ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

家賃4万で一人暮らしのコツ!収入と支出を把握し物件選びを

2019.9.18

今まで実家などに住んでいた場合、一人暮らしにかかる費用は気になるでしょう。

家賃以外にも初期費用は必要なのか、相場はいくらなのか、生活するには収入がいくらあれば良いのか、想像がつきませんよね。

また、家賃4万円の物件に住むにはどのくらいの収入が必要なのでしょうか。

実は一人暮らしをする際には、家賃や収入だけでなく、事前に自分の支出(生活費)を把握しておくことがとても大事です。

家賃を抑えた物件選びと合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

家の窓をミラー化するとどんなメリットがある?DIY方法は?

窓の日差しが強く、冷房の効きが悪いと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。 また、窓の前に他...

準防火地域は様々な規制がある!?外壁を板張りする方法は?

自己所有の土地だからと言って、どんな建物でも自由に建てられるとは限りません。 私たちが暮らす街...

敷金礼金なしの物件の契約書で注意すべきこととは?

一般的に賃貸物件に入居する場合、契約書を交わし、敷金や礼金を支払います。 しかし、最近では、敷...

1人暮らしの家賃が給料の半分を占める!苦しい生活の解決策

地方ではあまり想像できませんが、都心部ではワンルームのアパートで、家賃が7~10万円することも珍...

退去時に敷金以上請求された!敷金トラブルを回避するには?

賃貸物件でよく耳にするのが、退去時の敷金に関するトラブルです。 「敷金が戻ってこない」「敷金以...

敷金の返却期限っていつ?返却するまでの手順を知ろう

アパートなどの賃貸物件には、家賃のほかに敷金・礼金を設定してありますので、賃貸契約の際には、貸主は借...

敷金、礼金なしの賃貸物件は退去時費用が高額になる!?

まだまだ少ないとはいえ、敷金、礼金なしを謳った賃貸物件が増えてきました。 初期費用がかかる引っ...

不動産登記は2種類ある?新築で住民票を移すタイミング

新築したら不動産登記をする必要があります。 「登記」という言葉は耳にする機会は多いですが、実際...

住宅を増築した際に登記は必要?費用はどのくらいかかるの?

新築してからしばらく年月が経つと、増築することを考える人も出てくるかもしれません。 この場合、...

後から気付いた窓やインテリアの問題はDIYで対策可能

家を新築された方、近年賃貸に住み始めた方、同じ家に住んでずいぶん経つ方、どんな状況かに関わらず、おう...

窓のハンドルが回らない原因と対処方法

窓とは、家やオフィスなど、ほとんどの建物に取り付けられている開口部のことを指します。 窓には様...

窓のハンドルトラブル!自分で修理する方法や注意点

窓のなかには、開閉方法にハンドルを使うタイプのものがあります。 とてもおしゃれな反面、強度...

私道でよくあるトラブル、道に自転車を停めると裁判になる?

「家の前の道にご近所さんが自転車を停めていて、駐車場に車を停めにくい」などという苦情をよく耳にする...

分筆登記の費用はどのくらい?測量から分筆の相場を解説!

1つの土地を分割する「分筆」は、土地の相続や分譲地の整備など、様々な場面で行われています。 し...

家賃5万円でひとり暮らし!初期費用はどのくらい掛かる?

ひとり暮らしをはじめるときには、いったいどのくらいのお金が掛かるのでしょうか。 「部屋を借りる...

スポンサーリンク

一人暮らしの家賃の相場はいくら?

一口に相場と言ってもその土地や年代、職業によって大きく異なります。

都道府県で相場が違うのはもちろんのこと、東京都でも区や市によってそれぞれ家賃相場は変わります。

家賃相場は需要の多さによって変わりますので、基本的には首都圏などの都市部の方が高い傾向にあります。

駅の周辺なども需要が多いので比較的家賃は高めになりますよね。

特に主要駅の近くは乗り換えがしやすく、交通の便が良いため人気が集中するでしょう。

年代や職業でいうならば、学生や新社会人などは収入もまだ低いことが多いため、家賃の相場も同じく低くなります。

学生の一人暮らしならば3~4万円の物件に住んでいる方も多いです。

年代や職業による家賃の相場はあまり気にする必要はありませんが、自分の住みたい土地の相場は物選びの際にも関係してきますので大事です。

現在の収入と照らし合わせて考えてみると良いですね。

家賃4万円の物件に住むための収入の目安は?

一人暮らしの家賃の目安として、収入の3分の1くらいで考えると良いと言われています。

これを基にしてみると、家賃4万円の物件ならば12万円の収入があれば可能になりますよね。

しかし、実際家賃を引いた残り8万円でその他の生活費を賄うというのはかなりシビアです。

生活スタイルによっては可能かもしれませんが、多くの場合ギリギリの生活になると予想されます。

特に車を所有していれば維持費がかかりますし、毎月の出費ではありませんが、車検代や車の税金などの出費も大きく響いてきます。

もちろん趣味や娯楽費もその月々によって多くなるときもありますよね。

何より、思わぬ出費があったときに対応出来るだけの余裕はあった方が安心です。

病気などで収入がなくなってもある程度の期間は持ちこたえられるように、少し貯金に回せるくらいの余裕は欲しい所です。

収入の4分の1くらい、家賃4万円ならば収入16万円ほどあれば貯金にいくらか廻せますので少し安心ですね。

一人暮らしの生活費のシミュレーション!家賃4万円の他の支出は

家賃4万円の収入の目安がついたところで、一人暮らしの際にかかる他の支出も知っておくと良いですね。

シミュレーションして予想しておけば、毎月の支出と比べることが出来ますので、一人暮らしを始めた後に慌てることがありません。

まず、一人暮らしの際にかかる固定費として考えられるものは次の通りです。

・家賃
・電気代
・水道代
・ガス代
・食事代
・通信費(インターネット代、携帯代など)
・雑費
・娯楽(交際)費

これらは固定費なので毎月必ずかかる支出です。

家賃以外のものは月によって多少の変動がありますが、およその金額を予想してみましょう。

特に娯楽費は時期によって金額の変動が大きいので、注意した方が良いです。

例えばこれに車を所有していればガソリン代や駐車場代、医療保険に加入していれば保険代も加わります。

こうしてみると、生活費というのは自分が思っているよりも細かい支出が多いのが分かりますね。

また、月々の固定費だけでなく、住民税など、年に1回払うものも場合によってはありますので、そちらも忘れず準備しておかなければなりません。

いざといったときに慌てないために、前もって貯金で備えておくことは大切です。

家賃4万円の他にかかる初期費用にも注意

一人暮らしを始めるためには、家賃の他にも初期費用というものがかかります。

敷金、礼金などはよく聞きますよね。

では敷金、礼金を含めどのような費用が必要なのでしょうか。

・敷金

物件を退去する時までの保証金です。

物件退去時に現状回復のための費用を差し引いて戻ってきます。

家賃の1~2ヶ月分に設定されていることが多いです。

・礼金

貸主、大家さんなどに支払う謝礼金です。

敷金と違い、戻ってきません。

こちらも家賃の1~2ヶ月に設定されていることが多いです。

・仲介手数料

不動産会社に支払う報酬金です。

こちらも戻ってきませんが、家賃の1ヶ月+消費税が上限となります。

・火災保険料

火災があったときのために加入が必要な火災保険料です。

だいたい1~2万円くらいになります。

・前家賃

物件契約時に前もって支払う家賃です。

例えば4月の半ばに契約した場合、日割り計算した4月分の家賃と翌月5月分の家賃を支払います。

・鍵交換費用

入居者が変わる際には鍵も交換しなければならないため、その際の交換費用も入居者が負担することがあります。

鍵の種類によって金額は変わってきますが、だいたい1万円くらいになります。

家賃4万円の物件の場合、以上全てを合わせると低めに見積もっても20万円近くかかります。

初期費用は必ずチェックしましょう。

家賃を抑えた物件選びをするためには

なるべくなら家賃を抑えて毎月の固定費を少しでも減らしたいですよね。

では、そのためにはどんなことが出来るでしょうか。

・自分の住みたい土地の相場を調べる

相場を知ることが出来れば、物件をみるときに安いか高いかの判断がしやすくなります。
家賃4万円の場合、相場が5万円なら安く、3万円なら高く感じますよね。

・自分が一人暮らしをする際の優先順位をしっかりと決める

多少手狭でも駅に近い方が良い、築年数が古くても広い方が良いなどの条件ですね。

妥協出来る部分と出来ない部分をハッキリさせておかなければ、どうしても欲張った物件に目がいって家賃も高くなりがちです。

・大学近郊の物件を探す

学生街などは学生向けの物件が多いため、比較的家賃の相場も安くなっています。

・繁忙期を避けて部屋探しをする

需要のある新生活シーズン(1~3月)などは、値下げ交渉やフリーレントなどの条件交渉は難しくなります。

需要の少ないオフシーズンの(4~6月)などの方が交渉に応じてもらいやすくなるでしょう。

また、繁忙期は引っ越し業者も多忙なため、割高な料金になることもあります。

一人暮らしの物件探しの際の注意点とは

家賃は変わることがない固定費です。

当然のことですが、一人暮らしの家賃4万円と家賃5万円では年間12万円の差が出ます。

結局支払えなくなってしまうということにならないよう気をつけましょう。

ただし、いくら安いといってもあまりにも相場と比べて安すぎる場合は何か理由があるかもしれません。

念のため不動産会社に訊ねてみると安心です。

同じく、物件の空き期間が長い場合も理由を聞いた方が良いでしょう。

住んでみてすぐ引っ越すことになれば、また初期費用がかかって大変です。

物件、周辺環境、通勤通学などを考慮して、その土地で生活していく自分をイメージしましょう。

内見などは朝、昼、夜と違う時間帯に行くことが出来れば周辺や同じ物件の住民の生活スタイルも把握出来て良いですね。

自分の収入と支出を把握して無理のない一人暮らしをしよう

一人暮らしをする際に一番大事なのは、自分の収入、生活スタイルを把握して、その後の生活が維持出来るかどうかです。

家賃が4万円でも収入が12万円と16万円では大きく違いますし、生活費が節約出来るタイプか散財しがちなタイプかでも違います。

一人暮らしは自分の生活を把握するいい機会です。

破綻してしまっては時間も費用ももったいないですよね。

一人暮らしを無理なく続けていくために、前もって収入、生活のシミュレーション、把握をして自分にあった物件を探しましょう。

 - 契約, 暮らし