スプレッド比較でFX会社を選ぶには?その注意点もチェック!

FX

FXで取引をする上では、そのFX会社に対して、取引コストである「スプレッド」を支払わなければなりません。

特に、短期売買のスキャルピングやデイトレードをする場合には、その都度上乗せされるスプレッドは狭いほど良いと言えます。

この記事では、スプレッドでFX会社を選ぶ上での注意点や、スプレッドで比較するおすすめのFX会社をご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

FXで有り金を溶かす人の特徴とは?失敗から見える成功法!

ネット上のSNSやブログを見ていると、FXで有り金を溶かす失敗談が少なくありません。有り金を...

FXは簡単じゃない!大損した失敗談のまとめから考察しよう!

ネット上や書籍では、「FXは簡単に儲けることができる!」といった謳い文句を見かけることがあります...

FX初心者は投資判断の参考にしよう!熟練トレーダーのブログ

FXで勝ち続けるためには、高度な投資判断というものが重要といえます。しかしFX初心者の場合は、...

株を生活目線でやってみよう!主婦が行う株式投資のススメ!

「株式投資」と聞くと、難しいイメージがある方も多いのではないでしょうか。しかし、家事の傍ら、主婦...

金750のネックレスに日本国旗がデザインされている理由は?

突然ですが皆さんは、金のネックレスをお持ちでしょうか?もし持っていたら、どんな刻印がされてい...

旦那さんの収入が20万円!ゆとりある生活には何が必要?

旦那さんの収入が月々20万円で、不安に思っている奥様は大勢います。結婚当初は旦那さんの収入の...

投資で成功するために!株価が上がる仕組みを知ろう!

最近、株式投資に興味を持っている方が増えているようです。なかには、挑戦してみたいと思っている方も...

「株が寄る」の意味とは?株価はどう決まる?株の疑問解消!

株式投資初心者にとって、株に対する疑問は数多くありますよね。その疑問の中には「株が寄る」とい...

覚えておきたいFX用語「スプレッド=金利差・価格差」とは?

「スプレッド=Spread」とは、一般的には「広がり」「値幅」「差額」のことを言いますが、金融取...

世界の金の埋蔵量が、あとプール〇杯分というのは本当なの?

古代の遺跡から、光り輝く金の装飾品が見つかったことがありますね。何千年も輝きを失わない金属、それ...

成功した株投資家のブログから様々な投資のヒントを学ぼう!

普通のサラリーマンや主婦、学生も株の投資を行う今の時代、自分に近い立場にいる方のブログからも、情報を...

その他資本剰余金からの配当!源泉徴収されないのはなぜか?

超低金利時代の今、銀行預金の代わりに株に投資している人も多いのではないでしょうか。売買益の他...

結婚して専業主婦になったら、年金の支払いは自分でするの?

結婚を機に、会社を辞めて専業主婦になる場合、その後、年金の支払いはどうしたら良いかご存じでしょうか。...

スプレッドとは?FXで重要なスプレッドとその計算方法

FXは、外貨を売買してその差益を狙う取引のことです。正式には「外国為替証拠金取引」と言い、「...

FXでよく目にする追証とは?その仕組みと注意点を徹底紹介!

FXを始めようとしている方にとって、FXに関する多くの用語を覚えることは、最初のうちは難しいです...

スポンサーリンク

スプレッド比較でFX会社を選ぶ!注意点その①手数料無料

そもそもスプレッドとは、「買値と売値の差額」であり、それぞれのFX会社で設けられる取引コストです。

FXで効率良く利益を得るためには、このスプレッドの狭さは非常に重要です。

そのため、FX会社選びをする上では、スプレッドを比較しながら厳選するのがおすすめされています。

しかしながら、ただ単にスプレッドの狭さだけで選ぶのは禁物で、いくつかの注意点を知り、よく見極めた上で決めていく必要があります。

では、スプレッド比較で選んでいく際に、注意したい3つのポイントをご説明していきましょう。

まず1つ目は、FX会社でよく見かける「手数料無料」についてです。

実際にFX会社を選ぶ際、様々なサイトを覗いてみると、「手数料無料」と大々的に宣伝しているFX会社もあります。

しかし、実はFX会社のほとんどは手数料を無料としています。

この「手数料」というのは、「スプレッド」を意味するものではありません。

スプレッドとは、あくまでも「買値と売値の差額」であるため、この場合の「手数料」とは意味が異なってきます。

一般的に、無料になる手数料は以下になります。

・取引手数料
・口座維持手数料
・出金手数料
・システム使用料
・情報利用料

「手数料無料」を謳うFX会社は、上記のような手数料が無料となっています。

したがって、手数料が無料でも、スプレッドで取引コストはかかってくるので、スプレッドの狭さをよく比較する必要があります。

スプレッド比較でFX会社を選ぶ!注意点その②スプレッドゼロ

スプレッド比較で2つ目に注意したいのが、「スプレットゼロ」のFX会社です。

「スプレッドゼロ」とは、言葉通り「買値と売値の差額がゼロ」であるということです。

スプレッドが無料になることは、レートの小幅な値動きでも為替差益が取れるので、スキャルピングやデイトレードをするトレーダーにとっては嬉しいものです。

しかし、FX会社にとっては、スプレッドは大事な利益になる部分でもあるので、会社としても損をしない仕組みをとっています。

では、注意したいその仕組みについて、4つに分けて見ていきましょう。

①通過ペアを限定したスプレッド

例えばドル円のみといったような、限定した通貨ペアのみのスプレッドである場合があります。

②手数料を徴収

スプレッドを無料にする代わりに、注文時や決済時に手数料をとっているFX会社もあります。

③変動制スプレッド

スプレッドが固定0銭ではなく、一定の時間だけ0銭とする「変動制スプレッド」をとっている会社もあります。

これは、スーパーのタイムセールに例えられることがあります。

④スワップから利益を得る

スワップとは、2国間の金利差から得る利益を指しますが、トレーダーが得るスワップは、実際に算出される金利差よりも少なめになっています。

というのも、FX会社が中間マージンとしてスワップから差し引いているためです。

上記4つのポイントが、スプレッドをゼロにしている仕組みです。

スプレッドがゼロだからといって、安易に口座を作ってしまうのは注意です。

スプレッド比較でFX会社を選ぶ!注意点その③原則固定の意味

スプレッド比較で3つ目に注意したいのが、「原則固定」の意味についてです。

FX会社の多くは、「原則固定スプレッド」を採用しています。

「原則固定スプレッド」とは、「原則的には一定に固定されたスプレッド」ということです。

ただし、あくまでも「原則的」な固定であり、完全な固定ではないので注意が必要です。

例えば、要人発言や経済指標の発表前後などをきっかけに、スプレッドが大きく広がってしまう場合があります。

また、FX会社によっては、スプレッドに「変動制」を採用しているところもあります。

「変動制スプレッド」とは、常にスプレッドの変動が考えられ、特に流動性の少ない時間帯には広がることが多いです。

そのため、スプレッドが狭く明記されていても、変動制を採用している場合があるので、よく確認することが重要です。

FX会社を選ぶ際には、原則固定という意味をよく理解した上で決めていきましょう。

スプレッド比較で選ぶ!おすすめのFX会社①DMMFX

これまでに、FX会社ごとにスプレッド比較をする際に、注意すべきポイントについてご説明してきました。

では、実際にスプレッド比較をした中で、おすすめされているFX会社を3つご紹介していきましょう。

まず、一番おすすめされているのは「DMMFX」です。

「DMMFX」は、DMM.com証券サービスの1つでもあり、国内において口座数が最も多いFX会社です。

人気を博している理由としては、DMMFXには3つの特徴があります。

①スプレッドが業界最狭水準

DMMFXでは、米ドル円などのメジャーな通貨ペアだけでなく、20通貨全てのペアにおいて業界最狭水準です。

例えば、メジャー通貨「ドル円」については、スプレッド0.3銭となっており、他会社と比較するとその狭さが分かります。

②スプレッドの提示率が高い

前述したように、原則固定スプレッドを採用していても、ほとんどのFX会社では、相場の急変に伴ってスプレッドは広くなる傾向にあります。

しかし、DMMFXのスプレッド提示率は、平均して98%を維持しています。

つまり、相場に急激な動きがあった場合でも、ほとんどその影響を受けることなく取引が行えるのです。

③約定力が高い

「約定力が高い」ということは、注文をしてから成立するまでのスリッページ(値段の差額、ズレ)が少ないことを意味しています。

つまり、余計なコストが発生しない、「すべりにくい」FX会社であると言えます。

また、DMMFXは、他社と比較した場合でも、最も信頼できる高い約定力を誇っています。

DMMFXがより選ばれているのは、以上の3つの魅力的な点があるからと言えますね。

スプレッド比較で選ぶ!おすすめのFX会社②SBI FXトレード

おすすめされる2つ目のFX会社は、「SBI FXトレード」です。

SBI FXトレードの魅力は、1通貨単位からの取引が可能であるということです。

多くのFX会社では、少なくとも1,000通貨単位からの取引しか認められていないため、その点においては非常に魅力的と言えます。

また、メジャー通貨であるドル円は、スプレッド0.27銭となっており、他社と比較すると業界内最狭のスプレッドになっています。

ただし、この0.27銭というのは、「注文数量が1~10,000」である場合に限るスプレッドであるため、取引数量がそれ以上である場合には注意が必要です。

しかしながら、いずれにしてもかなりの少額から取引をすることができるので、少額取引から始めるFX初心者にとっては有難いスプレッド幅と言えます。

スプレッド比較で選ぶ!おすすめのFX会社③GMOクリック証券

スプレッド比較でおすすめされる3つ目のFX会社は、「GMOクリック証券」です。

GMOクリック証券は、FX取引高が5年連続で世界第1位を継続しており、業界の中でも極めて信頼度の高いFX会社です。

スプレッドを見てみると、ドル円は原則固定で0.3銭となっており、クロス円以外も低スプレッドになっているため、通貨ペアによって口座を変更する必要もありません。

この低スプレッドを維持できる理由には、5社というカバー先の多さにあります。

また、以前は指摘されていた約定力の弱さも、サーバーの導入によって改善されたため、スリッページの心配もなく安心して取引を行うことができます。

さらに、電話対応が24時間となっているので、FX初心者にとっては作っておきたい口座と言えますね。

スプレッドについてよく理解しておこう

スプレッドを比較してFX会社を選ぶ上では、ただ単にスプレッドの狭さだけで決めるのはなく、他の面もよく考慮して見極める必要があります。

スプレッドゼロや変動制スプレッドについては、その意味を十分に知っておくことが大切です。

取引を初めてから後悔するのでは遅いので、あらかじめこれらのことを理解した上で、自分に合ったFX会社を選んでいきましょう。