一人暮らしは節約適齢期!楽しく貯金するol生活のススメ

貯金の残高が増えていくのを見るのが、楽しいと思うあなた!

そんなあなたは、節約に向いているに違いありません。

20代半ばを超え、親から独立し、一人暮らしを始めたあなた。

実は、一人暮らしを始めた今が、節約に一番適した時期なのです。

今が節約パラダイスという、そんなol一人暮らしのあなたに、楽しく貯金ができる、おすすめ節約術を伝授したいと思います。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

住民税の計算方法を簡単解説!年収180万円の場合はいくら?

会社員のみなさんは、毎月の給与から住民税が引かれていることと思います。しかし、その計算方法をご存...

ネットでよく見る1kっていくらのこと?どのように使うの?

インターネット上などで、『1k』といった文字が使われているところを見かけたことはありませんか?1...

空き家の固定資産税が未納?その確認方法や対処方法は?

近年、空き家の増加が問題になっていますが、空き家の管理は相続人の悩みですよね。空き家であって...

アベノミクスは失敗か?私たち国民の生活は今後どうなるの?

2012年12月に安倍晋三氏が内閣総理大臣に返り咲いてから、「アベノミクス」と呼ばれる改革が始まり...

新築は固定資産税がお得?支払いはいつから始まるの?

新築を考えた際、賃貸ではかからない固定資産税などの支払いが生じます。固定資産税に対する軽減措...

住所の正式名称を検索する方法や書き方をご紹介!

日常で自分の住所を書いたり答えたりする場面はあまりありません。おそらく、店などで簡単なア...

住民税の基本的な計算方法教えます、年収400万円の場合は

年収400万円の会社員の場合、住民税はどうのような計算方法で、いくらぐらいになるのでしょう。所得...

投資運用に関わるインフレ・デフレをわかりやすく解説!

投資を行う上では、経済や政治などの国内・世界情勢を、多角的な視点で読み取ることが大切です。そ...

無職生活で貯金はどうなる?無職になってからの本気節約術!

もし、家族やあなた自身が突然無職になったら?家族を養わなければならないのにお金がない。一...

金が出る自販機?!ドバイの治安とお金持ちが多い理由とは?

日本には、当たり前のように自販機があり、見かける自販機の色は赤や白の他にも、様々なデザインが存在...

初めての支払調書!その種類と不動産の支払調書の書き方

源泉徴収に関わる手続きは、必要事項を書くだけなのですが、後回しにしてギリギリになってしまうと大変です...

住宅ローンを考えている人へ。jaの審査について解説

住宅ローンの借入れを検討中の方は、どの金融機関を選べば良いのか悩んでいると思います。今回の記事で...

住宅ローンの保証人・連帯保証人の違い!変更手続きの方法

住宅ローンを借りる際には保証人、または連帯保証人が必要であるケースが多いです。どちらについても、...

印紙税の納付ミスで過怠税が!これらは損金不算入になるの?

印紙税は基本的には、損金に算入することができる税金です。しかし印紙税を納付するときには決まり...

初めての投資で成功するために押さえておきたい為替のまとめ

「毎日、仕事を頑張っているのに給料が上がらないなあ」と思っていませんか。会社に頼れないなら、自...

スポンサーリンク

なぜ今節約適齢期なのか、20代olの収入の実態

結婚して家庭を持つと、単純にお金が掛かります。

広い居住スペースと、中身の詰まった大きな冷蔵庫が、選択の余地なく必要になるのです。

そして、価値観の違う夫の存在が、ひょっとすると一番の節約の壁になるかもしれません。

パチンコが趣味だとか、肉は高級品しかダメだとか言い始めようものなら、家計は破綻への道をまっしぐらです。

その点、一人暮らしは、誰の価値観も気にする必要がありません。

自分にとって快適な生活であれば、何にお金を使おうが、どこを節約しようが、いくら貯金をしようが自由です。

つまり、一人暮らしは節約パラダイスなのです。

さっそく、節約適齢期のolであるあなたの、一人暮らしの家計簿を見ていくとしましょう。

ある転職サイトのアンケートによると、20代olの平均手取り月収は、15万円~20万円が全体の50%以上を占めています。

ここでは、

・勤続5年
・手取り月収20万円
・賞与年間手取り60万(約3ヶ月分)
・20代後半の一人暮らしを始めるol

を、モデルケースにしてみようと思います。

まず、一人暮らしで一番大きな出費と言えば、賃貸の住居費ですね。

大手住宅関連サイトによると、地域差はあるものの、一人暮らしの家賃の平均は6.5万円ということです。

一般に、家賃は給料の1/3以下を目安にすると良いと言いますが、ギリギリ1/3に収まっていますね。

まずまず、というところでしょうか。

では、具体的にどんな物件を選ぶのが良いのでしょうか。

olの一人暮らし。住居費をお得に節約するために

例えば、家賃を6.5万円に固定するとなると、新築物件を選ぶと、最新の設備が備わっている代わりに、手狭だったりします。

逆に築何十年という物件は、広い代わりに設備面が使いにくかったりと、なにかしら妥協が必要になってきます。

もし、入居したものの、気に入らないから引っ越しするとなると、仲介手数料や引っ越し代、キープのための空家賃などが掛かります。

これでは、せっかくの貯金が飛んでいってしまいます。

そうならないために、ただ安いだけで物件を選ぶのではなく、長く住みたいと思える、そこそこの物件を選ぶ方が得策ではないでしょうか。

そこでおススメなのが、ここ数年増加している、olにも人気のリノベーション物件、略してリノベ物件です。

リノベーションとは、中古物件の内装などを新しくして設備を入れ替え、デザイン性を付加するなどして再生した住宅のことです。

家賃相場は、築年数や広さが同じ中古物件と比べると、5,000円~10,000円ほど高めに設定されています。

ただ、新築と比べると家賃も安く、室内もきれいで、オシャレな物件が見つかるはずです。

ちなみに、ある賃貸サイトで大阪市北区のリノベ物件、共益費込み6万円・1DK35平米を検索してみたところ、9件ほどヒットしました。

うまくいけば、家賃65,000円をもっと節約できそうですね。

ここでは、ひとまず、5,000円節約して、60,000円の1DKリノベ賃貸を借りておくことにしましょう。

olの節約貯金生活のポイントその①

財務省の調査によると、35歳以下の一人暮らしの女性の生活費合計は、家賃以外で約12.5万円になるそうです。

内訳は概算で、

食費 3.5万円
光熱費 8,500円
通信費 6,500円
服飾費 1.2万円
趣味 2.1万円
交際費 1万円
雑費 3.2万円

程度です。

データだけを見ると、家賃と合わせて合計18.5万円なので、お給料で普通に生活することはできそうです。

手取り20万円のolのあなたなら、月に1.5万円ほどの貯金ができそうですね。

しかし、せっかくですので、もう少し節約できるところがないか、見てみましょう。

上記のデータですが、光熱費・通信費・服飾費・交際費などは、妥当なラインではないかと思われます。

もちろん、スマホを格安のものに変更したり、冷暖房の温度設定を調節したりすると、もっと削れるところがあるかもしれません。

しかし、一番のチェックポイントは食費です。

食費は、外食を控えて自炊するだけで、かなりの節約ができます。

外食産業は、原価3割以下が基本なので、外食は自炊の3倍以上のお金が掛かると考えてください。

1食3,000円の外食を、月1回減らせば、約2,000円の節約になります。

他にも、買い物をするスーパーを激安スーパーに変えたり、買い物前にスマホでチラシを検索して買い物をするだけでも、軽く1割くらいの節約になります。

外食1回、食材1割の節約と考えて、5,000円ほどは無理なく減らせます。

olの節約貯金生活のポイントその②

節約して貯金するうえで、他に気になったのは、趣味の2.1万円と雑費3.2万円です。
これは、結構な金額ではないでしょうか。

趣味は、なんとなくわかります。

習い事でもしているか、夏は海、冬は山とアウトドアなどに月2回ほど行けば、掛かるでしょう。

好きなことで節約するのは苦痛をともなうので、ある程度仕方ないかなと思います。

問題は、雑費です。
雑費の中には、日用品や美容代などが含まれているのではないかと思います。

日用品は、ティッシュ・トイレットペーパー・洗剤・シャンプーなどですが、一人暮らしの場合、月に5,000円も掛かりません。

美容代は、化粧品や美容室代などです。
これは人によって、大きく金額が変わってきます。

しかし、一般的な美容室だと8,000円ほど、化粧品など毎月買うのは5,000円くらいのものです。

他に考えられるのは、嗜好品でしょうか。
それと、病院代くらいかと思いますが、毎月行くとは考えにくいですね。

節約を考えているolとしては、日用品・美容院・化粧品で、雑費合計約2万円とすれば、1.2万円の大きな節約になりますね。

olの節約貯金生活。果たして貯金はいくらに?

ここまでの節約の結果を、簡単に計算してみましょう。

家賃 6万円
食費 3万円
光熱費 8,500円
通信費 6,500円
服飾 1.2万円
趣味 2.1万円
交際費 1万円
雑費 2万円

合計で16.8万円になりました。
もともと1.5万円の貯金予定が、倍の3.2万円にできました。

ちなみに、3.2万円×12ヶ月で38.4万円にもなります。

ボーナス60万円を全て貯金に充てるとしたら、手取り月20万円でも、年間約100万円の貯金ができるということがわかりました。

これは凄いことですね。

経験上、100万円は貯まりそうで、なかなか貯まらない、ひとつの壁みたいな金額です。
1年頑張ったら、100万円突破の喜びとともに、次の目標への意欲が湧いてきます。

最初はお金を貯めて、何をするという目標がなかったかもしれませんが、2年3年と積み重ねていく間に、やりたいことや将来の夢が出てくるかもしれません。

そのときに、ゼロから資金を準備するか、すでにある貯金で行動するかで、やりたいことを実現できる確率が変わってくると思います。

もちろん、貯金のための貯金でも、全然良いと思います。
通帳を見ながら、ニヤニヤするのも良いでしょう。
それも、一人暮らしのolの特権です。

自分の基準で無理なく節約することが長続きの秘訣

20代のolではないけれど、恥ずかしながら私も、スーパーの使い分けを実践しています。

肉魚などの生鮮食品は行きつけのスーパー。
調味料や加工品、飲み物などは激安スーパーと、使い分けるだけでも、食費が15%ほど節約できました。

かしこく節約したご褒美に、たまに大好きなスイーツを買ってみたりもしています。

節約を楽しむポイントは、10を0にするのではなく、10を8や10を5などと、楽しむ余裕を残しておくことだと思うのです。

今回は、節約というほどの節約はせずに、シミュレーションしました。
しかし、それでも100万円が貯まるということがわかったと思います。

自分の収入に合わせて、それぞれの節約貯金生活を計画してみましょう。

そして、まとまったお金とともに、ぜひ達成感を手に入れてください。
目標を達成するごとに、自分に小さなご褒美をあげるのも良いでしょう。

楽しむこと、それが長続きの秘訣です。

少しゆるめの節約が将来の夢につながる

節約は、難しいものではありません。
少しのこだわりの積み重ねです。
ゆるめの設定で構いません。

しかし、それによって生まれる貯金は夢をかなえたり、人生をシフトする際に、選択の自由を得るための大切なツールになると思うのです。

そう思えば、節約もより楽しくできるのではないでしょうか。