BSを契約してない方も必見!高画質ハイビジョン番組が見れる

現在、BSでは高画質なハイビジョン番組が見れると人気です。

同じく人気のCSに比べ、視聴料が基本無料な点も見逃せませんよね。

BSを見れるようにするには、どのようなポイントがあるのでしょうか。

今回は、BSを契約してない方にも有力となる情報をご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

工事現場の看板にある建築主の名前は必ず書くべきなのか?

近所の空き地に家を建てている場合など、工事現場の道沿いに看板が掲げてあるのをご存知でしょうか。そ...

窓のガラスフィルムが劣化!きれいな剥がし方を知りたい

窓は採光や通風のため、建物に必ず設置されています。しかし、採光を優先した大きな窓は、直射...

リビングの窓を高さ2200mmの掃き出し型にした場合のメリット

賃貸用の不動産の場合は、借り手が部屋を見学した時の第一印象が大事になるので、部屋を開放的に見せて...

窓にシャッターをつけると防音や防犯対策になる?

毎日生活していると、窓の外から聞こえてくる騒音が気になることがあるでしょう。反対に、自分の家...

準防火地域の窓は高価格!防火窓にはどんなものがあるの?

「準防火地域」というものをご存知でしょうか。この地域に住宅を建てるとなると、いろいろ注意をし...

冬がくる前に窓を断熱しよう!効果の高いプチプチがおすすめ

冬は暖房で部屋を暖めますが、いくら暖房をつけてもなかなか部屋が暖まらないと感じたことはありません...

着信音のベルはどんな音?電話の着信音の歌は使う人の個性

皆さんの家では電話のベルはどんな呼び出しの音がしますか。携帯電話やスマートフォンでは、着信音...

窓に貼ると期待できる隙間テープの効果とは?貼り方も必見!

窓に隙間がある場合、役立つ商品として人気なのが隙間テープです。その隙間テープを貼ることにより...

東日本でフレッツ光を解約する際の撤去工事や費用は?

光回線を使っていても、事情が変われば、解約する必要が出てきますよね。しかし、フレッツ光などの...

準防火地域は様々な規制がある!?外壁を板張りする方法は?

自己所有の土地だからと言って、どんな建物でも自由に建てられるとは限りません。私たちが暮らす街...

田園調布に豪邸を建てて優雅に住みたい!狙い目は何丁目?

田園調布という地名を聞いて、どんなイメージがありますか?やはり、「豪邸」や「高級住宅街」というイ...

窓掃除には新聞紙が最適!新築のようなきれいな窓にしよう!

晴れた日に窓を見るとかなり汚れていた、というご経験はありませんか。窓ガラスの外側の汚れは、ほ...

ルーバー窓には突っ張り棒での防犯が有効?その効果を検証!

「ルーバー窓」と呼ばれる窓があります。なかなか目にする機会がないかもしれませんが、実は、一戸...

登記の手続きで必要な書類とは?委任状や印鑑証明書も必要?

不動産登記を申請する場合には、いくつかの種類があります。不動産売買や贈与、もしくは相続による...

窓をきれいにしたい!簡単にできるルーバー窓の掃除方法

大掃除のときなどに行うことの多いのが「窓掃除」ではないでしょうか。そんな窓掃除の中でも、手こず...

スポンサーリンク

契約してないと損!?BSとCSは見れる番組も違う

BSと同じくよく耳にするのが、CSでしょう。

ここでは、両者の主な違いを項目にわけてご説明します。

・アンテナが違う

BSのアンテナは東経110度、一方CSのアンテナは124度および128度の軌道上に当初はありました。

そのため、それぞれに対応できる受信機が必要でしたね。

ですが、後に110度のCS放送が開始されると状況は変わります。

すなわち、110度のCS対応のアンテナと1台のチューナーによりBS・CS両者の受信が可能になったのです。

・番組が違う

高画質を駆使したハイビジョン番組が見れることが売りのBSに対し、チャンネルの豊富さがCSにはあります。

ちなみに、CSは専門性に長けた番組が見れると人気です。

・視聴料が違う

BSの民放放送は、基本的に視聴料が無料になります。

BSを楽しんでる方のなかには、契約してないと損だという意見もありますよね。

一方CSは、スカイパーフェクトTVとの契約しないとなりません。

そのため、番組を見れるようにするには、視聴料も必要になります。

契約してない方にも有用なBSセッティング方法①一戸建て

ここからは、住んでいる環境ごとのBSセッティング方法をご説明していきます。

BSは契約してないけど、これから考慮したいという方にも有用な情報でしょう。

まず、一戸建てに住んでいる場合は以下となります。

①BS放送用のアンテナを設置する

BSアンテナが設置されているか確認しましょう。

まだ設置していない方は、パラボラアンテナの設置が必須となります。

ちなみに、パラボラアンテナの設置は自分で行うことも可能です。

業者に依頼するのもよいですね。

②アンテナ端子の種類を確認しテレビと接続する

壁のアンテナ端子は、地上デジタル放送とBS・110度CSデジタル放送の2種類があります。

その種類を確認し、テレビに接続しましょう。

③B-CASカードカードをテレビに挿入する

B-CASカードカードは、テレビ購入時に同梱されていますよね。

このカードは番号認証が重要です。

それにより、見れる番組の制御がかかるのです。

契約してない方にも有用なBSセッティング方法②集合住宅

マンションやアパートなどの、いわゆる集合住宅に住んでいる方も多いでしょう。

集合住宅におけるBSセッティング方法はこちらです。

①BS放送・110度CS放送用の共用アンテナを設置しているか大家さんに確認する

まだ設置していない場合は、大家さんなどに依頼しましょう。

また、ベランダなどで個人的に設置することもよいですね。

その際は、アンテナを設置してよいか、大家さんに相談してから行ってください。

②アンテナ端子の種類を確認しテレビに接続する

この工程は、一戸建てと同じです。

集合住宅の場合、アンテナ端子が隙間ケーブルで設置されている場合もあります。

③B-CASカードカードをテレビに挿入する

この工程も、一戸建てと同じですね。

時々、カードを正しく挿入していないことが原因で、見れるはずのBSが見れないということがあります。

カードが正しく挿入されているかよく確認しましょう。

ちなみに、BSは契約してない方が見れないのは当然のことですよね。

ですが、まれに契約してるのに見れないこともあるのです。

次項でご説明します。

どうしたらBSが見れる?見れない原因①アンテナのトラブル

予約をした時間を過ぎても録画ができず、番組が見れないということはありませんか。

そのような場合は、レコーダーよりもBS自体に原因があることが多いものです。

契約してないのならまだしも、契約してるのに見れないのは困りますよね。

それには、アンテナのトラブルが関係していることもあります。

以下のポイントを確認しましょう。

・アンテナケーブルが抜けていないか

アンテナは、空中にある電波を取り込んでテレビに送る役目があります。

構造で見ると、アンテナケーブルによりアンテナとテレビは繋がっています。

そのアンテナケーブルを電波信号が通過する仕組みです。

その際、もしアンテナケーブルが抜けていたらどうなるでしょうか。

見れるはずのBSが見れないという状態になってしまいます。

また、アンテナが抜けている以外にも原因があることもあります。

BS対応のアンテナとケーブルを使用している場合、BSは見れるでしょう。

ですが、まれに見れないこともあるのです。

その場合、まずはアンテナ自体のトラブルを疑いましょう。

衛星からの電波をキャッチすることで見れるのが衛星放送です。

その際、アンテナの設置状況が重要となります。

角度が合っていない状態だと、電波をキャッチできないことになりかねません。

また、意外な盲点として、アンテナ自体の汚れも挙げられます。

表面が汚れていたりしていないでしょうか。

それ以外にも、故障や劣化などもトラブルに繋がる原因といえるでしょう。

このような場合は、早急に対応することが大切です。

どうしたらBSが見れる?見れない原因②チャンネル情報が反映されていない

平成30年の4月から5月に、BSデジタル放送で使用する周波数の削減が行われました。

また、また、それに伴い周波数の移動も行われました。

これにより、30年の12月から開始されるBS4K放送用の周波数を確保することができるのです。

ちなみに、デジタル放送においては倫理チャンネルと物理チャンネルは別物となっています。

そのため、周波数の移動を行うと見れるチャンネルが更新されるのです。

これは、通常放送波によるものでしょう。

以前にも、新しいBS放送の開始時やNHKによるBS再編時などに、情報が更新されました。

それにより、BSを契約してない方の契約が相次いだのも記憶に新しいでしょう。

ですが、このように更新された情報を受信できなかったテレビも多く見かけました。

特に、一部の番組が見れないという状態が多かったようです。

このような状態には、対応策があります。

現在見れるチャンネルを、しばらくの間受信しておいてください。

どのチャンネルでも構いません。

しばらくすると、更新された情報が反映されるでしょう。

BSが見れない場合はケーブルテレビという選択肢も

前項までは、BSが見れない原因をご紹介してきました。

ですが、これらの原因に対処してもまだ見れないということもあるでしょう。

その場合は、「ケーブルテレビを契約する」という方法も良いでしょう。

設置場所周辺に障害物があると、電波をうまく受信できないですよね。

ケーブルテレビからは、電波の状況に影響を受けることなく映像データをの受信ができます。

また、アンテナを設置できない状況の方もいるでしょう。

そのような場合にも、ケーブルテレビはおすすめです。

注意点としては、ケーブルテレビを使用するにはケーブルの引き込み工事が必須となります。

また、有線サービスの月額使用料も侮れません。

ですが、アンテナを購入する手間が無く様々な番組が見れる点などを考慮すると、ケーブルテレビの使用は有用といえるでしょう。

BSと同じく、ケーブルテレビを迷って契約してない方もいるでしょう。

そのような方にも有益な情報といえるのではないでしょうか。

BSを有意義に楽しむためには!?セッティング方法の熟知やトラブル対応が大事

BSは、高画質を駆使したハイビジョン番組が見れると人気です。

しかし、BSに関するトラブルで、契約してるのに見れないということも多いものです。

そのようなトラブルには、アンテナの不具合が関わっていることがあるでしょう。

また、更新されたチャンネルが反映されていないことがトラブルの原因の場合もあります。
これらのトラブルに早急に対応することで、BSを有意義に楽しむことができるでしょう。