ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

アパートのキッチンが不評で空室続き?主婦の収納術から学ぶ

2018.6.28

アパートなどの不動産を長年所有している人にとって、空室が続くことは本意ではないでしょう。

その空室が続く原因、「キッチン」にあるかもしれません。

古いアパートのキッチンであれば現代のものより使い勝手が悪く、借主からするとあまりいい印象はないかもしれません。

そこで、空室を少しでも減らすために、キッチンに手を加えてみませんか?

それに併せて、キッチンだけに限らず、主婦のさまざまな収納術を参考に、借主にとって好印象な設備を提案してみましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

アパートの騒音はどこまで?ドライヤーの音も苦情の原因に

アパートを所有していて、「ドライヤーの音がうるさくて眠気が覚めてしまう」なんて苦情が来ると、世知...

会社の相談役はどんな仕事をしている?役割や給与を調査!

会社員といて働いている人は、仕事内容や給与に不満を持つことも多いですよね。 しかし、会社内には...

賃貸経営で必須!家賃収入の仕訳や管理費等の勘定科目を解説

アパートなどの家賃で収入を得ている大家さんたちも、2月になれば確定申告をしなくてはなりません。 ...

家賃の領収書に印紙を貼る?貼らない?印紙の節約術とは?

これをご覧の大家の皆さんは、家賃の領収書を出す場合、印紙は貼っていますか? 貼るとしたら、ほとんど...

初めての支払調書!その種類と不動産の支払調書の書き方

源泉徴収に関わる手続きは、必要事項を書くだけなのですが、後回しにしてギリギリになってしまうと大変です...

長期に渡る家賃滞納者への対処法は?裁判所を通して解決!

長期に渡る家賃滞納者への対応は、賃貸経営者にとって悩みの種ではないでしょうか? 家賃滞納者に対...

不動産契約する場所によりクーリングオフは可能になる?

不動産の契約は、動く金額が大きいだけに、誰しも慎重になるものです。 「そのとき、その場の雰囲気や、...

少額訴訟の費用は相手負担にできる?弁護士に依頼する場合

賃貸経営で様々なトラブルに対処していくためには、法律の知識は必要です。 少額訴訟などで弁護士に依頼...

家賃や更新料の勘定科目は何?大家さんが多く使う科目を紹介

アパートなどの大家さんたちは、毎月仕訳を行います。 入居者から家賃や更新料をもらった際はもちろ...

鉄筋コンクリート造建築物の耐用年数は実際どれくらい?

鉄筋コンクリート造建築物の耐用年数は、実際には何年くらいなのでしょうか? 100年建築という言葉が...

教えて!社宅の貸与に関する家賃や礼金、敷金の仕訳の方法

社宅は、会社が従業員のために住宅を借り上げて、従業員に貸与する制度です。 会社にとっては福利厚生の...

ローコストアパートを建てる。低い金額には理由があった

アパートを経営するにあたって、出来るだけ低い金額でアパートを建てたいと考えるオーナーもいます。 ...

サイディング屋の単価が適正かどうかをどうやって判断する?

アパート経営は、毎月決まった家賃収入が得られるため、人気のある投資の一つです。 しかし、特に建...

アパート経営者必見!地震保険料は年末調整で控除される!

地震大国ともいわれている日本。 ここ何年かを振り返っても、大きな地震がたくさんありました。 ...

鉄骨造の柱には耐火被覆を!目的と工法について知ろう!

所有する土地にアパートを建てるときに、その構造次第で柱に施す工法に違いがあります。 もし、鉄骨...

スポンサーリンク

古いアパートのキッチンはどう使い勝手が悪い?

昔ながらの古いアパートのキッチンは、大体どれも同じような特徴がありますよね。

シンクは狭く、シンク下や作業場の下の収納はものを重ねておくことができず、さらには奥のものが取りづらいといった難点があります。

中も狭いので、すべてのものを収納するということも難しいです。

さらには、大体の古いキッチンの収納は観音扉だと思いますが、観音扉だとものを取り出す際に、いちいちしゃがまなくてはいけないという点もあります。

もともとこのようなキッチンが備え付けてあるアパートに暮らしている人にとっては問題ないかもしれませんが、新しく暮らし始める人にとっては使い勝手が悪いとしか言いようがありません。

現代のキッチンはシンクも広く、収納もたっぷり、さらには観音扉ではなく引き出しのキッチンが多いですから、キッチンを使う人のことをよく考えたつくりになっているといえます。

しかし、貸主にとって古いキッチンを全面的にリフォームすることは費用も時間もかかり、なるべくであれば避けたいものでしょう。

そこで、大幅なリフォームをしなくても使いやすいキッチンを演出するために、主婦のキッチン収納術を参考にしていきましょう。

内覧者が見学に来る前にぜひ行ってみてください。

効率よく動けるキッチンは主婦の収納術から学ぶ!

古いアパートのキッチンを大幅なリフォームをせず、使いやすいキッチンだと演出するために、主婦のキッチン収納術を参考にしましょう。

まず、シンク下や作業場下の収納ですが、ものを重ねておけず、さらには奥のものが取りづらいといった難点があります。

この場合、100均などでも販売されていますが、ラックを置くという方法があります。

ラックを置くことにより、無駄になってしまっていた空間を有効的に使えるようになるのです。

また、キッチンの収納スペースに、サイズピッタリな引き出しを設置するのもおすすめです。

そうすることで、やはり無駄なスペースなく、しかも見た目がすっきりとものを収納することができるのです。

さらに、最近よくインターネットでも見かけるのが、書類ケースを活用する収納術です。

例えば、書類ケースにフライパンや鍋などを立てて収納したり、油や調味料などを収納しておくこともできます。

これらは、ワンアクションやツーアクションで出したいものが出せて効率よく動けるだけでなく、見た目もすっきりとしてキッチンを使う人からすると嬉しいものでしょう。

もしも、古く使い勝手が悪いキッチンが原因で空室が続いているようであれば、これらを参考にしてみてくださいね。

内覧者が住み始めてからのイメージがしやすいように手を少し加えおくことで、空室率が下がるかもしれません。

アパートの空室率ダウンはキッチン収納術だけにあらず!

アパートの空室率を下げるために、キッチン収納術を参考にして、使い勝手のいいキッチンを演出する方法をご紹介しました。

ここでは、キッチン収納術だけではなく、その他にもできることを挙げていきましょう。

まずは、言わずもがな「掃除」です。

古い物件であれば、それだけ年数もたっていて、汚れも少なからずあるはずです。

どんなに収納に優れ使い勝手がよくても、あまりに汚れて不潔なキッチンでは料理する気にはなりません。

業者を入れて掃除すれば簡単ですが、費用を抑えるためには自分でやってみましょう。

次に、その季節ごとのお花を植えたり小物などを置いてみるということです。

これも空室を減らすためのテクニックの1つです。

物件の外の花壇にお花を植えたり、共有部分のスペースに季節の小物を置くのです。

季節の小物とは、お正月飾りやクリスマスツリーなどです。

たったこれだけで、ほっこりする人も多いのです。

アパートのキッチンを思い切ってリフォーム!収納術アイディアもとことん入れよう

どのような手を打っても空室率が下がらない場合、そこは思い切ってアパートのキッチンをリフォームしてみるのも1つの方法です。

古いアパートのキッチンはシンクや作業場、ガス台がわかれているタイプか、ユニット型のミニキッチンが備え付けられていることが多いでしょう。

リフォームの相場ですが、シンクなどがわかれているキッチンであれば10万円から30万円ほどでしょう。

ユニット型のミニキッチンであれば、交換費用は20万円ほどが相場です。

そうではなくて、システムキッチンに交換するということであれば、30万円から70万円ほどが相場となります。

ただし、システムキッチンは万人受けするでしょうから、空室率ダウンにつながる可能性もありますが、システムキッチンの管理費用は、基本的に貸主負担となります。

そのため、継続的にコストがかかるということを念頭に置いておかねばなりません。

また、使う側の立場に立ってキッチンの収納術アイディアを取り入れ、さらに工夫もしてみてくださいね。

例えば、ちょっとした隙間があるのであれば、そこに突っ張り棒をかけておくのです。

そうすれば、そこに調理道具をぶら下げておけたり、ゴミ袋をかけておくということもできます。

なるべくデッドスペースを作らず、創意工夫しましょう。

古いアパートのキッチンが借主の手によってよみがえる「借主負担DIY」

古いアパートは、まったく手を加えないでいる状態が続き、長年住んでいてくれた借主の方が退去してしまうと、そこから誰にも借りてもらえないといった状況に陥ることも考えられます。

しかし、古いアパートをリフォームすることは、貸主にとって大きな負担となりますよね。

そこで知っておいていただきたい「借主負担DIY」というものがあるのです。

基本的に、貸主には「借主が問題なく住めるようにする義務」があります。

また、借主には「原状回復義務」がありますよね。

「借主負担DIY」には、このような義務がいっさいないのです。

つまり、貸主は古いままでも直すことなく貸すことができ、借主は自己負担で部屋を好きなようにリフォームしていいというものです。

これには貸主、借主ともにメリットがあります。

貸主は、大きな費用を負担することなく古いままでアパートを貸し出すことができますよね。

そして、借主が自分の好きなように部屋をリフォームするので、長期間にわたって居住してくれる可能性が高くなり、安定的な家賃収入が見込めるのです。

借主のメリットは、部屋を好きなようにリフォームできることと、リフォームのかかる費用を自分で負担する代わりに家賃が安くすむという点があるのです。

自分の好きなようにしていいのですから、インターネットでもたくさん紹介されているキッチンの収納術を参考に、いろいろとDIYしてみるのも面白そうですよね。

さらには、原状回復義務がないので、退去する際に修繕のための費用がかからないということも挙げられます。

空室率ダウンを目指す!キッチン以外にも目を向けてみよう

これまでは、主にキッチンについて解説してきましたが、最後にキッチン以外の部分についてもお話ししておきましょう。

古いアパートであれば、居室が畳であったり収納が少なかったりするでしょう。

現代の生活スタイルを考えると、畳であったり収納の少なさについては、現代人のニーズとは合わないともいえます。

キッチンだけ改修したとしても、他の部分が古い設備のままだと、やはり新しい借り手はなかなかつかないでしょう。

昔は畳が主流だったように、現代はフローリングが主流ですよね。

このように、時代の流れとともに人の生活スタイルも変化します。

その変化に合わせてアパートの改修を行うようにしましょう。

しかし、アパートを改修するには予算もありますよね。

思うままに改修工事してしまうと、その分の費用が家賃に反映されて相場より高い家賃になってしまい、さらに入居者が現れないという状況も起こり得ます。

改修工事にかかる費用を、そこの相場に合った家賃で回収できる金額で抑えるということも重要なのです。

例えば、「畳はフローリングにするけど、予算がないから収納はこれ以上増やせない」ということももちろんあるでしょう。

そのようなときは、クローゼットなど収納自体を増やすことなく、インターネットや書籍などでたくさん紹介されている収納術を参考にしてみるのも方法の1つです。

費用がなくても創意工夫で空室率ダウンを目指す

古いアパートであれば、キッチンをはじめ、いろいろなところが現代のものと比較して、使い勝手が悪いことが多いでしょう。

それが空室率が下がらない原因かもしれません。

空室率を少しでも下げるため、収納術を駆使し、入居してからのイメージがわきやすいように内覧者向けにさまざまな工夫をしてみることをおすすめします。

大きな費用をかけなくても、できるところからまずは始めてみましょう。

 - 経営