作り方とは?

皆さんのおうちの窓は、どんなタイプの窓でしょうか。家の中には、いろいろな窓がありますが、もし...

窓のインテリアで人気のジェルシール!剥がし方のポイントは

ジェルシールといえば、その扱いの手軽さから、多くの住宅の窓に貼り付けられているのをよく目にします...

準防火地域で使うサッシの価格は通常のものと違いがある?

住宅を建てることを検討している方の中には、「準防火地域」の土地で家づくりを考えている人もいるでし...

不動産登記は2種類ある?新築で住民票を移すタイミング

新築したら不動産登記をする必要があります。「登記」という言葉は耳にする機会は多いですが、実際...

木造住宅の外壁の厚さってどれくらい?工法ごとに違いがある!

木造住宅を建てるときは、設計図を見ながら施工会社と密な打ち合せをします。その段階になり、日頃...

窓用換気扇で強力排気!空気のきれいなお部屋にしよう

換気扇のイメージは「台所やお風呂に取り付けられているもの」と思われがちです。しかし、リビ...

窓からの隙間風で寒い!そんなときはテープで簡単解決!

寒く、強い風が吹くことが多い冬に、窓から「ピーピー」と音が鳴っていることはありませんか。音の正...

スポンサーリンク

木造カーポートのDIYを勧める理由とは?

首都圏では、若者の車離れが取り沙汰されています。

車の免許を持たない若者も増えているようです。

しかし、「一軒家を借りたい」と考えている世代には、車はまだまだ魅力のある存在です。

まして地方や郊外では、車は「必需品」と言っても過言ではありません。

愛車を大切にしている人は多いものです。

一軒家を探している時に、木造のカーポートがある家は目を引くことでしょう。

もちろん、金属製のカーポートは頑丈で、台風でもビクともしない安心感があります。

しかし、木造のカーポートには、金属製にはない、自然の温もりが感じられるものです。

周りの風景にも溶け込み、家の印象を良くしてくれます。

しかも、DIYでカーポートを作り上げるのならば、金属製では難易度が高過ぎます。

金属製のパーツは重く、一人二人では動かすのがやっとということもあります。

その点、木造のカーポートなら、家族に手伝って貰えば、十分に組み立てることができるでしょう。

予算的にも、どうしても高価になる金属製より、木造カーポートの方に分があります。

いろいろな点から見ても、DIYで組み立てるなら木造のカーポートをお勧めします。

カーポートをDIYする場合には建築確認が必要?

しかし、木造のカーポートをDIYする場合、忘れてはいけないことがあります。

それは「建築確認」です。

建築確認とは、「所有地に何らかの建造物を建てる時に、役所に届け出て審査を受けること」を言います。

建築確認は、工事の着工前に届け出なければなりません。

なぜなら、その建造物が法令で定められた建築基準に適合しているかどうか、確認をしてからでないと、建築することが認められないからです。

特に、所有する不動産が、都市計画区域および準都市計画区域内の建物だった場合には、さらに厳しい基準をクリアする必要があります。

また、カーポートを建造したために建ぺい率をオーバーしてしまった場合には、後から様々な問題が出てくる可能性があります。

現実には、「カーポートをDIYする時に、建築確認申請をすることは稀だ」とも言われていますが、後から無用な問題が起きないよう、建築確認申請することをお勧めします。

ただし、面積102以内の建造物なら、建ぺい率さえクリアしていれば建築確認をしなくても構いません。

102は、車1台なら十分収まる面積です。

そのため、自分でカーポートを作るなら、102以内のカーポートにするのが賢明です。

木造カーポートのキットがお勧め!

木造のカーポートを自分で建造する時にお勧めなのが、DIYで作ることを想定されたキットを使うことです。

材木屋やホームセンターで木材を購入して、自分だけのカーポートを建造することは、とても夢があり素敵なことでしょう。

しかし、建築の専門家でなければ、とても難しい作業になってしまいます。

満足のいく仕上がりにするのは、困難だと言って良いでしょう。

自宅のカーポートなら、多少不格好でも我慢できますが、手持ちの不動産物件に建造するならそれでは困ります。

やはり、キチンとした仕上がりでなければなりません。

そこで登場するのが、木造カーポートのDIYキットです。

あらかじめ寸法通りにカットした木材が届くので、後はそれを組み立てるだけです。

工具だけ用意すれば良いというわけです。

そこで参考までに、具体的なキットをひとつご紹介しましょう。

木造のキットハウスを販売しているA社では、カーポートのキットも扱っています。

車1台分のカーポートで、価格は60万円ほどに設定されています。

キットには組み立て説明書が付属していますが、もし自分で組み立てるのが難しい場合には、有料で組み立てを代行してくれます。

柱と屋根のみのシンプルな構造ですが、機能性は十分です。

カーポートのDIYに必要な道具とは?

木造カーポートのキットを購入したならば、DIY用の工具が必要になります。

ほとんどがホームセンターで手に入る工具なので、休日にゆっくりとホームセンターを廻ってみるのも良いでしょう。

大工用工具は、見るだけでも楽しいものです。

あらかじめカットされた木造キットが届くので、ノコギリなどの大工道具は必要ありませんが、あれば何かと便利です。

しかし、やはりDIYの必需品といえば電動工具です。

必要となる電動工具には、次のようなものがあります。

・ドライバードリル
・インパクトドライバー
・電気ドリル
・電気カンナ

この他にも、あれば便利なのが丸ノコです。

また、普通の工具では次のようなものが必要になります。

・ドライバー類(ドライバー、ナットドライバー、六角ドライバー、スタビードライバー)
・レンチ類(モンキーレンチ、メガネレンチ、六角棒レンチ)
・スパナ各種
・ペンチ
・プライヤー
・ニッパー

こういった工具類は、あらかじめセットになって販売されている商品もあります。

最初はそういったセットを購入し、慣れてきたら自分に合ったものを探すのも良いでしょう。

もし、キットではなく木材から作成するのなら、さらに多くの道具が必要になります。

その場合は、大工仕事に詳しい友人などに相談することをお勧めします。

基本的なカーポートの作成手順を知っておこう!

さて、木造カーポートの作成手順ですが、これはやはり動画で確認をするのが一番です。

幸い現在は、インターネットの動画サイトなどでDIY動画を公開する人が増えているので、自分でDIYに挑戦する時に、とても参考になります。

たとえば、カーポートの基礎をしっかりと作りたいならば、その方法がわかる動画を探して見てみるのがお勧めです。

また、カーポートの組み立ての手順がわかる動画などもあるので、DIYする前に見ておくと、実際に組み立てる際に役立つでしょう。

そして、特に参考になる動画は、木造カーポートのキットを実際に購入し、取り扱い説明書の順番通りに組み立てていく動画です。

百聞は一見に如かずとはまさにこのことで、この動画を何度も繰り返し見れば、組み立て本番の時にスムーズにことが進むでしょう。

もし手順を忘れてしまっても、また動画を見れば大丈夫です。

何より完成品のイメージを具体的に知ることができるので、手探りで一から作り始めるよりは、間違いが少なくなるものです。

こういった動画は、見ているだけでも楽しめるので、休日などにいろいろな動画をチェックすると良いでしょう。

木造カーポートをDIYしたブログを参考にしよう!

木造カーポートをDIYで作成する時に参考になるのは、動画だけではありません。

ネットにアップされているDIYブログもまた、情報の宝庫なのです。

動画は動きがあるので、作業の流れなどを知るのに適しています。

対するブログは、細かい情報や注意点、問題点などを確認する時に使えます。

と言うのも、失敗した体験談などをまとめた動画は少ないからです。

先達の成功はもちろん参考になりますが、失敗も大きな教訓として役立ちます。

何日にも渡ってDIYの作業を進め、克明に記録に残すのは、ブログの独壇場だと言えるでしょう。

スマホでもキレイな写真を撮れますし、一部を動画にして、ブログにアップすることもできます。

このようなDIYブログは多いので、自分の目的に合ったブログを見つけられます。

たとえば、木造カーポートのDIYブログで検索すると、驚くほどのブログがヒットします。

同じような趣味を持つ仲間を発見できますし、聞きたいことがあったら質問してみるのも良いいでしょう。

木造カーポートキットのお得な情報を、教えて貰えるかもしれません。

いろいろなブログをチェックして、自分のDIYに役立てましょう。

木造カーポートで不動産のイメージアップ!

雨や雪が降る季節には特に、カーポートの有難みを感じるものです。

車を所有している家族連れの入居希望者には、カーポートはとても嬉しいものではないでしょうか。

DIYの趣味があると、カーポートを自分で作ることが可能になるのです。

見た目にも温かく、手触りも優しい、木造カーポート作りにチャレンジしてみませんか。

きっと、不動産に新たな魅力をプラスすることができるでしょう。