投資信託のリバランスを丸投げ!ロボアドバイザーツールとは

投資信託では、定期的なリバランスを行うことで、安定したポートフォリオの維持を図ることができます。

しかし、資産ごとの配分をその都度計算しながら調整していくことは、骨の折れる作業でもあります。

そこで、注目されているのが、自動的にリバランスを行ってくれる「ロボアドバイザー」というツールです。

この記事では、投資信託でリバランスをしていく上で、おすすめしたいロボアドバイザーツールについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

変化するパフォーマンスの意味、ビジネスではどう使われる?

皆さんはパフォーマンスという言葉から、どのようなことを連想するでしょうか。アーティストのダンス...

投資信託の解約には消費税がかかる?かからない場合も?

投資信託は、投資家から資金を集めて、専門家がまとめて運用する金融商品です。少額から始められ、...

株を生活目線でやってみよう!主婦が行う株式投資のススメ!

「株式投資」と聞くと、難しいイメージがある方も多いのではないでしょうか。しかし、家事の傍ら、主婦...

外国為替証拠金取引、いわゆるfxのブログは参考に値するか?

外国為替証拠金取引というと、なんだか難しい経済用語のように感じますが、fxなら皆さんも聞いたことがあ...

積立NISAはリバランスに不向き?その理由と対策方法は?

「積立NISA」は、年間40万円までの運用益が非課税となる制度で、現在では120本以上もの投資信...

MRF金利0%時代の救世主!?「SBIハイブリッド預金」とは?

2016年2月、マイナス金利が導入され、今では「高利回り低リスク」を謳っていたMRF金利も0%で...

MRF金利0%!サービス豊富なSMBC日興証券で何に投資する?

証券口座の受け皿として利用されているMRF。そのMRF金利が0%となりました。金利0%で...

初めての株投資!株の投資家ブログを参考にしてみよう!

数十年前とは違う預金金利が低い現代、株投資を始めてみようかなと考える方も多いのではないでしょうか。...

空売りが株価に与える影響とは?空売り規制についても解説!

株式投資をしている人の中には、株式売買のみならず空売りでも利益を出しているケースも多いことでしょ...

株式の利益率計算方法や株指標に関する計算式を解説!

株式投資を行っている人であれば、だれもが大きく利益を出したいものですよね。自分がどれだけの利...

スプレッドはFXで重要!意味を理解してから取引をはじめよう

FX取引をはじめようと考えている方は、知っておくべき大切な用語がたくさんあります。その一つに...

MRF金利0%で楽天証券での取扱い終了!代わるものとは?

日銀によるマイナス金利の影響で、MRFの金利は軒並み下がりました。まだMRFの取扱いがある証...

株の好材料で失敗!?投資で損する人が陥るパターンのまとめ

ある銘柄に好材料が発表されると、それに飛びついてその株をすぐ買ってしまう人。損切りするタイミ...

現役30代の私たち、老後の年金は毎月いくらもらえるの?

現在30代ぐらいのみなさんは、「年金」と言っても、ピンとこないという方が多いのではないでしょうか。...

円安とは何?わかりやすく子供向けに解説!

よく「日本は不況」と言われていますが、何故不況が続いているのか一言で説明するのは難しいと思います...

スポンサーリンク

投資信託で欠かせないリバランスとは?

全ての投資に通じる基本は、適切なリスクヘッジで安定した資産運用をしていくことです。

投資信託の場合、「リバランス」という言葉をよく耳にすることが多いですが、これは安定したポートフォリオ(資産配分)を維持するための「リスクヘッジ」と言えます。

投資信託初心者にとっては、定期的に行うリバランスの感覚を掴むことに苦労することも多く、継続したリバランスは非常に面倒な作業です。

リバランスは、時間とともに変動していく資産構成比率を当初の割合に整え、ポートフォリオの崩れを防ぐ作業を指します。

例えば、国内株式10万円、外国債券10万円、比率は50:50のトータル20万円のポートフォリオがあるとします。

株式・債券に対し、定期的にそれぞれ同額を積立していれば、資産構成比率は当初の50:50で変わりませんが、相場は時間経過とともに常に変動していきます。

その後、株式が20万円に値上がりした場合、国内株式20万円、外国債券10万円のトータル30万円となります。

総資産額は当初よりも増加してはいますが、資産構成比率は大きく変化しており、当初に比べてハイリスク・ハイリターンなポートフォリオになっていることが分かります。

そこで、大きなリターンが望めれば良いですが、現実的には、比率の高い資産に対して以下のようなリスクヘッジが優先されます。

①比率の高い資産を一部売却

②売却で得た資金で比率の低い資産を追加購入し、比率を当初の割合に戻す

つまり、このようなリバランスを通じることで、「高いものを売って、安いものを買う」という投資の基本に結び付けることができるのです。

しかし、言葉にするのは簡単ですが、その都度計算しながら定期的なリバランスを行うことは、非常に大変な作業です。

そこで便利なのが、資産運用に関して自動的に提案・代行をしてくれる「ロボアドバイザー」ツールです。

投資信託のリバランスを代行するツール!ロボアドバイザーとは?

「ロボアドバイザー」とは、投資信託などの資産運用に対して、人工知能が助言、提案、代行するツールです。

まず、ロボアドバイザーには、大きく分けて以下のような2つのタイプがあります。

①アドバイス型:助言・提案のみを行う

②投資一任型:助言・提案+自動的な運用代行を行う

「アドバイス型」の場合、投資運用に関わる簡単な質問に答えることで、その投資者に合った運用スタイルやポートフォリオの提案をしてくれます。

助言・提案のみのツールであるため、そのほとんどは無料で利用することができます。

一方、「投資一任型」は、助言・提案に加え、その提案に沿った買い付け・運用を自動的に行ってくれるツールです。

また、ポートフォリオの管理も自動的に行ってくれるので、人の手でリバランスをする必要がありません。

投資信託で長期的な運用する上では、特に定期的なリバランスが重要になってきますが、このロボアドバイザーを利用することができれば、面倒な作業に骨が折れることはありません。

リバランスまで行うロボアドバイザーツール!その「手軽さ」にも注目

投資信託の運用に関わる助言・提案だけでなく、その代行やリバランスまで行ってくれるのは、大変便利なツールと言えます。

ロボアドバイザーのメリットは前項で触れた通りですが、「手軽さ」というメリットについても掘り下げていきましょう。

従来、投資信託のアドバイスや代行を求めるには、証券会社や金融機関の窓口に出向き、説明を受けた上で口座開設、運用開始とステップを踏んでいく必要がありました。

そのため、特に日頃仕事で忙しい方にとっては、その手間暇をとることがなかなかできないため、決して手軽に行えるものではありませんでした。

また、口座開設にも高額な資金が必要だったため、手軽に投資を始めるには難しい条件だったと言えます。

しかし、ロボアドバイザーでは、少額での口座開設が可能になり、家にいながらアドバイスや代行を求めることができるようになりました。

つまり、従来に比べて、手間・時間・費用のデメリットを最小限に抑えられるようになったのは、まさに画期的なロボアドバイザーツールのお陰と言えるでしょう。

投資信託でロボアドバイザーを使うときの注意点!安い手数料のツールを選ぶ

これまでに、投資信託の資産運用からリバランスまでを自動的に行ってくれる、ロボアドバイザーツールについてお話してきました。

しかし、優秀な機能を備えるロボアドバイザーにも、注意したい点があります。

それは、投資一任型のツールの場合は、できるだけ安い手数料のサービスを選ぶという点です。

まず、投資一任型の手数料では、実質的な内訳として以下の2つに分けることができます。

①手数料:ロボアドバイザーが代行する契約手数料

②信託報酬:投資信託の運用会社に支払う手数料

これらの手数料を含めて、年率で約1%前後の手数料がかかってきます。

基本的に、どこのサービス会社も年率は似たり寄ったりですが、できるだけ安い手数料の会社を選ぶことが重要になってきます。

と言うのも、例えば、年率が1%の場合、年間投資額に対して10%の手数料が発生しますが、年率2%になってしまうと、年間投資額の20%を支払わなければなりません。

両者を比較した場合、長期になればなる程その差は大きくなるため、手数料が安いほうが投資をする上では有利ということになるのです。

ちなみに、ロボアドバイザーにかかる年率1%の手数料に対して、中には「高コスト」だという意見も少なくありません。

確かに、自己投資と比べれば運用効率は下がりますが、簡単な設定で投資運用からリバランスまでを丸投げできるわけですから、コストパフォーマンスは決して悪くないと言えます。

NISAで丸投げするには注意!その理由は?

投資信託の運用を一任できるロボアドバイザーツールでは、手数料以外にも注意したい点があります。

それは、投資一任型では、非課税口座をメリットとする「NISA」などには対応していないということです。

「NISA」とは、投資運用に関わる売却益や分配金の運用益に対し、年間120万円が非課税になる制度で、5年間利用することができます。

NISAには、他にも「つみたてNISA」や「ジュニアNISA」という種類があり、それぞれのNISAごとに年間の上限額や利用期間が決まっています。

一方、ロボアドバイザーは、そもそもが課税口座を前提としたツールなため、非課税となるNISA枠の上限を考慮せずに資産を運用してしまいます。

特に、投資一任型ではポートフォリオの管理も行われますが、定期的なリバランスが自動で行われるため、その都度NISA枠が消費されてしまうことも、上限額を超えてしまう大きな要因です。

したがって、NISAで資産運用をする場合は、投資一任型のロボアドバイザーではなく、アドバイス型のツールを利用することがおすすめされます。

リバランスが面倒な場合はバランスファンドもおすすめ

投資信託の運用を全て丸投げできるロボアドバイザーは、利用するにあたりいくつか注意点がありますが、いずれにしてもリバランスの作業が面倒な方にとっては魅力的なツールなことが分かりました。

しかし、実はロボアドバイザー以外にも、面倒なリバランスを考えることなく資産運用をしていく方法があります。

それは、「バランスファンド」です。

「バランスファンド」は、複数の資産対象がセットになっている1本の商品で、手軽に分散投資をすることができます。

このバランスファンドの大きなメリットは、運用会社が自動的にリバランスを行ってくれることで、つまりは投資者の手によるリバランスが必要ありません。

投資先にバランスファンドを選ぶことで、ロボアドバイザーというツールを必要とすることもなく、自分でリバランスをする必要もないため、非課税口座のNISAでも運用しやすい投資信託と言えます。

ロボアドバイザーで投資が手軽に

リバランスを継続的に行うことは、投資初心者だけでなく多くの方が苦労する作業です。

しかし、ロボアドバイザーの登場によって、資産運用に関わる助言・代行を手軽に受けることができるようになったことは、非常に画期的なことと言えます。

これによって、投資に挑戦するハードルも少し低くなったと言えるのではないでしょうか。