中古物件の値引きはタイミングが重要!500万円下がることも

マイホームの検討をされている方の中には、中古物件に目を向けている方もいるのではないでしょうか。

新築よりも安価な中古物件を購入し、リノベーションしようと考える方も近年増えてきています。

そんな中古物件ですが、500万円ほどの値引きも可能といわれています。

そのためには、ベストなタイミングで交渉することが重要になりますが、それはいつなのでしょうか。

この記事でご説明していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

マンションの火災報知器が義務化になった訳や止め方をご紹介

マンションで火災報知器の非常ベルが鳴ると、マンション内で火災が起こったのかと不安になるでしょう。...

戸建てをできるだけ高く売却するためにブログを参考にしよう

何らかの事情で、戸建ての我が家を手放さなくてはならなくなった場合、できるだけ高く売却したいと思う...

アパートを退去する際の大家さんや管理会社への電話のかけ方

転勤や引っ越しで、今住んでいるアパートを退去することになった人も大勢いますよね。みなさん...

アパート審査では何を見ている?連絡がこない理由とは

アパートなどの賃貸に入居する前は、必ず入居審査を受けますが、いつになっても連絡が来ないと「落ちてし...

軽量鉄骨構造の住宅の耐用年数はどのくらい?積水ハウスは?

近年、様々なハウスメーカーが手掛けるようになった軽量鉄骨造の住宅ですが、その耐用年数がどのくらいな...

アパートの郵便受けが開かないときの対処方法

アパートやマンションなどの集合住宅は、主に入口やエントランスに郵便受けが設置されています。し...

アパートの契約更新前に無職に!無職だと更新できない!?

賃貸暮らしなら2年に1度、契約更新の時期がやってきます。そんな時に運悪く会社を辞めて無職にな...

学生寮付きの高校を東京で探すときはココに注意しよう!

地方から東京の高校へ進学する場合、場所にもよりますが実家から高校への毎日の通学は困難です。そ...

新築の引き渡し日の流れとは?引っ越しはいつまでに行うの?

新築が完成すると、「引き渡しからどのくらいで引っ越しをしたらいいの?」と悩んでしまう方もいるかも...

アパートを引っ越すときは新居の洗濯機置き場のサイズを測る

新しいアパートに引っ越しするとき、気になるのが現在使っている家電や家具が搬入できて設置できるかど...

木造アパートの防音性が低い理由と防音性を高める方法

賃貸アパートは、木造や鉄筋コンクリートなどで造られたものがあり、それぞれにメリット、デメリットが...

アパートの一階に女性が一人暮らしをするときの注意点とは?

これから一人暮らしを始めるために、アパートを探しているという女性もいるのではないでしょうか。多...

すぐに改善したい!木造一軒家の音漏れと防音の対策とは

「木造一軒家は音漏れや騒音が気になってしまうのでは」と心配になっている方もいらっしゃるかもしれませ...

アパートの足音トラブル!管理会社ができる防音対策とは?

アパートの上階の足音は下階の住人を悩ませますが、管理会社にとっても頭が痛い問題です。なぜなら、上...

新築の住宅で猫を飼いたい!キズを作らないための対策とは

新築を建てようとしている、もしくはこれから住むという方の中には「猫を飼いたい」と考えている方もい...

スポンサーリンク

中古物件は交渉次第で500万円値引き可能!

マイホームを検討している際、中古物件にも目をつける方もいるでしょう。

新築で注文住宅ともなれば、建築費だけでも高額ですから、比較的安い中古物件を購入しリノベーションしようと考える方も多いです。

そんな中古物件ですが、交渉次第では500万円の値引きも可能といわれています。

500万円も値引きされれば、リノベーションの費用の足しにもなりますね。

中古物件を値引き交渉する際は、「ベストなタイミング」を見計らうことが大切です。

最適なタイミングで、妥当な理由を提示することで、交渉の成功につなげることができるのです。

次の項から、値引き交渉のベストなタイミングについてお伝えしていきましょう。

まずは、中古物件を購入する流れをみていきます。

中古物件を購入する流れとは?

中古物件は交渉次第で、500万円の値引きも可能となります。

そのためには、交渉するタイミングを見計らうことが重要です。

それではまずは、中古物件を購入する流れをみていきましょう。

中古物件を購入する流れは、大きく以下のとおりですすめていきます。

①中古物件を探す

②中古物件を比較する

③中古物件を内覧する

④中古物件を交渉する

⑤中古物件を契約する

値引き交渉をする際は、早すぎても遅すぎてもNGといわれています。

どこがベストなタイミングかというと、④と⑤の間です。

ですが、④と⑤の間というのは細かく分けることができ、以下のような流れとなります。

④中古物件を交渉する

④-1、ほかの中古物件と比較する

④-2、一つの中古物件に購入の意志を固める

④-3、中古物件の購入の意志を伝え、買付証明を発行する

④-4、売り主の意思確認または決定を待ち、合意を得る

⑤中古物件を契約する

では、上記の流れの中では、どこが最も良いタイミングといえるのでしょうか。

500万円の値引きも期待できる!ベストなタイミングとは?

中古物件を500万円ほど値引き交渉する際は、タイミングがとても重要とお伝えしてきました。

それでは、中古物件の購入する流れの中ではどこが最も良いタイミングといえるのでしょうか。

前の項でお話しした流れの中でいえば、④-3の「中古物件の購入の意志を伝え、買付証明を発行する」ときがベストなタイミングといえます。

なぜかというと、買付証明の役割がとても重要になってくるからです。

買付証明は、「個人情報」「買付証明を行った日」「購入希望の中古物件情報」「契約条件」などが記載されます。

特に値引き交渉において重要となるのが「契約条件」で、契約条件の欄に希望の条件を明記しておくことで、「契約条件が整った場合、当該中物件の売買契約を結ぶ意思があります」という考えを伝える意義が、買付証明にはあるのです。

そのため、仮に買付証明を

・購入希望の中古物件情報:物件価格5,000万円

・契約条件:物件価格4,500万円

という内容で発行すれば、「500万円の値引きが可能でしたら、この物件の売買契約を結ぶ意思があります」と、売り主に伝えたことになるのです。

ですから、値引き交渉を行う場合は、「④-3、中古物件の購入の意志を伝え、買付証明を発行する」のときがベストといえるのです。

気持ちが変わった場合も伝えるタイミングは重要!

中古物件を500万円ほどの値引き交渉をする場合、それを伝えるタイミングが重要とお伝えし、それは買付証明を発行するときとご説明しました。

買付証明を発行する際には、申込金(3~10万円ほど)を渡すことが一般的です。

これらを渡した後、買付証明の写しと預かり証を受け取ることになるでしょう。

ですが、買付証明を発行した後に、購入する気持ちが変わるということも十分にあり得ます。

先ほどお話ししたように、「買付証明を発行する」の後には、「売り主の意思確認または決定を待ち、合意を得る」、「中古物件を契約する」という流れがあります。

この間で、気持ちが変わる可能性がないとはいえませんよね。

もし、買付証明を発行した後で気持ちが変わった場合、その意思を伝えるタイミングも重要となります。

意思を伝えるタイミングは、契約を結ぶ前か後かで、その後の対応が大きく変わります。

契約を結ぶ前であれば、買付証明と一緒に渡した申込金が返金されるだけで済みます。

しかし、契約を結んだ後になってしまうと、申込金が返金されるところまでは同じですが、契約内容に従って違約金を支払うことになってしまうのです。

申込金よりも高額になることも考えられるので、気持ちが変わった場合は契約前に必ず伝えるようにしましょう。

交渉なしで500万円値引きされたときは要注意!

中古物件を500万円も値引きしてもらえたら得するに越したことはありませんが、注意しなければいけないこともあります。

それは、特に値引き交渉などをせずに500万円ほど値引きされた場合です。

交渉せずに値下げされる場合は、オーナーが一刻も早く売りたいという強い気持ちがあることもありますが、リスクが潜んでいる可能性もあるのです。

どのようなリスクが潜んでいるかというと、

・対象の物件付近の治安が悪化してきた

・土地の区画整理により、大幅に市に買い取られる未来予想がたつことが前提の中古物件

・今の日照条件が大幅に減少していき、裏や横に高層マンションが建設予定の中古物件

などが挙げられます。

このようなケースであれば、500万円の値引きは簡単に起こり得るようなのです。

ひどい場合は、上記のリスクを特に伝えずに売買契約を締結させることもあります。

契約を結んだ後、市に買い取られることを知ったということも実際に起きているのです。

ですから、交渉なしで500万円ほどの値引きをされた場合は注意するようにし、その地域の情報を集めてから購入を検討するようにしましょう。

中古物件をリノベーション!どのような物件が良い?

最後に、中古物件を購入してリノベーションしようと考えている方に向けて、どのように物件を選べば良いかをご紹介しましょう。

リノベーションのメリットといえば、新築の注文住宅よりも建築コストを下げられることです。

建築コストをかけずにリノベーションをするには、築年数が大きく関わってきます。

古すぎてしまうと、住宅の基礎や土台、構造躯体に傷みがあったり、今の耐震基準に適していなかったりすることが考えられます。

その場合、これらを補強するのに高額な費用がかかることも考えられ、新築と変わらないくらいの金額になることもあるでしょう。

そのため、新築から15~20年ほどの中古物件を選ぶことをおすすめします。

このくらいの築年数であれば、建物の価値が大きく下がり、価格が安定してくるのです。

特に築年数20年以上であれば、土地代だけで手に入れることもできるでしょう。

また、住宅の構造もポイントになります。

なぜなら、自分が希望する間取りに構造によってはできないこともあるからです。

ですから、中古物件を購入する前にはあらかじめ、リノベーション会社に希望の間取りなどを相談し、どのような構造の住宅であれば可能なのかを確認しておきましょう。

そして、購入した中古物件が500万円ほど値引きされた場合には、これをリノベーションの費用にあててみてはいかがでしょうか。

値引きに成功したらリノベーション費用にあてよう!

マイホームの検討をされている場合、中古物件を購入してリノベーションしようと考えている方も多いです。

中古物件もタイミングに狙いをさだめれば、500万円ほど値引きしてくれることもあります。

ベストなタイミングを見計らって、値引き交渉の成功につなげてみましょう。

そして、そこで値引きされた金額をリノベーションの費用にあててみてはいかがでしょう。