ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

マンションでのピアノ演奏が騒音に!?トラブルを防ぐ対策法

2019.7.8

趣味や仕事などの関係で、マンションで楽器の演奏をする方もいます。

その中には、私たちにとって身近な楽器であるピアノを演奏する方もいるでしょう。

ピアノは美しい音が特徴ですが、マンションなどの集合住宅では、時として騒音の元となり得ます。

今回は、その対策法についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

アパートの管理会社に電話をかけるときのマナーや注意点は?

アパートに住んでいる人は、暮らしの中で不明点があったり、トラブルが起きた際に、管理会社に電話をか...

アパートを退去する際の大家さんや管理会社への電話のかけ方

転勤や引っ越しで、今住んでいるアパートを退去することになった人も大勢いますよね。 みなさん...

アパートに光回線を引き込みたい!大切な大家さんの許可

アパートなどの賃貸物件で暮らしている方でも、光回線で気軽にインターネットを楽したいと考える方もい...

アパートの更新料が高い!賃貸物件に更新料はなぜ必要なの?

アパートに住んでいる方はご存知かと思いますが、賃貸住宅は2年に1度、更新手続きをとらなければなり...

新築住宅で後悔しないように!知っておきたい窓の失敗

新築住宅を計画する際、どのようなことを重視していますか? 多くの人が間取りやデザインなどを重視...

寮?アパート?高校から親と離れて暮らすということ【関西】

個人的には、高校生くらいまでは親と暮らして学校生活を送るのがいいと思いますが、事情があってできない...

アパートの水漏れ事故の賠償責任と万が一の対策とは

アパートやマンションに住んでいると、思いもよらない事故に遭遇する場合があります。 隣戸の火災の延焼...

アパートの防音は壁の何が大事?

アパートの隣人の音は、気に障るものです。 アパートの壁の防音対策が大事だということはわかっていても...

nhkのbs受信料と居住先のマンションのアンテナの関係

nhk受信料は、家にテレビを設置した人がnhkに支払う料金です。 しかし、nhk放送を見ていな...

アパートのオーナーになる心構え!近隣や住人への挨拶が大切

これからアパート経営をしたいオーナーように向けて、いくつかの心構えをお話します。 新築にてアパート...

アパートの光熱費!契約の注意点やお得な支払い方法とは?

光熱費と言えば、一般的に電気代やガス代、それに灯油などの燃料費を指します。 アパートの契約時で言え...

2階にキッチンを作る間取りプランのメリット、デメリット

家を建てるとき、キッチンやリビング、ダイニングなどは、以前は1階に作るのが当たり前でした。 皆さんも...

アパートの部屋番号のつけ方には一定のルールはあるのか?

アパートの住所は、同じアパートであれば番地まではみんな同じですね。 1階の部屋と2階の部屋の違...

アパートに住む人必見!洗濯機を回しても問題ない時間帯は?

アパートなどの共同住宅に住んでいると、近隣との騒音トラブルが起こることがあります。 特に、大き...

【アパート経営】エアコン等・設備の修理代は絶対貸主負担?

アパート経営を始めてまもない新米オーナーさんにとって、高額な設備の修理代や交換費用などの出費は悩まし...

スポンサーリンク

マンションでピアノが騒音に?大きな音はピアノの構造が関係

ピアノは、子供の習い事としての人気もありますよね。

上達するには日常的にピアノに触れて、とにかく音を出す必要があります。

しかし、マンションなどの集合住宅では、このピアノの音が近隣住民にとって騒音となってしまうことがあるのです。

では、そもそもなぜピアノが騒音となりやすいのでしょうか。

それには、ピアノの構造による音の大きさが関係しています。

ピアノは、内部にある弦を、小さなハンマーが下から叩くことにより音を発します。

この動作だけでは、それほど大きな音にはならないのではないかと思う方もいるでしょう。

しかし、ピアノは内部の弦の片側を支える役割りを持つ駒が、中心部分にある響板の上に乗っている構造です。

そのため、駒を通して響板の隅々までその弦の振動が伝わるのです。

響板は、あの大きなピアノが全体で発する空気を振動させるため、それによりピアノの音が大きくなるのです。

小さな音であればまだしも、このような大きなピアノの音は、学校の音楽室やレッスン室など以外では、当然騒音になり得るでしょう。

マンションでのピアノの騒音対策①防音室を造る

ここからは、マンションでのピアノの騒音対策をご紹介していきます。

まず、徹底的にピアノの騒音対策をするのであれば、マンションに防音室を造るほかありません。

ピアノ講師を職業としている方や、子供が本格的にピアノを習っていて、音大を目指しているような方には必要なことでしょう。

しかし、防音室をマンションに造るということは、それに関する工事を行なう必要があります。

工事内容としては、現在ある壁や床などを防音性のあるものに変えなければなりません。

つまり、大きくマンションをリフォームすることになります。

大掛かりな工事になり、工事の期間も2週間近くかかることが予想されるため、自分の判断だけでマンションに防音室を造ることはまずできません。

また、そのようなことはおすすめもできません。

当然ですが、周囲の住人や管理組合に許可をもらう必要があります。

マンションでのピアノの騒音対策②組み立てタイプの防音室を造る

組み立てるだけで設置できる防音室というものもあります。

組み立てるタイプの防音室は、工事を必要としないため、コストを抑えて騒音対策ができます。

しかし、この組み立てるタイプの防音室は、どのようなものを選ぶかが重要です。

防音室を工事するのであれば、業者が色々なアドバイスをしてくれ、適したものを提案してくれるでしょう。

しかし、組み立てるタイプの防音室は、購入する防音室を自分で決めなければなりません。

ここでは、組み立てタイプの防音室の適正を、楽器ごとに見てみましょう。

・声楽

声楽は、椅子などに座らず立った状態で声を発することが多いです。

そのため、声が突き抜けるよう、天井に高さのあるものが適しているでしょう。

・サックス

サックスは、そのスタイリッシュな佇まいで、趣味として愛用している方も多い楽器です。

中でも、テナーサックスなどは110dBと、非常に大きな音を発します。

マンションに組み立てタイプの防音室を設置するなら、1.2畳以上のものを選ぶようにしましょう。

・ヴァイオリン

ヴァイオリンは、数ある楽器の中でも高音を発する楽器です。

また、腕を大きく動かして音を発する楽器のため、1.5畳以上の広々としたものがおすすめです。

・ピアノ

最後にピアノですが、ピアノとぴったりのサイズを選ぶと音が壁に素早く反射し、耳に大きな音がダイレクトに響くことが考えられます。

そのため、少なくとも3畳以上のものを選ぶとよいです。

ピアノをマンションに設置している方は、ピアノと一緒にこれらのほかの楽器を持っている方もいるでしょう。

上記の楽器ごとの防音室を参考にし、自分に合ったものを選んでください。

ピアノタイプ別騒音対策①アップライトピアノをマンションに設置

ピアノは、グランドピアノとアップライトピアノに大きく分けられます。

では、それらをマンションに設置する場合、騒音対策にも違いがあるのでしょうか。

まず、アップライトに適した騒音対策について見ていきましょう。

グランドピアノに比べて、身近なタイプがアップライトピアノです。

アップライトピアノは、内部を大きな箱で覆うようなデザインです。

そこから音を発するため、その箱の後ろ側に騒音対策を施しましょう。

以下のようなアイテムを設置するのもよいです。

【東京防音株式会社 ホワイトキューオン】

アップライトピアノは、壁際に設置することが多いです。

このホワイトキューオンを壁に設置すれば、音を吸収し、部屋に分散することができます。

価格も1枚19000円と、コストを抑えて騒音対策したい方におすすめです。

ピアノタイプ別騒音対策②グランドピアノをマンションに設置

次に、グランドピアノに適した騒音対策を見ていきましょう。

グランドピアノは、内部全てを箱で覆っているアップライトとは違い、内部が大きくむき出しになっているデザインです。

音がダイレクトに響くため、壁や天井など、各所に騒音対策が必要になるでしょう。

また、ピアノの鍵盤を叩く音は、床に響きやすいです。

これは、アップライトにも同様のことが言えるため、双方ともに床の騒音対策は重要です。

そこで、おすすめなのがこの商品です。

【タンスのゲン株式会社 ジョイントマット】

大きな音も吸収する厚さのあるマットです。

また、ジョイントマットのため、部屋の大きさや形に合わせて組み合わせることもできます。

グランドピアノかアップライトピアノに関わらず、このようなマットを床に敷けば、マンションの近隣住民への騒音被害を減らせるでしょう。

これからマンションを探す方に!楽器の演奏が可能なマンション

ここまで、マンションにおけるピアノの騒音対策をご紹介してきました。

これからマンションを探そうとしている方には、楽器の演奏が可能なマンションを選ぶこともおすすめです。

このようなマンションを選ぶ場合には、一度内見するとよいでしょう。

そこには、ピアノなどの楽器が設置されていることが多く、実際に演奏してみて音の響きを確認することもできます。

ただ、普通のマンションに比べて、楽器の演奏が可能なマンションは価格も高い傾向にあります。

そのため、ピアノを演奏するためには多少のコスト増も致し方ないと考えられる方におすすめです。

しかし、楽器の演奏が可能なマンションは人気も高いです。

いかにピアノを演奏する方達が、騒音とならないよう苦慮しているかが伺えますね。

また、注意点として楽器の演奏が可能なマンションは、数がそれほど多くないため、すぐに契約が決まってしまうことも考えられます。

契約を検討するなら、迅速に進めていきたいところですね。

ピアノの音を癒しに!演奏時間などにも注意して騒音を防ごう

ピアノの音はとても美しく、聴く方の心を癒すものでもあります。

しかしその音は、時として騒音となってしまうことがあるのも事実です。

特に、マンションなどの集合住宅は音が近隣に響きやすく、それが元で騒音トラブルにもなりかねません。

ご紹介した騒音対策に加え、ピアノを演奏する時間帯などにも気を配ることも大切でしょう。

せっかくのピアノの音をトラブルに元としないためにも、重要なことと言えるでしょう。

 - マンション, 住宅