窓に貼る様々なシートは簡単に貼れる!貼り方をご紹介!

窓に貼ることのできるシートは、たくさんのものが販売されていますよね。

防災・防犯のためのシートや、遮光をするものや、部屋の雰囲気を変えてくれるものなど、実に様々です。

しかし、それらを貼ろうとするとなかなか苦労することもあるでしょう。

そこで、当記事では簡単にできる、シートのきれいな貼り方について、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

工事現場の看板にある建築主の名前は必ず書くべきなのか?

近所の空き地に家を建てている場合など、工事現場の道沿いに看板が掲げてあるのをご存知でしょうか。そ...

管理会社の賃貸物件におけるクレーム対応の仕組みと方法

賃貸アパート、マンションに長くお住まいですと隣の住人からの騒音、設備の故障など様々なトラブルが起こる...

準防火地域は防火サッシが必要?シャッターをつければ解決!

新築予定の方で、まだ土地を探している段階の方は、準防火地域といった言葉をご存知でしょうか。...

窓からの隙間風や音をなんとかしたい!原因別対策法を紹介!

寒い冬に窓からピューっと、冷たい隙間風が入ってくる、そんな経験はありませんか?また、隙間風の...

納戸の棚やデッドスペースを余さず有効に活用する収納術

家の間取りを考える上で、意外と重要なのが収納スペースではないでしょうか。マンションなどでは、...

マンションの窓にある三角のマーク!これは何を意味してる?

高層マンションなどの窓に、三角のマークがついているのを見かけたことのある方もいるのではないでしょ...

木造賃貸住宅にまつわるお悩み解決!自分でできる防音対策

木造賃貸住宅にまつわる悩み事の中で、特に生活に影響が出るのが音の問題です。こちらが隣家に迷惑...

義両親との同居を解消したい!円満にすすめる方法とは

義両親との同居に至るまでには、各家庭ごとに事情があると思います。しかし、義両親とはいえ他人同...

bs放送を見る方法は?アパートに住む方は今すぐ見れるかも?

近年地上波放送以外のテレビコンテンツが注目を集めています。海外サッカーやテニスなど、地上...

窓掃除ロボットとはどんなもの?使い方と選び方とは?

近年、掃除を行ってくれるロボットが注目されています。掃除を行う手間や時間から開放されるため、購...

敷金の返却はいつ頃?敷金が返却される基準や時期とは?

引っ越しを考えていたり、もうすでに引っ越しをしようとしている方の中には、敷金の返却について心配を抱え...

入居者が窓に防犯フィルムを貼ったまま退去!はがす方法は?

なにかと物騒な世の中ですから、防犯のために、自ら対策をしている入居者も多いのではないでしょうか。...

登記をやり直す!?持分変更にはどれくらいの費用がかかる?

不動産の所有は単独のことも多いのですが、夫婦で共同購入する場合などは持分を登記し、複数人で所有す...

賃貸の仲介手数料と消費税をしっかり理解し正しい契約を

賃貸契約をする際に支払う項目は、いろいろあります。中でも仲介手数料は、不動産によって家賃の1...

「建築面積」を計算する時の庇や柱についての注意点とは

「建築面積」とは、簡単に言うと、「建物を上から見た面積」です。この面積が建物を建てる時にどの...

スポンサーリンク

貼り方が気になる!窓のシートの種類

窓に貼ることができるシートの種類は実に多くの数が販売されています。

貼り方のご紹介の前にまずは、どのようなものがあるのかについて、ご紹介していきます。

【飛散防止シート】

台風や地震が起こった際に窓ガラスが割れてしまい、飛び散ってしまうことを防ぐものです。

強い風が吹いたときに「ガタガタ」と大きな音を立てる窓ガラスを怖く感じる方も多くいることでしょう。

それらの音を和らげることができます。

【プライバシー保護シート】

屋外から室内を見えないようにするためのシートになります。

「外からの視線が気になる」という方におすすめのシートです。

【防犯フィルム】

これは、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

目の届きにくい場所の窓に貼ることで、防犯性を上げることができます。

【遮光シート】

夏場に使用をおすすめしたいシートです。

このシートを貼っておくことで、暑い日差しを遮り、エアコンの効きがよくなるでしょう。

【デザイン性のあるシート】

窓をインテリアの1つとして活用するときにおすすめなシートです。

シートに模様が入っているので、好みのものを選んでみてください。

窓に貼るシートの上手な選び方とは

ご紹介した通り、窓に貼るシートには、たくさんの種類があります。

これらのシートの選び方に困っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、種類別にご紹介していきます。

【飛散防止シート】

飛散防止の機能は、実は窓に貼るシートの多くが持っているものになります。

このシートの選び方はシートの厚さにあります。

通常、シートの厚さは50ミクロンあるのが好ましいとされています。

大きめの窓ガラスに貼るときには、70ミクロン以上のものであれば、安心でしょう。

【プライバシー保護シート】

このシートは実に様々なものが販売されています。

ミラータイプのものやスモーク・グレーなど色がついたものなどがあります。

部屋を明るくしておきたいのであればミラータイプ、少し暗くしたいのであれば、色のついたものがいいでしょう。

【防犯フィルム】

防犯フィルムは、飛散防止シートに比べると、厚みのある作りをしています。

実際に防犯対策として効果があるのは、350ミクロン以上とされています。

しかし、まれにこの数字に満たないのにも関わらず「防犯フィルム」として販売されていることがあります。

防犯フィルムを選ぶ際は注意しましょう。

【遮光シート】

このシートを選ぶときに着目していただきたいのが、「紫外線透過率」というものです。

多くの遮光シートは、この値が99%以上とほとんどの紫外線を遮ります。

これを選ぶ際には、この数値をチェックしましょう。

では、これらのシートはどのように貼ればいいのでしょうか。

次項から、貼り方をご紹介していきます。

窓シートの貼り方①下準備

ここまで、窓に貼ることのできるシートについてご紹介してきました。

自分で貼るとなったら上手く貼れるか心配になってしまいますよね。

そこで、自分でもできるシートの貼り方についてご説明していきます。

ちなみに、1人でも貼ることは可能ですが2人で行うと更にやりやすいでしょう。

【用意するもの】

・窓に貼るシート

・水の入ったスプレー

・食器用洗剤

・メジャー

・セロハンテープ

・雑巾

・ヘラまたはスキージ

これらのものはホームセンターなどで購入することができます。

まずは、シートを貼るための下準備です。

①作業スペースを確保する

作業が行いやすいように、窓の周辺にある家具やカーテンは移動をしたり外しておくといいでしょう。

②汚れないようにする

家具などを移動させたら、窓周辺が汚れてしまわないように対策をしておきましょう。

新聞やビニールシートを使うと、後片付けが簡単ですよ。

③石鹸水を作っておく

作業する工程で石鹸水を使用します。

スプレーの中に水と水の2~3%の食器用洗剤を入れて石鹸水を作っておきましょう。

④窓の掃除をする

先ほど作った石鹸水で窓をきれいにしておきましょう。

窓に石鹸水をスプレーし、ヘラを上から下へ滑らせ掃除をします。

窓周りは、雑巾で拭き取ってください。

窓シートの貼り方②シートを貼る

下準備ができましたら、いよいよシートを貼っていきます。

①シートを切る

まずは、窓に貼るシートを採寸し、サイズに合わせて切っていきます。

窓のサイズピッタリに切りたくなりますが、3~6cmほど大きめに切っておきましょう。

②窓を濡らす

先ほども使った石鹸水で窓の全体を塗らしていきます。

気になる量ですが、「石鹸水が水滴になって垂れてくるくらい」かなり多めに濡らしてください。

③シートを剥がす

シートのセパレーターを剥がします。

剥がしながら、セパレーターがついていた面に石鹸水を吹きかけましょう。

この作業は、2人で行うとスムーズです。

④窓に貼っていく

シートを窓の左右どちらかの窓に沿うようにして貼っていきます。

⑤空気・水を抜く

貼ることができたら、シートの全体に石鹸水をスプレーします。

その後、シートを押さえながら、スキージーやヘラを使って空気を水を抜きます。

⑥余分なシートを切る

大きめに切っておいたシートを切り取りましょう。

水抜きをすることを考えて、2~3cmの隙間ができるようにしてください。

⑦仕上げ

最後に、もう一度シートの全体に石鹸水をスプレーして水抜きをします。

出てきた水は、雑巾などで拭き取りましょう。

以上が窓のシートの貼り方となります。

業者に依頼するとどうなる?

窓のシートの貼り方についてご紹介してきましたが、やはり自分で貼ることに不安を感じる方もいらっしゃることでしょう。

このようなときには、業者に依頼していまうのも一つの手段です。

ここで気になってくるのが「作業時間と費用」ではないでしょうか。

業者に、シートを貼ってもらう依頼をすると「窓掃除はしておかないと」と思いがちですが、この掃除も業者が行ってくれます。

作業時間は、シートを貼る窓の場所や大きさによって時間が変わってきます。

また、費用に関しても「このくらい」と一概には言い難いです。

しかし、費用を抑える方法としては、「シートをオーダーメイドする」という方法があります。

なお、貼り方は先ほどご説明した方法で貼ることができます。

この場合、業者が貼るのではないので、費用を抑えることができます。

また、業者の選び方としては、依頼を考えている業者のホームページや口コミに目を通してみるといいでしょう。

ちなみに、フィルム施工技術士や防犯設備士といった資格のある業者もありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

窓にシートを貼るときの注意点

窓に貼ることのできるシートの貼り方についてご紹介してきましたが、「シートを貼ると割れてしまう窓ガラス」というものがあるのです。

シートを貼ると割れてしまいやすい窓ガラスとはどのようなものがあるのでしょうか。

それは以下のような窓ガラスです。

・ワイヤーガラス

・ペアガラス

・防犯ガラス

特に「断熱シート」を貼るときには注意をしましょう。

これらの窓ガラスは「熱割れ」という現象が起こることで割れてしまうのです。

なぜ断熱シートを貼ることで割れてしまうのかというと、窓に貼った断熱シートが太陽からの熱を吸収し、室内に入らないようにします。

このことで、室内は温度が上がりませんが、断熱シートの温度は上がってしまいます。

これと同時に、窓ガラスの温度も上がってしまい、熱割れを起こしてしまうのです。

先ほどあげた窓ガラスはそのリスクが高いのです。

そのため、貼ろうと考えている窓が、シートを貼っても大丈夫なのかをよく確認し、貼っていきましょう。

自分でシートを貼って快適に

窓にシートを貼るときの貼り方についてご紹介してきました。

目的に応じたたくさんの種類のある窓用のシートですが、そのほとんどは大変優れたものです。

しかし、その貼り方に自信がないという方もいらっしゃるかもしれません。

そのような方は、業者にも依頼ができますので安心してください。

また、自分でシートを貼ることができるなら、好きなときに好きなシートを貼ることができます。

自分の目的に応じて貼ってみましょう。