ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

1KのKとは何の単位?お金の金額を示すほか何に使われる?

2019.7.26

1Kと聞いたら何を思い浮かべますか。

人によってさまざまでしょうが、今回は1Kの「K」を、ある単位としてとらえた場合と、ある言葉の頭文字としてとらえた場合の、主に2つをご紹介いたします。

前者はお金の金額を表し、後者は不動産会社さんでの間取りとしてよく見かけるものです。

併せてそれぞれの周辺知識についてもご紹介していますので、参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

外国為替市場に取引所はない!では終値とはどう決まるのか?

近年、ネット証券やFX会社の台頭は著しく、為替は以前よりも身近で気軽に始められるものになってきて...

世界の通貨発行権はロスチャイルドにある?その陰謀論とは?

「ロスチャイルド」と言えば、陰謀論などの類では、しばしば耳にすることが多く、実際、この名前だけな...

GDPから経済成長率を知るには?計算方法をおさらいしよう!

ニュースや新聞では、「GDP」や「経済成長率」といった言葉が盛んに飛び交い、その国の成長率を知るため...

アベノミクスは失敗したのか?その責任は誰がどう取るべき?

2012年12月に発足した、第2次安倍内閣によるデフレ経済脱却のための政策を、安倍首相の名前に因ん...

今更聞けない!1kとは一体いくら?1kはお金だけじゃない?

最近、SNSやネットの掲示板でよく目にする「1k」という表記。 「今日は株で30k回収成功!」...

親の土地を子供が貰った!税金としてお金を払うってホント?

世界では、だいたいの国に税金というものが設けられています。 日本も、さまざまな税があり、ひとつひと...

根抵当権の極度額を増額したい!その変更費用はどのくらい?

事業者であったり不動産投資を行ったりしている方には、根抵当権を設定している方もいることでしょう。...

新築は固定資産税がお得?支払いはいつから始まるの?

新築を考えた際、賃貸ではかからない固定資産税などの支払いが生じます。 固定資産税に対する軽減措...

確定申告で世帯主や所得に関する記載を間違えたらどうなる?

確定申告する際には、様々な書類を用意します。 忙しい中、締め切りの3月15日に合わせて書類を作...

なぜ通貨偽造罪は重罪なのか?通貨の信用が国家を揺るがす

お金がたくさんあれば、と誰でも夢に見るものです。 宝くじが売れるのも、億万長者になれるかもしれない...

戦前と戦後の違いは?不動産の概念はどのように変化したか

2018年で第二次世界大戦の終戦後73年となります。 終戦時に焼け野原だった日本は73年経った今で...

根抵当権抹消手続きの流れ!原因などを書く申請書の記入方法

住宅を購入したときなどに、住宅ローンを組むこともありますよね。 このとき、抵当権もしくは根抵当...

ボーナスにかかる税金の計算方法は? 支給額100万円の場合

ボーナスをもらうときってうれしいものですよね。 あなたの何ヶ月かの頑張りが評価された証です。 で...

高額の宝くじが当たったら銀行?損をしないお金の使い方!

誰もが一度は見る夢。 それは、宝くじの高額当選ではないでしょうか。 もし、3億円当たった...

通貨発行益とは?仮想通貨との関わりもわかりやすく解説!

新聞や経済誌を読んでいると、「通貨発行益」という言葉を目にすることがあります。 また、近年では...

スポンサーリンク

1KのKとは1,000を意味する単位

1Kというと「4Kや8Kなどテレビのこと?」と思う人もいるでしょう。

確かに、テレビの解像度は4Kや8Kと表します。

しかし、1Kという解像度はありません。

フルハイビジョンと呼ばれるもので2K、その上を行く超高画質画像が4Kや8Kといった解像度です。

テレビは画面が大きくなればなるほど画像が粗くなります。

しかし、画素数を増やすことによってその課題を乗り越え、大画面でもくっきり美しく見えるようになるのです。

解像度が2Kの場合、およそ横2,000×縦1,000の画素が集積しているといいます。

4Kでは倍の横4,000×縦2,000、8Kではさらに倍の横8,000×縦4,000ほどの画素が集まっています。

この2K、4K、8Kの「2」、「4」、「8」の数字は、それぞれの横の画素数である「2,000」、「4,000」、「8,000」に由来しています。

つまり、Kが1,000を意味しているのです。

K=1,000と聞いて思い出されるのは、kgやkmの「K」ではないでしょうか。

kgは「キログラム」、kmは「キロメートル」と読み、それぞれ重さの単位、距離の単位として使われていますよね。

1kgは1,000gですし、1kmは1,000mです。

このほかにもKは1,000を表す単位として、お金の金額を示す場合があります。

詳しく説明いたしましょう。

金額を1,000の単位であるKを使って表記する理由

株や為替取引の帳簿をつける際、1,000を表す単位Kを用いて金額を表記することがあります。

1,000円を1K、2,000円を2K、3,000円を3Kと書くのです。

さらに金額が増えると下記のようになります。

・5K=5,000円
・50K=50,000(5万)円
・500K=500,000(50万)円

金額が大きくなればなるほど、0(ゼロ)をいくつも並べて書くより「,000」を「K」で表した方が省スペースですし、間違いも起こりにくくなりますよね。

この原理はネットの世界でも使われているようです。

かつて2チャンネルや掲示板などでは、文字数制限がなされていました。

そのため、例えば要らなくなったゲーム機などを売りたい場合「プレイヤー5K」などと表記していたのです。

5,000円と書くより文字数が少なくて済みますよね。

この流れは現在でも続いており、オンラインゲームや株為替取引のブログなどではお金の金額をKで表しているようです。

ちなみに、5,000円なら5K円と書くより、5Kもしくは¥5Kと表記するのが一般的です。

金額を表す単位は3桁ごとに切り替わる

1,000の単位であるKを使って金額を表示すると、慣れないうちはいくらを指しているのかピンと来ませんよね。

1Kは1,000円ですから2Kが2,000円を指すことはわかっても、20Kとなると一瞬いくらのことかわからなくなってしまいませんか。

次のように、Kを「,」(カンマ)で区切られた「0」(ゼロ)3つ分に当てはめるといいようです。

・1K=1,000(1千)
・10K=10,000(1万)
・100K=100,000(10万)

200Kなら「200」と「,000」を合体させて「200,000」、つまり20万円というわけです。

では、1,000,000(100万)円は1,000Kかというと、そうではありません。

ここからはKではなく、1M(メガ)という単位に変わります。

その後も1,000ごとに下記のように単位が切り替わっていきます。

・1K=1,000(1千)
・1M(メガ)=1,000,000(100万)
・1G(ギガ)=1,000,000,000(10億)
・1T(テラ)=1,000,000,000,000(1兆)

メガやギガはすでにGB(ギガバイト)やMG(メガバイト)でお馴染みですよね。

海外では数字を3桁ごとにカンマで区切るのが一般的ですので、1,000ごと=3桁ごとに単位が切り替わるのは都合が良いのです。

そのため海外との取引が多い金融や投資の世界では、こうした表記がよく用いられているというわけです。

不動産業界の1Kは1,000の単位でも金額でもない!

ここまで1,000の単位としてのKを使ったテレビの解像度やお金の金額を示すことについて見てきました。

しかし、それらとは全く異なる意味を持ったものがあります。

それが不動産業界における1K(「ワンケー」と読みます)で、部屋の間取りを表しています。

1KのKは「キロ」ではなく、「キッチン(=Kitchen)」を指すのです。

1Kとは「キッチンが1つ」のことではなく、ここが紛らわしいのですが、「キッチン+居室が1つ」を表しています。

2Kなら「キッチン+居室が2つ」、3Kなら「キッチン+居室が3つ」です。

キッチンの数はあくまでも1つであり、Kの前の数字が居室(主に寝室のこと)の数を示しています。

賃貸物件が1Kであれば、通常「キッチン+居室1つ+トイレ+風呂(もしくはユニットバス)」の間取りです。

同じように間取りを示す用語に、1DKや2DK、1R、1LDK、2LDK、3LDKなどがあります。

1K同様、単身者向けの間取りをご紹介しましょう。

1K、1DK、1Rは単身者向けの間取り

不動産業界で使われる1Kとは、前述したように、Kという何かの単位が1個ある、という意味ではなく、KとはKitchen(キッチン)のことを指し、「1つの居室(=寝室)+キッチン」の間取りを示しています。

寝室が1つですから、1Kは単身者向けの間取りと言えるでしょう。

同様に、寝室が1つの間取りには以下のようなものがあります。

・1K(ワンケー):1つの居室+キッチン(Kitchen)
・1R(ワンルーム):1つの居室(Room)のみ
・1DK(ワンディーケー):1つの居室+ダイニングキッチン(Dining Kitchen)

いずれも単身者向けなので、寝室が複数あるファミリータイプの物件より金額は低めに設定されています。

しかし、立地条件や部屋の広さによってはファミリー向け並みに金額が上昇することもあります。

また、同じ立地条件、同じ広さであっても、間取りによって使い勝手が良かったり悪かったりしますから、しっかり見学をして自分のライフスタイルに合った物件を選ぶようにしましょう。

1K、1DK、1Rの違い

単身者向けの間取りである1K、1R、1DKをもう少し具体的に比較してみましょう。

まず1Rは部屋の単位としては最小で文字通りワンルーム、キッチンがついていても仕切られていません。

料理を作るところ、食べるところ、寝るところがすべて一緒です。

オープンスペースなので開放的ですが、部屋そのものが広くないと料理のにおいが充満したり、お客さんが来た時などに困るかもしれません。

その点1Kはキッチンが扉で仕切られているため、部屋が2つ区別されています。

臭いが充満する心配はありませんが、キッチンが通常4.5畳未満と狭いため、寝室で食事をするようになるでしょう。

キッチンスペースが4.5~8畳と広いのが1DKです。

料理を作るところと食べるところがきちんと独立した1部屋として確保されていますから、お客さんが来ても寝室のプライバシーが守られます、

ただその分金額が高く、予算の関係で1Kもしくは1Rを選ばざるを得ない場合もあるでしょう。

いずれの間取りも寝室が1つですが、広さにより印象がだいぶ変わります。

家賃も平米数も1件1件異なるため、百聞は一見にしかず、実際の物件をよく見て決めてくださいね。

お金の単位としての1Kは1,000円、部屋の間取りとしての1Kは寝室+キッチン

「1K」は金額を表す単位で1,000円を意味する場合と、部屋の間取りを表す場合があります。

金額の単位として使われる場合は、主にビジネスかインターネットにおいてです。

間取りとして使われる場合は不動産の賃貸物件においてです。

1Kは、使われる文脈によってずいぶん違った意味になるのですね。

 - 経済, 通貨