床のワックス剥がれを発見!ワックスを塗る注意点やコツ

若い世代の方には、畳よりもフローリングに人気の傾向があるため、大家さんの中には、「床と共に全室フローリングにした」というケースも聞きます。

畳と比べるとお手入れのしやすいフローリングですが、月日の経過とともに、ワックス剥がれが気になりますよね。

今回は、フローリングのワックスについて、お話します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

保証会社に支払う家賃保証料!これらの仕訳のしかたとは?

賃貸契約を結ぶときに、家賃保証会社を利用する大家さんが増えてきています。これを利用している物...

家賃の延滞金(遅延損害金)は消費税扱い?賃貸と税金のお話

賃貸経営をしていて、借主から延滞金(遅延損害金)を受け取るようなことは、できれば避けたい事態ですよね...

窓の補助鍵は100均のものでも防犯対策に十分有効!

防犯意識の高い人であれば玄関などには色々な防犯対策をしていると思いますが、窓の防犯対策はされてい...

家賃5000円下げると起こる収益の差!他の値下げ方法はない?

空室対策として、家賃を5000円下げる交渉に応じることを余儀なくされた大家さん。収益を計算すると...

外からの視線を遮る!窓ガラスに貼った目隠シールの剥がし方

窓ガラスに貼るだけで、外からの視線を遮ることのできる目隠シールが人気です。デザインの豊富さも...

納戸の収納力をアップ!DIYで使いやすい空間にしよう

家の間取りの中によく見かけられる納戸は、ストック用品やシーズン用品など様々なものを収納できる場所...

オーナーに朗報!窓の防寒グッズはニトリで手軽に揃えられる

オーナーの皆さん、入居者からの「窓際が寒い!」という言葉を聞いたことはありませんか。特に寒く...

窓サッシをよりきれいに!掃除機で取り除けない汚れを撃退!

家の内と外を隔てる窓サッシは、外からの土埃や砂が溜まりやすく、気が付くと真っ黒に汚れていますよね...

オフバランスとは何ぞや!メリットは?わかりやすく説明

近年、日本でもオフバランス化するために、あらゆる手法で取り組んでいる企業や投資家が増えています。...

今すぐ点検を!窓の鍵がゆるいなら修理・交換必須!

長年使用している窓であれば、経年劣化により鍵がゆるくなることがあります。窓の鍵がゆるいと...

家賃や更新料の勘定科目は何?大家さんが多く使う科目を紹介

アパートなどの大家さんたちは、毎月仕訳を行います。入居者から家賃や更新料をもらった際はもちろ...

家の電気に虫が寄り付かなくなる方法!電気カバーも清潔に!

夏の夜、道路の街灯周りや自動販売機周りで、小さな虫が沢山集まって飛んでいるのを見たことがあります...

アパートのキッチンに収納を増やす方法をご紹介!

1Kのアパートの場合、キッチンが狭く収納が大変なこともあります。アパートに住んだことのある人...

ロフト部分が暑いときや下のフロアが寒いときなどの温度対策

限られた空間のなかで有効活用できるロフト。その活用方法は実にさまざまです。しかし...

窓ガラスだけでなく「さん」も綺麗に!簡単なお掃除術とは?

窓を掃除するとき、ガラスだけ拭いて終わらせる方も多いのではないでしょうか?ついつい忘れてしま...

スポンサーリンク

なぜ床にワックスを塗るの?

床がツヤのあるピカピカな状態と、ワックスが剥がれてツヤのない状態、どちらに住みたいですか?

キラリと光る床のほうが、断然良いですよね。

そう思うのは、入居者様も一緒です。

床がフローリングの場合、材質は木製です。

木製はメリットもたくさんありますが、傷つきやすく汚れやすい性質も、持ち合わせています。

しかし、人が歩く床を傷つけず、汚さないということは難しいことです。

そこで、ワックスの登場です。

ワックスはフローリングの表面に薄い膜を張り、床を保護してくれる効果があります。

よって、傷や汚れを防ぎ、汚れが付いたときは落としやすいといったメリットもあり、こらから入居するお客様がお掃除しやすい環境も整います。

お掃除がしやすい状態であれば、綺麗に部屋を使用してくれる、きっかけになります。

退去の日が訪れるまで、綺麗に使用していただければ、管理している側にもメリットがあるはずです。

なにより、ワックスを塗ることで、ツヤのある綺麗な床に見えます。

床をフローリングにするときの注意点

床から傷や汚れを守るワックスですが、フローリングの材質によって、種類を変えます。

ワックスを塗っても、すぐに剥がれてしまったり、効果が出ないと困ってしまいますよね。

まず、フローリングについてお話します。

日本と韓国で使われている、家庭用フローリングのおよそ95%以上は、世界から見れば一般的ではありません。

海外で扱われているフローリングと呼ばれているものは、無垢フローリングと積層フローリング、集成フローリングです。

国内で使われている家庭用フローリングも、積層フローリングの一種なのですが、海外で一般的に使用される積層フローリングとは異なります。

しかし、国内では、どちらもフローリングと呼んでしまうこともあります。

違ったフローリングの解釈で話を進めていると、間違った判断やメンテナンスをしてしまう可能性があります。

アパートを建てるときや、リフォームをする際は注意しましょう。

ワックスを塗る前にフローリングの種類を確かめよう

フローリングは、大きく分けると、単層フローリングと複合フローリングがあります。

【単層フローリング】

無垢フローリングとも呼ばれ、原木から、そのまま切り出して作られています。

割れや乾燥による変形が生じにくく、研磨によってリフォームが可能です。
床材として、寿命が長いと言えるでしょう。

【複合フローリング】

合板の台板の上に、単板を貼り合わせたものです。

以下のフローリングがあります。

●積層フローリング
作成サイズに幅があり、寸法に狂いが生じにくいと言えるでしょう。

変形や割れなどは起こりにくいですが、台板と単板を糊で接着した構造なので、何かのきっかけで単板が剥がれることがあります。

研磨をすることで、リフォームが可能で、床材としての寿命が長いです。

●集成フローリング

通常の木材ではできない大きな断面や、湾曲した形状にすることができます。

乾燥による変形や割れなどは生じにくく、研磨をすることでリフォームが可能です。

●家庭用フローリング

フローリングというよりも、ボードといったほうが近いかもしれません。
合板の台板の上に、フイルム状にした、木を貼り合わせたものです。

外光に弱く、表面材が変形や割れを起こしやすい傾向があります。
強度は表面の塗装に頼っているため、塗装が摩耗すると寿命は短くなり、研磨もできません。

コストは、格段に安いです。

これらのフローリングの種類によって、ワックスを選びましょう。

単層フローリングにロウのワックスは剥がれやすく危険?

では、ワックスの種類についてご紹介します。

先ほどお話した、床に使用しているフローリングの種類によって、使い分けてください。

【単層フローリング】

単層フローロングにワックスを使う場合は、以下の3種類から選びましょう。

・主成分がロウのワックス
・主成分が油のワックス
・主成分が樹脂のワックス

主成分がロウのワックスは、最も古いワックス素材ですが、耐久度が低いです。

耐久度が低いということは、剥がれやすいと言えます。

また、ふすまの滑りをよくするために使われるほど、ロウは滑りやすい素材です。
小さな子供や、お年寄りがいるご家庭には不向きなワックスです。

主成分が油のワックスは、塗装していない単層フローリングに適しています。
しかし、塗りすぎてしまうと滑りやすくなるので、気をつけましょう。

そして、現在、最も使われているものとして、主成分が樹脂のワックスが挙げられます。
種類が豊富なので、木材の性質に合わせて選びましょう。

【複合フローリング】

マンションで使われているフローリングは、軽い複合フローリングを使っている所が多いのではないでしょうか。

この複合フローリングに使うワックスは、主成分が樹脂のワックスを使用しましょう。

主成分が、ロウや油のワックスは適しません。

床のワックスが剥がれてもすぐに塗ってはいけない

ワックスが剥がれている所があったとしても、新しいワックスを、ただ塗れば良いのではありません。

すでにワックスが塗ってある場合は、まず床に付いている古いワックスを落とす「剥離(はくり)作業」が必要です。

古いワックスは、時間とともに劣化していきます。

変色やホコリなどの汚れが、ワックスに付着している状態で新しいワックスを塗ってしまうと、新しいワックスで、汚れを挟み込んでしまいます。

これでは、ツヤのある綺麗な床にはなりません。

専用のワックス剥離剤を使って、古いワックスを剥がしてから塗りましょう。

しかし、入居者様が剥離作業をしないでワックスを塗っていると、これまで塗ってきたワックスが、地層のように重なり合っています。

そして、床に塗布後3年以上経過したものは硬くなり、こびりついてしまいます。
こうなると、素人で剥がすことは、とても難しいです。

今後のことも考え、多少お金は掛かりますが、プロに依頼しましょう。

剥がれたワックスを剥離して新たにワックスを塗る

剥離作業により、古いワックスが剥がれたら、床にワックスを塗っていきましょう。

ワックス塗りは時間が掛かり、作業にもコツが要ります。
プロに頼むのが一番負担がありませんが、コストが掛かります。

なるべくコストをかけず、ご自身でワックスを塗りたいという方もいらっしゃいますよね。
最後に、ワックスの塗り方のコツについて、お話します。

①ワックスを塗る準備

雨天時は、ワックスの乾きが悪くなり、仕上がりに影響が出てしまいます。
晴れた日に行いましょう。

砂ボコリなどが入ってこないように、作業中は窓を閉めます。

塗っているときに、髪の毛が落ちて、ワックスに混じらないように、服装や髪型も気を付けましょう。

②ワックスを塗るルート

1部屋を3つ以上に区切り、ワックスを塗っていく順番をシミュレーションします。
ムラにならないように、ワックスが乾く前に、素早く重ねて塗るのがコツです。

③ワックスの塗り方

水拭きをするように、ゴシゴシとこすりながらワックスを塗るのではなく、力を入れずにワックスをのせるように、スーっと滑らせるように塗ります。

まずは、一番奥の壁側や窓際から、コの字に塗ります。

続いて、真ん中・コーナー・出口と、向かっていきます。
半分重ねるイメージで、ワックスを塗っていきましょう。

夏で40~60分、冬はその倍の1時間30分~2時間置いて、ワックスを乾かせば、作業終了です。

④片づけ

使用した道具などは、すぐに水洗いし干してください。
ワックスが固まってしまうと、取り除くことが大変になってしまいます。

新たな入居者様のためにも

退去後、そのままにしておくのではなく、空室になったところのメンテナンスをしましょう。
「内見したい」と突然お客様がいらした場合も、すぐに対応できます。

床のワックスが剥がれた物件に案内したところで、入居したいとお考えにならないですよね。

ご自身でワックスを塗るのが心配な方は、コストは掛かりますが、プロの方にお願いしましょう。