ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

一人暮らしでも貯金はできる!毎月の積み重ねがポイント!

2018.7.4

憧れの一人暮らし!

なんと素敵な響きでしょう。

しかし、そんな甘い夢も、いざ一人暮らしを始めたら現実の厳しさを知って、ホームシックになる人も多いそうです。

特にお金に関しては、今まで管理等したことがない人がほとんどでしょうから、貯金がいかに大事なのか、ピンとこないかもしれません。

貯金がないと何かあったときに、とても困ることになりますので、毎月きっちり貯金していくこと、これについて考えていきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

使わない銀行口座を解約しないでいると残金はどうなるのか

皆さんがお持ちの銀行の口座の中で、利用し続けている口座はいくつあるでしょうか。 何かの理由で開設し...

ボーナスにかかる税金の計算方法は? 支給額100万円の場合

ボーナスをもらうときってうれしいものですよね。 あなたの何ヶ月かの頑張りが評価された証です。 で...

住民税の基本的な計算方法教えます、年収400万円の場合は

年収400万円の会社員の場合、住民税はどうのような計算方法で、いくらぐらいになるのでしょう。 所得...

住民税の計算方法を知りたい!年収250万円の会社員の場合

住民税の計算方法はどのようなものか、みなさんはご存知でしょうか? 毎月の給与から引かれてはいるもの...

六本木ヒルズへのアクセス便利!大江戸線沿線は住みやすい?

六本木ヒルズやその周辺にお勤めの方も多いことでしょう。 また、ショッピングモールなどの商業施設もあ...

家賃がもったいない!と思いがちな一人暮らしの実態は?

家賃は毎月の支出の中で、かなりの割り合いを占める費用です。 特に一人暮らしだとどうしても高額になり...

戦前と戦後の違いは?不動産の概念はどのように変化したか

2018年で第二次世界大戦の終戦後73年となります。 終戦時に焼け野原だった日本は73年経った今で...

円安は輸出に有利!投資のタイミングは円高・円安?

「円安になると輸出に有利になる」と聞いたことはありませんか? 円安か円高かによって貿易の業績は大き...

住宅ローンの保証人・連帯保証人の違い!変更手続きの方法

住宅ローンを借りる際には保証人、または連帯保証人が必要であるケースが多いです。 どちらについても、...

今さら聞けないGDPとGNPの違い!わかりやすい覚え方はある?

突然ですが、GDPとGNPの違いをあなたはおわかりになりますか? みなさん、学生時代に学習したはず...

円安・円高が輸出や輸入に与える有利な点と不利な点

通貨の価値は、毎日変動しています。 円安や円高などという言葉を聞いたことがありますよね。 円安、...

ネットでよく見る1kっていくらのこと?どのように使うの?

インターネット上などで、『1k』といった文字が使われているところを見かけたことはありませんか? 1...

通貨の価値が低いことによって起こりうることとは?

生活に欠かせないものはたくさんありますが、生きていくために最も必要なものは何でしょう。 「お金」と...

親の土地を子供が貰った!税金としてお金を払うってホント?

世界では、だいたいの国に税金というものが設けられています。 日本も、さまざまな税があり、ひとつひと...

一人暮らしは節約適齢期!楽しく貯金するol生活のススメ

貯金の残高が増えていくのを見るのが、楽しいと思うあなた! そんなあなたは、節約に向いているに違いあ...

スポンサーリンク

一人暮らしでの毎月の貯金の重要性を認識する

まずは、一人暮らしにおける貯金について、どれくらい重要なのかを考えてみましょう。

なぜ、貯金は大事なのか?

それは貯金というのは、言わば保険みたいなものだからです。

大事があった場合、貯金がなければ極端な話、為す術がありません。

例を挙げると、

・病気や入院などの突発的な出費
・結婚を考えたときに、相手の信頼性を欠くことになる
・住宅ローンなど、大きなローンを組むときに頭金が出せない

問題が大きすぎて、実感が湧きにくいかもしれませんね。

では、もっと身近なことでも困ることがありませんか?

・欲しい服が買えない
・飲みに行きすぎて生活費が足りない
・旅行に行きたくても行けない

こんな風に、普段の生活ですら、支障が出てくる可能性もあります。

もし、このときに貯金があれば、難なく切り抜けることができるのです。

ですから、毎月貯金をすることが、いかに重要なのか、ご理解いただけるかと思います。

しかし、現実問題として毎月の給料から貯金をするのは難しいという人も、いらっしゃるかもしれません。

低所得であれば、やはり生活費を切り崩してまで、毎月貯金をするのは苦しいでしょう。

では、どうすれば毎月貯金することができるようになるのでしょうか?

今度は貯金をするためにどうしたらいいか、5つほど考えてみました。

一人暮らし特有の無駄遣いを減らして毎月貯金に回す

一人暮らしで浮かれてしまい、ついつい要らないものまで買ってしまう。

こんなことありませんか?

多分、ほとんどの方が経験したことがあるのではないでしょうか?

そのときはテンションも高く、親もいないし、自分だけの城なんだから!と、ノリノリで買ってしまうことってありますよね。

そして、後から冷静になって「何でこんなもの買ってしまったんだろう・・・」なんてことも一人暮らしにはありがちです。

・買う前に、本当にこれは必要なのかどうか
・その場では買わないで、一度家に戻ってからじっくり考える
・実際に部屋にそれがあって、実用性はあるのか

こういったことを考えると、無駄遣いには効果的です。

または、買ったつもりで、その分の金額を貯金に回してしまうというのも、かなり成果が出るでしょう。

これは食品類に主に有効的で、ケーキを食べたつもりで300円貯金、コーヒーを飲んだつもりで500円貯金、といった具合です。

小さい金額ではありますが、積み重ねることによって、毎月という単位で見返した場合、大きな貯金額となって跳ね返ってきます。

と、ここまでは序の口というか、誰もが最初に思いつくことでしょう。

では、若干違う角度からの節約も、考えてみてはいかがでしょうか?

「毎月貯金をする」というルールを作ろう

「今月は仕事がんばったから、あれ買おう」

自分へのご褒美は大事ですが、あまり高価なものや過度のご褒美は、かえって逆効果です。
そこで、自制の意味を込めて、思い切ってルールを作ってみましょう。

例えば、毎月1万円ずつ貯金をする!など、約束事を自分の中に設けるのです。

これが実は一番のおすすめで、この先のお話にもつながっていく根幹の部分となりますが、一人暮らしというのは、誰も己を律してくれません。

自分のことは自分で全て面倒を見ることになりますから、間違った方向に傾いても、注意をしてくれる人がいないのです。

そうなると何事にもルーズになりやすく、自炊をしてたのもコンビニで済ませるようになったり、部屋の掃除もしなくなるなど、だらしなくなりがちです。

それを防ぐためにも、きっちりとしたルールを作るのです。

5つくらい自分ルールを決めて、その内1つだけ緩いものを設定しましょう。

・毎日自炊する
・掃除、洗濯を決まった日に行う
・脱いだ靴は、必ず揃える
・食べ終わった食器は、すぐに片付ける
・1ヶ月に1回プリンを食べる

こんな感じで、できそうだけど意外と面倒くさいことをやると良いです。
特に自炊は節約と抜群の相性ですから、ぜひとも実践したいルールですよね。

そして、そこで少しずつ浮いてきたお金を、毎月の貯金へと回していくのです。
そうすれば、自然と毎月貯金というルールが出来上がることになります。

さらにルールを活用して一人暮らしでも貯金を毎月行う方法

今月は2万円、先月は1万円、先々月は4万円貯金をしたとします。

立派なことだと思いますし、4万円も貯金をするのは、一人暮らしでは、かなり頑張ってると言えますよね。
ただ、金額にバラ付きがあると、ルールを適用させにくいと言えます。

毎月2万円貯金で良いのに、頑張り続けて、多少余裕があるときでも、そのまま全額貯金するパターン。
その余裕分で、月に1回プリンを1個買うパターンとでは、ルールに対するモチベーションが違ってくるからです。

参考までに、とある調査機関の調査結果から、一人暮らしでの平均貯金額は月3万1700円だったそうです。

実際に、一人暮らしの経験がある方でしたら、毎月3万円貯金することの大変さは、身に染みてご存知かと思います。

ですから、やはり、ここはもう少し金額を減らしてみてはどうでしょうか?
1万円なら1万円、2万円なら2万円と、毎月金額を決めて貯金することをルールにするということです。

ルールにすることによって必然性が生まれますし、毎月貯金するという目標に向かって、他のルールも俄然、意味を成してくることになります。

先ほどの自炊もそうですし、コンビニに寄らない、安いときにまとめ買いなど、知識も自然と身についてくることでしょう。

ルールを最適化することによって、安定して決まった貯金が見えてくるのです。

目標とする貯金額を設定する

一人暮らしでの毎月の貯金というのは、本当に大変です。

その中でも、少しずつ少しずつ貯金をしますが、あまり大きく増えることがないので、モチベーションが上がらない。

こんな経験ありませんか?

「せっかく、がんばっているのに、先月と今月の金額の差が1万円しか変わってないなんて・・・」

そのお気持ち、良く分かります。
11万円が12万になっても、うーんと首を傾げてしまいますよね。

これには対処方法があって、とても簡単です。

ひとつは、『目標金額を設定する』。
そして、もうひとつは、『貯金用の口座を作る』です。

ひとつずつ見ていきましょう。

目標金額を設定する、つまり10万円なら10万円で、その金額を目標にして毎月貯金を頑張ります。

スタートは確かに、1万円ずつしか増えませんから、つまらないかもしれません。
ですが、10万円だったら10ヶ月で目標クリアできちゃいますよね。

5万円越えたあたりから、少しずつモチベーションが上がってきます。
また、通帳を見るのが楽しくなってくるので、それに向かって頑張ろうと思えるようになります。

そして、もうひとつの貯金用の口座を作ることについてですが、これは効果テキメンです。

全てのお金をひとつの通帳で管理していると、貯金の動きは、とても見えにくいです。
ですが、貯金の金額のみが見える通帳があれば、その結果は一目瞭然ですよね。

これは、モチベーションアップに確実に繋がります。
誰だって、貯金が増えることは嬉しいわけですから。

具体的な手段で毎月の貯金を考える

ここまで色々な手段を考えてきましたが、もっとシンプルに、かつ具体な毎月の貯金につながる方法を考えてみましょう。

ざっと思いついただけでも、これだけありました。

・家計簿をつける
・ボーナスなどのまとまった金額が入ったときに散財しない
・外食しない
・水道光熱費の節約
・飲み会への参加を減らす
・ひと月に使える金額をあらかじめ除けておく
・セールなどの特売を活用する
・保険料通信費の見直し

まだまだ出てくると思いますが、身近なところでは、これだけで、かなり変わってくると思います。

特に、最後の保険料などの見直しは、毎月決まった金額を保険料として払っているわけです。
そのため、見直しによって1,000円安くなった場合、毎月、今までより1,000円浮くことになります。

他にも外食しない、飲み会の回数を減らすことも、わりと簡単にできますよね。

一人暮らしには、こういった誘惑がいっぱいありますが、鉄の自制心を養う良い機会だと思って、誘いを断ることも必要ではないでしょうか。

この中で、最も効果的なのは、家計簿でしょうね。

男性はあまり興味を持たれないかもしれませんが、家計簿というのは1ヶ月の収支が目に見えて分かるようになりますから、お金の管理に自信のない方には、強くおすすめいたします。

最近では、携帯アプリにも便利な家計簿ソフトがありますから、ぜひ活用してみてください。

これくらいの努力であれば、一人暮らしでも毎月の貯金が充分に可能だと思います。

一人暮らしだからこそ毎月貯金をしよう!

貯金の有用性についてお話させていただきましたが、これが万全の策というわけではありません。

有事の際に、自分自身を守るためにも、少しずつでも貯金をしませんか?

小さなことからコツコツと始めれば、一人暮らしを長く満喫するための、確かな一歩になるはずです。

 - 経済