ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

賃貸物件での「大家さん」と「管理会社」の違いは何?

2019.12.2

賃貸物件に住むときに、「大家さん」「不動産会社」「管理会社」「仲介会社」など聞いたことがあると思います。

この4者の違いはおわかりですか?

「大家さん」と「管理会社」、「不動産会社」と「仲介会社」の役割や違いをきちんと把握できると、賃貸物件を借りる際や住むときに便利です。

それでは、この4社の違いを見ていきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

窓のパッキンには重要な役割がある!取り替えポイントとは?

快適な生活を送るためには、まず家のなかも快適でなければなりません。 そのために重要なのが、窓の...

増え続ける家賃未払い問題!裁判で家賃を回収するために!

不安定な雇用や景気の低迷によって、家賃未払い問題は深刻な社会問題となっています。 家賃の未払い...

遠距離恋愛から結婚・同棲をはじめるきっかけは?

SNSなどの普及により、以前より遠距離恋愛を気軽に始める人が増加しています。 遠距離恋愛してい...

準防火地域は防火サッシが必要?シャッターをつければ解決!

新築予定の方で、まだ土地を探している段階の方は、準防火地域といった言葉をご存知でしょうか。 ...

契約書に書いてある敷金償却って何?賃貸用語の意味を知ろう

アパートなどを借りるときは、賃貸契約書を交わします。 契約書のなかには、専門用語がズラリ。 ...

分筆登記の費用はどのくらい?測量から分筆の相場を解説!

1つの土地を分割する「分筆」は、土地の相続や分譲地の整備など、様々な場面で行われています。 し...

窓のガタつきや隙間風は戸車が原因?それ自分で調整出来る!

窓のガタつきや隙間風が気になっていませんか。 その原因は、戸車かもしれません。 窓の下に付い...

窓には「遮熱フィルム」と「ペアガラス」どちらが有効?

冷暖房の効率を上げるには、「窓」の見直しが重要です。 家の壁には断熱材を使って断熱対策がで...

賃貸駐車場でのトラブル対策~事前に知っておくと安心~

無断駐車や知らない間にドア接触の傷があったときは、どうすればよいのでしょうか。 駐車場のトラブルは...

窓の外から虫が入ってくる!もしかして隙間が開いているの?

窓を開けて部屋に風を取り込むと気持ちいいですよね。 しかし、窓を開けるといつの間にか虫が部屋に...

断熱や防犯など機能を高めるための窓の交換はDIYで出来る!

家の中での窓の役割は大きく、冷暖房のポイントも窓です。 窓の断熱効果が高ければ、効率よく部屋を...

窓を遮光すると冷房効率があがる!遮光方法をご紹介

暑い季節を迎える前に、室内の暑さ対策として、何か準備をしていることはありますか? 実は、夏に室...

ひとり暮らしの家賃はどのくらい?東京の平均家賃はいくら?

東京でひとり暮らしをはじめる方にとって、家賃相場は気になりますよね。 月々支払わなくてはならな...

窓にプチプチを貼ろう!夏の暑さ対策

近年、夏には猛烈な暑さが連日続くことが多くなりましたよね。 みなさんは、暑さ対策を行っているでし...

窓へのDIYで部屋の断熱性をアップ!夏冬を快適に過ごそう!

暑い夏や寒い冬にはエアコンが手放せないため、どうしても電気代がかさみがちです。 家計を気にする...

スポンサーリンク

「大家さん」の仕事とは?イメージとの違いはある?

まず、「大家さん」とはどんな人のことを言うのでしょう?

昔のドラマや落語の世界ですと、長屋などの賃貸物件を所有していて、店子(=入居者)を家族のように思い、世話を焼き、面倒をみる人、というイメージではないでしょうか。

そんな、日本の原風景に住まう大家さんは、人情味にあふれ、口うるさくて店子から煙たがられているけど、頼りにもされていて、長屋全体を束ねるお父さんのような存在です。

しかし、現実の大家さんは、「部屋を借りたい人に、自分の所有する部屋を貸す人」で、そのために必要なことを行うのが大家さんです。

入居者と賃貸契約を結び、家賃の回収や督促、次の入居者のためにリフォームや設備の修理、入居者が快適に暮らすための住環境を整えます。

また、入居者同士や近隣住人とのトラブルやクレームなどの対応も大家さんの仕事です。

入居者が災害や事故に巻き込まれないよう、防犯、防災対策もしなければなりません。

大家さんは慈善事業ではないので、お客さまである入居者に、部屋という商品を提供し、その対価を受け取ることで生計を立てている方です。

高く部屋を貸したいと思えば、商品価値を高めることが必要ですし、競合相手に負けたくないと考えれば、マーケティングやプロモーションに力を注ぐことになります。

では、次に大家さんと管理会社との違いは何なのでしょうか?

「大家さん」と「管理会社」との違いとは?

管理会社と大家さんとの違いは何なのでしょうか?

管理会社は大家さんから委託を受け、大家さんがやっている管理業務を代わりに行っている会社のことです。

つまり、管理会社の業務=大家さんの業務なので、業務内容にほとんど違いはありません。

なぜ、管理会社に管理を任せるのかと言うと、ひとりで不動産を多く所有していたり、本業をこなしながら副業で賃貸経営をしている方などの場合は、管理会社に一括して任せておけば安心だからです。

また、大家さんのなかには土地や建物を持っていても、自分で賃貸物件を経営、管理する時間がない場合や、賃貸経営のノウハウが不足している場合もあります。

そこで、多くの大家さんは、管理費を払ってでも管理会社に業務を一任した方が手間が掛からず、利益を上げやすいと考えているのです。

このとき、賃貸物件の所有者は大家さんで、賃貸物件の実際の運営管理は管理会社ということになります。

「大家さん」と「管理会社」のメリットデメリット

このように、大家さんと管理会社の業務に大きな違いはありません。

しかし、「大家さんが近くに住んでいると面倒」「管理会社の方が安心」などの意見もあります。

それでは、大家さんと管理会社のメリットデメリットを見ていきましょう。

【大家さんが直接管理】

・間に不動産会社が入らないので、余計な費用が掛からない

・なかには更新料を取らない物件もある

・直接交渉しやすく、初期費用が抑えられる場合もある

・修理、修繕など、大家さんが直接対応するので早く解決する傾向がある

デメリットはあまりありませんが、強いて言えば人間関係、距離感などでしょうか。

【管理会社が管理】

・近隣トラブルなどの対応に慣れているので、解決が早い傾向がある

・不動産会社が間に入るので、その分費用が掛かる場合がある

・修理、修繕など、大家さんに確認、業者に連絡など、確認作業が多いので対応が遅くなりがち

・特に大手の管理会社では、その傾向が強くなる

・営業時間内でないと対応してくれない

いずれも、大家さんや管理会社にもよりますが、概ねこういったことが挙げられます。

物件を見れば「良い大家さん」「良い管理会社」がわかる!

大家さんが直接管理していたとしても、管理会社が管理していたとしても、物件を見るとその管理能力がわかります。

チェックするのは、次の3つです。

・集合ポスト

ポスト周辺がDMやちらしなどのゴミで散らかっている物件は、清掃業務を怠っていることになりますし、見回りに来ていない可能性もあります。

また、ポストそのものが汚れていたり、傷ついたり、破損している場合は管理されているとは言えません。

注意事項などの張り紙がしてある場合は、その内容で管理レベルがおおよそわかります。

・廊下などの共用部分

こちらも、汚れ具合や整理整頓の様子で、きちんと管理されているかどうかがわかります。

個人のゴミや自転車などが共用部分に置かれている物件は、管理がされていないと言えるでしょう。

・ゴミ置き場

ゴミが指定の日以外に出ていないか、収集後に散らかっていないかをチェックしましょう。

この3か所であれば、入居前にチェックできます。

いくつか物件の候補がある場合には、この3か所の違いをよく確認しておきましょう。

「不動産会社」と「仲介会社」の違いとは?

大家さんと管理会社の関係がわかったところで、今度は「不動産会社」と「仲介会社」の違いを見ていきましょう。

不動産会社は、不動産を取り扱う仕事をしている人や会社のことを言います。

その仕事は大きく分けると次のようになります。

【営業】

不動産物件の売買や賃貸を行います。

物件の宣伝をし、契約まで行うのですが、契約の際には宅地建物取引士という国家資格が必要となります。

【管理】

不動産の管理を行います。

大家さんの業務を代行したり、自社物件の管理を行います。

【仲介】

入居者と大家さんを繋ぎ、スムーズに賃貸物件の契約まで行えるよう取りまとめます。

このように、不動産会社の業務のなかに「管理」と「仲介」も含まれているのです。

つまり、管理を専門に行うのが管理会社で、仲介を専門に行うのが仲介会社です。

また、大手の不動産会社では、建物の設計から建築まで一手に行うところもあります。

賃貸物件に入居する場合は「管理は誰か?」をチェック!

以上のように、不動産会社は大きなくくりで、そのなかに管理業務や仲介業務が含まれます。

管理や仲介まで全部行う不動産会社もいれば、管理と仲介のみ行う不動産会社もいて、その形態はさまざまです。

賃貸物件に入居する際に注意したいのは、誰が管理する物件かということです。

トラブルや設備不良などが起きた場合、どこに連絡をして対処してもらえば良いのか事前に確認をしてきましょう。

大家さんに直接連絡をして良いのか、管理会社を通すのか、また、どこまで対応してもらえるのかも、合わせて確認しておくと良いでしょう。

一般に、町で見かけるような物件情報を出している店舗は、多くの場合仲介業務だけを行っています。

仲介業務だけ行っている不動産会社と、仲介業務と管理業務の両方を行っている不動産会社の違いは、手続きの早さと柔軟な対応力です。

同一の会社で、仲介と管理を行っているので当然と言えば当然ですね。

一見しただけでは分からないことも、賃貸物件に入居するときには重要になってきます。

契約の前に必要なことはチェックしておきましょう。

賃貸物件の管理は入居した後が大事!

賃貸物件に関する、「大家さん」「不動産会社」「管理会社」「仲介会社」についてご紹介してきました。

知っているようで知らないこともあったかと思います。

トラブルや設備不良は、入居したあとに起こります。

賃貸物件を借りるときには、さまざまな会社の形態があるので、自分がどのように物件を借りるのか、また、管理はどこなのか、しっかり把握しておきましょう。

 - 暮らし, 賃貸暮らし