窓に断熱シートを貼ると省エネになる!?断熱の重要性とは

窓に断熱シートを貼ろうとお考えの人はいらっしゃいませんか。

しかし、自分で貼るとなると、どのように貼ったら良いか、またどの断熱シートを選べば良いか分からないことが多いですよね。

当記事ではおすすめの断熱シートや、貼り方についてご紹介していきます。

また、断熱シートの重要性などについてもくわしくお話ししていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

窓枠のゴムパッキンの役割は?カビとり・交換方法をご紹介!

窓枠のゴムパッキンは、結露によりカビが生えてしまうことがありますよね。カビが生えたまま放置す...

窓に取り付ける防犯グッズは100均のものでも効果的?

皆さんは、窓の防犯対策は何かしていますか?近年ではすっかり、住まいや自分の身の安全は、自分で...

窓用換気扇で強力排気!空気のきれいなお部屋にしよう

換気扇のイメージは「台所やお風呂に取り付けられているもの」と思われがちです。しかし、リビ...

準防火地域での木造住宅の防火対策は「軒天」がポイント!

近隣で火災が起きたとき、延焼しやすいのが「軒天(のきてん)」です。軒天とは、外壁から出ている...

容積率は前面道路の幅員によって変わる!?角地の場合は?

土地に対してどの程度の規模の建築物が建てられるかを表す容積率ですが、都市計画で定められた容積率が...

窓には「遮熱フィルム」と「ペアガラス」どちらが有効?

冷暖房の効率を上げるには、「窓」の見直しが重要です。家の壁には断熱材を使って断熱対策がで...

bs放送を見る方法は?アパートに住む方は今すぐ見れるかも?

近年地上波放送以外のテレビコンテンツが注目を集めています。海外サッカーやテニスなど、地上...

窓に貼るシート!断熱や遮光などさまざまな対策が出来る!

窓からの冷気や、窓からの紫外線などでお悩みの方はいませんか?窓に貼る断熱シートや遮光シートを...

賃貸でもOK!納戸にメタルラックを設置してすっきり収納!

賃貸物件では、収納スペースが少ないことが多いですよね。しかし、もしもお住まいの物件に納戸...

同居を解消したい!なぜ話し合いが必要なの?ローンは!?

長く不動産の仕事をしていると、同居を解消して家を売ったり、また別に家を建てたり、といったケースに出...

木造のカーポートをDIYで作成して不動産の価値を高めよう!

「所有している不動産の価値を上げたい」、「そして、出来るなら自分の手で行いたい」と思っている人は...

家賃と管理費に消費税はかかるのか?

賃貸物件を借りる際に、物件によっては家賃と別に管理費や共益費を支払うことがあります。その場合...

窓からの隙間風で寒い!そんなときはテープで簡単解決!

寒く、強い風が吹くことが多い冬に、窓から「ピーピー」と音が鳴っていることはありませんか。音の正...

窓のハンドルトラブル!自分で修理する方法や注意点

窓のなかには、開閉方法にハンドルを使うタイプのものがあります。とてもおしゃれな反面、強度...

賃貸不動産は何が課税対象?敷金礼金は消費税がかかるの?

これから新居を探す方は、引越し費用と引越し時期に非常に悩んでいると思います。特に消費税がいつ...

スポンサーリンク

窓に断熱シートを貼る理由とは

まず、窓に断熱シートを貼るのは何故でしょうか。

単純に「部屋が寒い」という理由からでしょうか。

断熱シートを正しく貼るには、断熱について正しい知識を持つことが大切です。

ここでは、窓と熱の関係についてお話ししていきましょう。

「熱」は、高いところから低いところへと移動し、同一の温度になるという性質があります。

たとえば暑い夏、部屋の中を冷房で冷やした場合、室外の熱い空気が窓を通して部屋の中に入り込みます。

逆に寒い冬は、暖房で部屋を暖めても、窓から暖かい空気が室外へと流れてしまうのです。

住宅の外壁は断熱材を使用していることが多いので、壁から熱が逃げてしまうことは対策されていることになります。

しかし、窓はガラス1枚で室内と室外を分けています。

そのため、窓は住宅の中で熱を通しやすいという場所という性質があるのです。

たとえば、採光を優先して大きな窓をリビングにたくさん設置すると、それだけ窓から熱の移動が行われることになります。

その結果、冷暖房の効きは悪くなりますよね。

このため、冷暖房効率を上げるためにも、窓に断熱シートを貼り、熱の移動を遮断することが重要となるのです。

断熱シートは季節によって異なる?

窓に断熱シートを貼ることで、熱の移動を遮断する効果があることが分かりました。

そんな断熱シートですが、使用する季節によって選ぶものが変わります。

断熱シートには夏用・冬用・オールシーズン用と3つの種類があり、用途や性能が異なるというのです。

以下でくわしくご説明していきます。

●夏用断熱シート

主に、直射日光による熱を遮る効果が期待できます。

それとともに紫外線も遮断しますので、室内に置いてある家具の劣化も防ぐことができるでしょう。

とにかく夏場の冷房効果を上げたい、という人は夏用断熱シートを選ぶと良いでしょう。

●冬用断熱シート

冬の窓に起こりがちな、結露の発生を抑制する効果が期待できます。

断熱効果が高いので、暖房の効きが悪く感じる人はこちらを選ぶと良いでしょう。

●オールシーズン用断熱シート

夏用、冬用の両方の性能を兼ね備えたものになります。

万能な断熱シートなので、どの断熱シートを購入しようかお悩みの方へはオールシーズン用をおすすめします。

断熱シートを選ぶ際の注意点とは?

断熱シートはガラスのような「透明タイプ」だけではありません。

「半透明タイプ」もあり、曇りガラスのように室内を目隠しすることができるものもあります。

上記は好みのタイプを選ぶようにしましょう。

また、断熱シートが貼れないタイプの窓があります。

たとえば自宅の窓が特殊加工された窓ですと、断熱シートを貼るのに適さない窓があるのです。

以下で主な窓の種類をご紹介します。

●熱射反射ガラス、

金属酸化物をガラスの表面に施してあるため、直射日光を反射する特徴があります。

●熱線吸収ガラス

熱を吸収することができるので、ガラスを通過しようとする熱の量を抑えることができます。

●網入りガラス

金網がガラス内部に入っているので、ガラスが割れた際、飛散を抑える効果があります。

●真空2重ガラス

2枚のガラスを重ねて1枚ガラスにしています。

一般的なガラスと比べるとおよそ4倍の断熱効果が期待できます。

以上のような窓ガラスは、すでに特殊な加工が施されています。

断熱シートを貼ることで、窓ガラスが割れてしまう「熱割れ現象」が起こる可能性がありますので、使用は控えるようにしましょう。

窓に断熱シートを貼ってみよう!①

窓に断熱シートを貼ろうとお考えの人のために、ここでは断熱シートの貼り方をご紹介していきます。

【準備するもの】

・断熱シート
・霧吹き
・定規
・サインペン
・カッター
・ぞうきん

断熱シートはホームセンターや100均ショップで購入できますので、自分に合った種類のものを用意しておきましょう。

また、霧吹きは断熱シートを貼る上で必須アイテムとなります。

霧吹きも100均ショップで購入できますので、用意しておきましょう。

【事前準備をする】

断熱シートを貼る前に、事前準備として窓ガラスの表面を掃除しておきます。

室内側の窓ガラスは、ほこりや汚れ、油分などで案外汚れているのです。

汚れた状態で断熱シートを貼ると、うまく貼れなかったり、すぐに剥がれてしまう原因になります。

そのため、ぞうきんで水拭き→乾拭きして、ガラス表面をきれいにしておきましょう。

窓に断熱シートを貼ってみよう!②

続いても、断熱シートのくわしい貼り方をご説明していきます。

【断熱シートの貼り方の手順】

①断熱シートをカットする

窓ガラスの大きさを計測し、それに合わせて断熱シートをカットします。

貼った際に隙間があると、きちんと断熱されませんので、しっかり計測しましょう。

②窓ガラスに水を吹きかける

霧吹きに水を入れて、窓ガラスに水を吹きかけましょう。

水が垂れてしまうくらい、たっぷり吹きかけてください。

③断熱シートを貼る

断熱シートを窓ガラスに貼っていきます。

この時、断熱シートの窓ガラス側に張り付ける面を間違えないように注意してください。

断熱シートの上部を窓ガラスの角に合わせて、手のひらで押し当てて張り付けていきます。

貼っている途中で粘着力が足りないと感じたら、その部分だけ再び水を吹きかけましょう。

④完成

断熱シートを貼り終えたら、完全に乾くまで放置します。

乾くと密着しますので、完全に乾いたら完成となります。

シートが剥がれてしまった場合は、再び水を吹きかけて貼りなおすことが可能ですよ。

窓に貼ろう!おすすめの断熱シート

断熱シートを購入するにあたって、どの商品を選べば良いか迷ってしまう人もいるでしょう。

ここではおすすめの断熱シートをご紹介していきます。

断熱シート選びの参考にしてください。

【株式会社ニトムズ:省エネ 窓ガラス断熱シートクリア】

サイズ:2㎜×90㎝×180㎝

価格:1779円

紫外線を99%カットする、オールシーズン用の断熱シートです。

シートの透明度が高く、外の景観を邪魔しません。

水を使用して貼るタイプなので、貼りやすく剥がしやすい断熱シートです。

【株式会社ニトムズ:遮熱・断熱アルミシート】

サイズ:4㎜×90㎝×90㎝

価格:1998円

アルミによる反射効果で、高い遮熱・断熱効果が期待できます。

反射効果が高いと冷暖房効果が上がるので、省エネ効果が期待できるでしょう。

こちらも紫外線を99%カットする、オールシーズン用の断熱シートになります。

【株式会社窓際貴族:ウィンドフィルム】

サイズ:0.3×60㎝×90㎝

価格:3780円

デザイン性の高い断熱シートで、断熱・紫外線カットも期待できます。

選べるデザインが非常に多く、インテリアの1部として取り入れても良いでしょう。

窓に断熱シートは必要!冷暖房効率を上げよう

断熱シートは冷暖房を使う上で、窓からの熱を遮断する重要なアイテムです。

当記事で断熱シートについての重要性をご理解いただけたかと思います。

また、断熱シートとひと口で言っても、種類や特性はさまざまです。

ぜひ、ご自分に合った断熱シートを見つけて窓に張り付けましょう。

そして、夏涼しく冬暖かい部屋で快適に生活しましょう。