家賃の目安はどれくらい?手取り15万円で暮らすには?

給料が手取り15万円でひとり暮らしをはじめるとき、家賃の目安はどのくらいが適正なのでしょうか。

また、手取り15万円で家賃を払いながら生活していくことは可能なのでしょうか。

今回は、手取り15万円でひとり暮らしをするためのノウハウをご紹介します。

ひとり暮らしだからこそできることで、豊かな生活を実現させましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

窓の高さの標準はどのくらい?窓の種類別に解説

窓とは家やオフィスなどの建物に取り付けられている開口部のことを指しますが、窓と一口に言っても、様...

賃貸契約書はトラブル時に役立つ!紛失したら再発行できる?

アパートなどの賃貸住宅を契約する際、「契約書」を交わすことが一般的です。しかし、アパート...

もったいない!家賃の引き落とし手数料はなくせるのか?

アパートの家賃を自動引き落としで支払っている方の中には、家賃に手数料がかかっている方もいらっしゃ...

宅配業者が不在時に不在票を入れない理由と対策

宅配業者が荷物を配達に来た時に、配送先が不在であれば通常不在票を入れますね。しかし何故か、不在...

窓掃除には水切りワイパーが有効!100均グッズを駆使しよう

窓掃除に必要な道具はたくさんありますよね。家にあるものを使用しても良いですが、より便利に...

家の中に蜘蛛の巣が!?蜘蛛の巣を作らせないための対策5選

何でこんな所に蜘蛛の巣があるんだろう?我が家というのは、唯一と言っても過言ではない、安心でき...

家を建てるためには建蔽率と容積率が重要!?求め方は?

理想の家づくりができる注文住宅を建てる際は、まず家を建てるための土地を探さなければなりません。...

登記が不要な建物と必要な建物の違いとは?3つの条件が目安

世の中にはさまざまな建築物があります。建物は通常、不動産登記を行い、所有者を明確にしておく必...

登記・地目変更の意味と手続きにかかる費用を知ろう

土地や建物などの不動産は持ち主の方にとって、とても貴重な財産です。不動産財産は登記簿という帳...

窓の汚れを一掃!油膜や網戸の汚れの取り方

窓掃除は暮れの大掃除などのタイミングでするという方が大多数でしょう。しかし、始めてみるとガラス...

賃貸住宅仲介業者をいろいろなランキングで分析してみよう

全国に賃貸住宅を仲介する業者はたくさんあります。大手直営からFC、町の不動産屋さんまでその種類...

用途地域の概要と宅建試験に向けての覚え方をご紹介

不動産の仕事をしようと思う人が必ず取得しておいた方が良い資格があります。それが宅建です。...

旦那さんの収入が20万円!ゆとりある生活には何が必要?

旦那さんの収入が月々20万円で、不安に思っている奥様は大勢います。結婚当初は旦那さんの収入の...

家賃滞納で少額訴訟を起こすと費用はいくらで誰が負担する?

不動産経営では、家賃滞納は大きな問題のひとつです。できるだけ家賃の滞納は減らしたいものですが、そ...

窓からの冷気をシャットアウト!防寒のためのDIYで断熱対策

冬場、窓からひんやりとした冷たい空気を感じたことはありませんか。窓はガラスでできているの...

スポンサーリンク

手取り15万円でひとり暮らしの家賃の目安はどれくらい?

家賃の目安は、手取りの給料から割り出すのですが、どのくらいが適正なのでしょうか。

一般的には、次のように言われています。

・手取り給料が20万円以下の場合→手取り給料の3分の1

・手取り給料が21万円以上の場合→給料の総支給額の3分の1

この目安から算出すると、給料が手取り15万円の場合、適正家賃は約5万円になります。

手取り20万円以下の人は、生活費が圧迫されやすいので、税金などが引かれた「手取り」で計算することをおすすめします。

そして、手取り給料の3分の1としていますが、これは上限です。

これ以上の家賃だと、生活がかなり苦しくなります。

せっかくのひとり暮らしも、家賃や生活費の支払いが負担になり、毎月ぎりぎりの生活になってしまっては、楽しくありません。

ひとり暮らしをする場合は、どのくらいの家賃なら毎月きちんと支払えるか考えることが大切です。

ほんの少しの上乗せだからと、プラス数千円したために家賃が払えなくなってしまうこともあります。

また、自分の生活費がどれくらい掛かるのか把握しておきましょう。

生活費にいくら必要なのか分かっていないと、手取りの3分の1の家賃であっても、生活は厳しくなります。

自炊が苦手な人、趣味にお金を使いたい人、少しでも貯金をしたい人などは、手取りの4分の1程度を目安にして探すと良いでしょう

手取り15万円でひとり暮らしする物件を探すポイントは?

前述したように、給料が手取り15万円でひとり暮らしをするには、家賃の目安は5万円です。

その5万円以内の家賃で、できるだけ快適に生活をしたいですよね。

そこで、物件選びが重要になってきます。

それでは、物件選びのポイントをご紹介しましょう。

【閑散期を狙う】

1月~4月上旬は、就職や入学などで賃貸物件が埋まりやすくなり、不動産会社の繁忙期です。

それを過ぎた4月下旬~9月は閑散期になるので狙い目になります。

繁忙期に入居者が決まらなかった掘り出し物の良い物件を、安く借りられる可能性があるので、じっくり物件を探しましょう。

家賃交渉にも応じてくれることもあるので、少しでも安い家賃で契約できるよう交渉してみてください。

【キャンペーン情報をチェック】

不動産会社によりますが、キャンペーンで賃貸契約をするとお祝い金がもらえることがあります。

お祝い金がもらえれば、引越し代などに充てられるので大変お得です。

他にも、敷金礼金が掛からない「ゼロゼロ物件」や、更新料の掛からない物件もあります。

いずれも契約内容をしっかり把握することが大切です。

家賃以外の生活費の目安は?

次に、給料が手取り15万円の家賃以外の生活費について見ていきましょう。

【食費】

食費の目安は、手取り給料の15%が理想です。

手取り15万円ですと、1か月の上限は22,500円ですから、この金額で食費をやり繰りするには、自炊が基本になります。

食費の大敵はコンビニとカフェです。

コンビニは便利ではありますが、自炊に比べるとかなり割高なので、自作のお弁当にしましょう。

カフェは、コーヒー1杯分は少額でも頻繁に利用すると家計を圧迫します。

タンブラーや水筒にコーヒーやお茶やを入れるなどして、食費の節約を心掛けましょう。

【水道光熱費】

水道光熱費の目安は、手取り給料の5%が理想です。

手取り15万円ですと、7,500円になります。

「点けっぱなし、出しっぱなし」をなくせば、それほど無理をしなくても、節約できるでしょう。

【通信費】

通信費は、水道光熱費と同じく、手取り給料の5%が理想で、7,500円を目標にすると良いでしょう。

無料通話アプリや無料Wi-Fiなどを利用し、節約することを心掛けましょう。

【生命保険】

保険に掛ける金額の目安は、手取り給料のの4%が理想で、手取り15万円ですと6,000円になります。

また、保険を選ぶときは、自分に本当に必要な保障だけをつけて、保険に入り過ぎないようにしましょう。

家賃目安5万円なら手取り15万円でも貯蓄できる!

最後に、自分で自由に使えるお金について見てみましょう。

【小遣い】

手取り15万円でしたら、その25%である37,500円が目安となります。

これには、資格の勉強など、自己投資のお金も含まれています。

これまでのものを合わせてみると、生活費の内訳は次のようになります。

・家賃 50,000円
・食費 22,500円
・水道光熱費 7,500円
・通信費 7,500円
・生命保険 6,000円
・小遣い 37,500円 合計 131,000円

大まかではありますが、ひとり暮らしの生活費の目安を出してみました。

このように見てみると、この金額で抑えられれば貯蓄に回すことも可能です。

しかし、計画的に使わないと、お金は「あっと言う間に」なくなってしまいます。

ストレスが溜まらないよう上手にやり繰りをして、自分の好きなことや、大切なことに絞って使うようにしましょう。

また、赤字が出た場合など、「ボーナスで補えばいい」と考えてはいけません。

毎月のやり繰りは、手取り15万円のなかで行っていくことが基本です。

ボーナスは、あると便利な家電や道具、いつもは買えない洋服などに使いましょう。

手取り15万円でも貯蓄は必要!「先取り」でコツコツ貯めよう

手取り15万円であっても、貯蓄は必要です。

それは、前述したような決まった毎月の支出のほかに、病気になったときの医療費など、急な出費が発生することがあるからです。

また、社会人としての付き合いのなかで、冠婚葬祭の費用も掛かってきます。

特に葬儀などは、急な出費の最たるものです。

香典の目安は、最低でも3000円からになり、付き合いの程度によっては数万円になる場合もあります。

そして、賃貸物件に住み続けるには、契約の更新をしなくてはなりません。

多くの場合、賃貸物件は2年ごとの更新になり、家賃1か月分の更新料が掛かります。

人生何が起こるかわかりません。

手取り15万円ですと、急な出費があった場合、月々の給料で賄うことは難しいでしょう。

そんなときのために、日頃から貯蓄をしておきたいところです。

おすすめは、給料が出たらすぐに貯金してしまう「先取り貯金」です。

前述したように毎月掛かる生活費を計算し、貯金に回せる目安となる金額を先に貯金してしまい、残ったお金でやり繰りします。

また、月々数千円からはじめられる、積立投資などを利用するのも良いでしょう。

ひとり暮らしで陥りやすい生活のなかの注意点

給料が手取り15万円でのひとり暮らしは、生活のなかでメリハリをつけることが大切です。

自分にとって「何が必要で何が必要でないか」を区別しながら生活していきましょう。

手取り15万円で家賃を払いながらの生活は、どうしても節約する必要があります。

しかし、何もかも節約して、心まで貧しくなってしまうと意味がありません。

節約をするときの目安は「自分が必要なものを必要な分だけ」にするということです。

買い物をするときに、欲しいものを買うのではなく、必要なものを買うようにしましょう。

「あったら便利」「安いから」などの理由で買っていたらキリがありません。

また、生活費以外でなんとなく使ってしまっているお金はありませんか。

この「なんとなく」が曲者です。

小さな出費でも、積もり積もって大きな出費になります。

行動を起こすときに、自分に必要かどうかを考えてみましょう。

水道光熱費や通信費にも同じことが言えます。

なんとなく冷暖房の効いた部屋で夜更かし、なんとなくインターネットを見てしまうなど、本当に必要なことなのかどうか、見直してみることが大切です。

何を切り詰めて、何にお金を使うのか、ひとり暮らしだからこそできる、自分流の節約術を目指しましょう。

手取り15万円でも豊かな生活を送るために

手取り15万円で家賃を払いながら生活するには、生活費の見直しや支出の把握がとても大切です。

その上で、無理のない節約をし、「何を切り詰めて何にお金を使うのか」メリハリのあるお金の使い方をしましょう。

ひとり暮らしだからこそできる、自分流のお金の使い方を見つけて、豊かな生活を送ってください。