CATEGORY

地目

  • 2019年12月23日

地目が畑である農地に家を建てる!手続きや注意点を知ろう

家を建てることを考えた際、建築業者を選んだり土地を探すことから始まります。土地の地目には、宅地だけでなく畑や田などの農地もあり、地目ごとの特徴を把握した上で選ぶことも大切です。もし、畑や田など地目が農地である土地を選んだ場合、家を建てるために必要な手続きはあるのでしょうか。また、地目が農地ならではの注意ポイントもあるため、それについてもご説明していきましょう。

  • 2019年11月29日

地目変更しないと田畑を駐車場にできない?その手続きとは?

田畑として使っていた土地を駐車場に変えて活用したい場合、農地である田畑は、農地法で守られています。そのため、駐車場として活用するためには、農地転用や地目の変更など、いくつかの手続きが必要です。では、田畑を駐車場にするための手順を見ていきましょう。

  • 2019年11月4日

地目変更登記とは一体何?どんな流れで行うのが一般的?

「地目変更登記」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。土地は、利用する上でその利用目的を決めなければなりません。そのため、利用目的が変わった時にも、申請を行わなければならないのです。では、そんな登記のやり方は、どのような行程を経て行われるのでしょうか。

  • 2019年10月11日

地目が原野の土地に建築したい!気になる注意ポイント

私たちが目にする多くの土地には、それぞれに地目があります。中でも原野は、その位置づけを詳しく知らない方も多く、あまり馴染みがない土地とも言えるでしょう。もし、新築などの建築のために選んだ土地の地目が原野の場合、どのようなポイントに注意して建築計画を進めていったらよいのでしょうか。今回は、考え方次第では有用ともなる原野について見ていきます。

  • 2019年9月25日

地目変更で畑を宅地へ!農地転用にかかる費用と登記の流れ

これから新築予定の方は、土地はもうお決まりですか。すでに家族が所有している土地を譲り受けたり、新しく土地を購入する方もいらっしゃるでしょう。土地には地目と呼ばれる種類があり、「畑」や「田」などの場合、「宅地」へ変更しなければ、家を建てることはできません。今回は、畑を宅地に地目変更する際に必要となる「農地転用」のお話を中心に、登記のご説明も一緒にしていきましょう。

  • 2019年9月17日

地目変更登記とは?基本的な手続きや申請の流れをご紹介

土地には地目と呼ばれる種類があります。地目はその土地の利用状況によって決まり、法務局の登記簿の表題部と呼ばれる部分に登記されています。もし、その土地の利用状況が変わった場合、地目変更登記を行わなければなりません。今回は地目変更登記について、手続きや必要書類をご紹介していきましょう。

  • 2019年9月10日

地目が原野の土地とは?読み方などを知り新築に活かそう

土地ひとつひとつに地目があることをご存知でしょうか。地目は20種類以上あり、その中のひとつには「原野」というものもあります。この記事では、「地目」と「原野」の読み方や原野がどんな土地なのかについてお話をし、その土地に新築した際に行う地目変更についてもお話しします。

  • 2019年9月3日

地目が公衆用道路となっている土地を売買する時の注意点!

不動産を売買する経験は一般的にはそう多くはないですが、しっかりとした知識のないままに売買してしまうと後々トラブルを招いてしまうことがあります。特に地目が公衆用道路の売買の場合、注意点がいくつかあり、知っているのといないのでは大きな差が出てきてしまいます。地目が公衆用道路となっている土地の売買についてご紹介していきますので、参考にしてみてください。

  • 2019年8月27日

地目を「畑」から「駐車場」へ変更!必要な手続きとは?

「畑を相続したが農作業をする気がない」「高齢なので農業をやめたい」など、持て余している土地を駐車場にする場合、何か手続きは必要なのでしょうか?「自分の土地なので何に使おうが自由」「宅地にして家を建てるわけではないので、特に手続きは必要ない」と思うかもしれません。しかし、畑以外に使う場合には、地目の変更や農地転用など、手続きが必要です。それでは、その地目の変更についてご紹介しましょう。

  • 2019年8月19日

地目が畑の土地に建物を建てる!地目変更の方法とタイミング

新築予定の土地の地目が「畑」になっていることもあるでしょう。地目が畑のままだと建物を建てることはできず、地目変更を行い、宅地に変更しなければなりません。そこで今回は、畑から宅地への地目変更の方法についてご説明していきます。畑の地目を変える際について回る、「農地転用」についてもくわしくお話ししていきましょう。