ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

両親と同居する場合、世帯主は誰にするべき?世帯分離とは

2018.12.27

結婚やUターンなどで、両親と同居することになったとき、世帯主は誰になるのでしょうか。

普段は、あまり気にすることのない世帯主という概念ですが、世帯主を親世帯にするのか、子世帯にするのかで変わってくることがあるようです。

知らないで損することがないよう、何が変わるのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

賃貸経営に必要!家賃と保証金の設定方法・償却とは?

貸主が賃貸経営を始めるにあたって、最初に悩むのが家賃の設定ですね。 また、保証金の設定もスムーズ...

窓をお洒落にDIY!100均グッズを使った簡単DIYをご紹介!

部屋の中を自分好みのインテリアで統一させても、窓だけはそのままの状態で、カーテンがついているだけ...

テレビの映りが悪い?賃貸のアンテナ線事情・ワイヤレス化も

「引っ越したばかりの賃貸でテレビを点けたら映りが悪かった」なんてことありませんか? テレビドラ...

賃貸の畳の交換するときの費用は借主と貸し主どちらの負担?

賃貸物件にお住まいの方で、和室がある方もいらっしゃいますよね。 近年では、フローリング人気に押さ...

建物表題登記とは?新築した際の登記の流れを掴もう!

家を新築した際には、「建物表題登記」を申請する必要があります。 しかし、家の新築はほとんどの方...

登記の手続きで必要な書類とは?委任状や印鑑証明書も必要?

不動産登記を申請する場合には、いくつかの種類があります。 不動産売買や贈与、もしくは相続による...

建築基準法での用語の定義「居室」に台所は含まれるのか?

建築基準法で定められている用語の定義の中で、よく耳にする「居室」という言葉があります。 居室とは...

家賃は日割り計算してもらえるの?退去時に注意することは?

引っ越しをする時は、何かと物入りです。 少しでも節約して、余分なお金を掛けたくないですよね。 ...

窓の防犯対策に窓ロックがおすすめ!特徴と使い方を徹底解説

換気のために、部屋の窓を少しだけ開けることはよくありますよね。 その時に、鍵ができないことから...

窓の高さの標準はどのくらい?窓の種類別に解説

窓とは家やオフィスなどの建物に取り付けられている開口部のことを指しますが、窓と一口に言っても、様...

息子夫婦と母親の関係も良好!結婚生活を壊さない二世帯住宅

結婚してから相手の両親と同居となると、気になるのは生活のしやすさです。 相手の父親や、最も気に...

不動産関連、福岡県に住むなら知っておきたいランキング

転勤などで福岡に住むことになった。 そんな時、先ず確保すべきは住むところです。 住居を探すにあた...

窓にフィルムを貼ってみよう!そのメリットと貼り方について

窓にフィルムを貼ることには、いくつものメリットがあり、快適な住まいづくりにとても役立ち、住宅の付加...

防寒や防音対策に効果的?窓のサッシに隙間テープを貼ろう!

寒い季節が訪れると、自宅の中にも冷気が入り込みますよね。 冷気の大半は窓から入ってくるといわれ...

登記の補正に期限はある?補正方法と取り下げるときの方法

不動産の名義を変えたい場合には登記をしなければなりません。 登記は法務局で審査が行われて受理され...

スポンサーリンク

世帯主とはどういう人のこと?

子供のころは、両親のどちらかが世帯主というのが、一般的ではないかと思います。

ですが、もちろん子供は、世帯主は誰かなんてことは、気にもしません。

学校などでは、両親のことを保護者としか位置付けていないので、言葉自体も知らないかもしれません。

世帯主を意識する機会のひとつは、会社に就職し、年末調整の書類を書くときではないでしょうか。

書類には、世帯主を記入する欄があります。

なんとなく父親かなと、考えて書いている人も、いるのではないでしょうか。

ひとり暮らしをしている人は、自分の名前を書いているかもしれません。

世帯主とは、誰なのでしょうか。

「世帯」とは、住居及び生計を共にする者の集まり、又は独立して住居を維持する単身者をいう、と国勢調査令第二条の第2項に規定されています。

そして、世帯主は、その世帯を主宰する世帯員のことを指します。

簡単に言うと、世帯を維持するのに、主となる世帯員です。

例えば、会社員の父と専業主婦の母と子という家族構成の場合、収入を得て家族を養う父が、世帯主になります。

そして、世帯主は誰かを確認したい場合は、住民票を見ればわかります。

国の制度として、国民は居住地の役所に、住所を登録しなければなりません。

その際に、世帯主、同居する世帯構成員と、その続柄を届け出ることになっています。

そして、その世帯の構成によって、課税や給付などの金額が変わってくることがあります。

両親と同居した場合の世帯主は誰になるの?

さて、今回は両親と子供夫婦が、結婚や家の新築を機に、同居する場合について考えてみたいと思います。

両親の家に子供夫婦が同居する場合は、親夫婦の夫が世帯主になっていると思います。

逆に、子供夫婦の家に両親が同居する場合、子供夫婦の夫が世帯主ではないでしょうか。

そして、もうひとつ考えられるパターンがあります。
上のどちらの場合においても、親世帯・子世帯と、世帯主をそれぞれに立てるという場合です。

実は、世帯主はひとつの家に一人でなければならない、ということではありません。

同じ住所であっても、家計が別々ならば、世帯主が二人であっても構わないのです。

そして、世帯主は役所に届け出るだけで、変更することができます。

例えば、結婚して両親の世帯に入ったとしても、後に子世帯だけを別世帯として届け出ることで、2つの世帯に分けることができます。

これを、世帯分離と言います。

まとめると、世帯主とは、家計ごとの代表者です。

ひとつの家であっても、家計がバラバラであれば、世帯分離の届け出をすることで、複数の世帯主を立てることができるということです。

では、どんな基準で世帯をひとつにしたり、分離したりするのでしょう。

その理由や基準を、いくつかの視点から見ていくことにします。

ここでは、複雑にならないよう、親・子世帯のそれぞれの夫は会社員、妻は専業主婦という前提で話を進めていきます。

両親と同居した場合、税制上の扶養関係はどうなる

まず、税制上の扶養という視点から見ていきます。

両親がまだ働いている世代で、同居後、家計がひとつである場合です。

子供夫婦の年収が103万円以下であれば、親の扶養に入ることができます。

扶養に入ることで、父親の収入から扶養控除され、所得税や住民税が少なくなります。

ちなみに、年収103万以下の子世帯は、もともと所得税非課税です。

扶養控除の金額は、所得900万円以下で、親世帯の妻(母親)は38万円です。

年収103万円以下の子供夫婦の夫(息子)は38万円、専業主婦の妻(娘)ならば、19歳以上23歳未満は63万円、それ以外は38万円です。

ただ、結婚した男女が年収103万円以下で親の扶養に入るのは、ちょっと現実的ではないかもしれません。

逆に、親世帯の収入が103万円以下であれば、親を子の扶養に入れることができます。

もし、公的年金を受給している場合は、65歳以下は70万円まで、65歳以上は120万円までという非課税枠があります。

その非課税枠に加えて、基礎控除が38万円あります。

そのため、65歳以下は108万円以下、65歳以上は158万円以下の年収であれば、扶養することができます。

この場合の扶養控除の金額は、子世帯の妻(娘)38万円、親世帯については70歳未満なら一人につき38万円、70歳以上ならば48万円です。

税制上の扶養には、生計をひとつにするという条件があります。

そのため、世帯分離して2人の世帯主を立てた場合、それぞれの世帯主が妻を扶養し、控除は38万円のみということになります。

両親と同居した場合、社会保険上の扶養関係は?

次に、扶養には、社会保険上の扶養というものもあります。

そして、扶養に入れる要件が、税制上の扶養と少し違います。

扶養開始日以降の年収は、130万円未満(60歳以上は180万円未満)かつ、扶養者の半分未満の見込みであることが必要です。

会社員は、勤務先での社会保険の加入が義務付けられています。

そのため、親子ともに会社員の場合は、双方の世帯間での扶養はありません。

それぞれの世帯で、自分の妻を扶養することになります。

厚生年金の扶養対象は、配偶者のみです。

厚生年金に加入している夫の妻が専業主婦の場合は、扶養に入ることで第3号被保険者となり、公的年金の払い込みが不要になります。

扶養する側の年金保険料の増額などは、ありません。

健康保険についても、妻の支払いはなく、国民健康保険でなければ、扶養人数による保険料の増額もありません。

両親と同居する場合の社会保険上の扶養は、親が退職した後のことになります。

親世帯が収入要件を満たせば、子の扶養に入れます。

ただ、世帯分離した場合は、世帯主が別々のため、生計維持関係がないと判断されてしまいます。

この場合、親世帯は国民健康保険に加入しなければならず、保険料の支払い義務が生じます。

世帯主を分けると介護費用が安くなる?

今度は視点を変えて、介護費用の自己負担割合の違いについて、見ていきます。

40歳になると、健康保険料と一緒に、介護保険料が徴収されていますよね。

この介護保険は、原則65歳以上で介護が必要となった人が、サービスを受けることができるという国の制度です。

要介護度によって受けられるサービスが分かれており、費用にすると月額49,700円~358,300円までの幅があります。

そして利用者は、費用の1割を自己負担することになります。

ただし、高齢の年金生活者などは、1割でも厳しい場合があるため、1ヶ月の自己負担額には収入に応じた限度額が設けられています。

ポイントは、この収入です。

対象となる収入は、世帯全員の収入を合計したもの、という規定になっているのです。

ひとつの要件を取り上げてみます。

「世帯全員が住民税非課税世帯で、公的年金等とその他の所得の合計が年間80万円以下の人」は、第2段階の負担を負うとして、上限が15,000円となっています。

358,300円のサービスを受けて、1割負担で35,830円のところ、15,000円になるのです。

年金で年収78万円の高齢者世帯でも、同居単一世帯として、子供の世帯の年収も合算の対象となれば、要件を外れてしまうことになります。

そのため、両親と同居している子供夫婦が世帯分離をして、各世帯に世帯主を立て、介護の負担を減らすということもあるようです。

世帯主を誰にするか、世帯分離するかは状況次第

このように、両親と同居する際に世帯主を誰にするのが良いか、世帯分離すべきかどうかということは、個々の状況によって変わってきます。

税制上の扶養や社会保険上の扶養、介護費用の他にも、細かく言えば、いろいろあります。

保証人が必要な場合、世帯分離していれば、双方で保証人になることができます。

また、世帯分離している場合、役所に子供世帯の住民票を取りに行くだけでも、委任状が必要になります。

子供の収入が低く、親の世話になっているような場合は、親の扶養に入るのも良いでしょう。

定年などで親子の年収が逆転した場合、親が子の扶養に入ることもあるでしょう。

老後、介護費用の負担があまりにも大きな場合は、世帯分離もひとつの手段といえるかもしれません。

このように、年代や状況に合わせて世帯主を誰にするか考えることで、いろいろなメリットを享受することができるのです。

逆に、知らないとメリットどころかデメリットになることもある、ということを覚えておきましょう。

面倒がらずにプロに確認することも大切

国の制度や法律は、ややこしいですよね。

調べるのが面倒で、放置してしまうこともあるでしょう。

しかし、お勤めの方であれば、総務の担当者や会社の顧問の社労士さんなど、プロの意見を聞くこともできます。

面倒がらずに、家族にとって最も良い方法を見つけ、両親との同居生活をメリットのあるものにしましょう。

 - 同居, 暮らし