大阪市西成区は治安が悪い?飛田新地やあいりん地区とは?

大阪在住の方ならご存知だと思いますが、大阪市西成区は治安が悪いと言われています。

西成区といえば、日本最大級の遊郭街「飛田新地」は有名ですよね。

そして、その西側に広がる通称「あいりん地区」は、日雇い労働者の宿泊施設などがあり、メディアでもたまに取り上げられるいわくありげな地域です。

今回はこの特異な2つの地域に触れながら、西成区の治安について考えていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

農地転用して家を建てる!分筆のやり方とその流れについて

「高齢になって農業ができなくなった」「農業の跡継ぎがいない」など、農地を持て余している方は少なく...

今月の家賃引き落としはいつの分?家賃の払い方と計算方法

賃貸住宅に住むと、毎月支払わなければいけないのが家賃です。しかし、家賃の支払いは引き落としだ...

コミュファ光でWi-Fiを使う方法!ルーターや中継器は必要?

皆さんは、「コミュファ光」というサービスをご存知ですか?関東では利用できないサービスですが、...

nhkのbs受信料と居住先のマンションのアンテナの関係

nhk受信料は、家にテレビを設置した人がnhkに支払う料金です。しかし、nhk放送を見ていな...

家賃の値上げがしたい。入居者に拒否されたときはどうする?

アパートやマンションの経営で、頭を悩ませるのが家賃です。高くもなく、安くもなく、ちょうど良い金額...

増え続ける家賃未払い問題!裁判で家賃を回収するために!

不安定な雇用や景気の低迷によって、家賃未払い問題は深刻な社会問題となっています。家賃の未払い...

アパートのエアコンを修理する前に知っておきたい知識

一家に一台はエアコンがあって当たり前の今の時代。賃貸アパートもエアコンが備え付けられている物...

泥棒を入れさせない!窓のストッパーで防犯対策!

四季折々のなかでも、春や秋などに窓を開けて過ごすのはとても気持ちがいいものですよね。ですが、...

敷金礼金なしの物件の契約書で注意すべきこととは?

一般的に賃貸物件に入居する場合、契約書を交わし、敷金や礼金を支払います。しかし、最近では、敷...

子どもの安全を守る!窓からの落下防止対策をDIYで!

小さい子どもがいるご家庭で注意して欲しいのが、窓からの落下事故です。実際、窓やベランダから落...

洗面台が臭い賃貸!原因から対策まで一挙ご紹介します

賃貸契約前にお部屋を内覧しに行ったときに臭かったり、生活していて、なんだか最近洗面台の排水が臭いなと...

窓のDIYはお洒落な防寒対策!賃貸にもOKなアイデアをご紹介

「冷気は窓から」なんていわれるように、寒い室内は窓が原因とされています。アパートなどの賃貸物...

会社の相談役はどんな仕事をしている?役割や給与を調査!

会社員といて働いている人は、仕事内容や給与に不満を持つことも多いですよね。しかし、会社内には...

農地転用した宅地に家を建てる!注意すべきは家の面積の制限

だれも使う人がおらず雑草が生い茂っているという農地を所有している人もいるでしょう。税金をただ...

窓を支えるゴムパッキンとは?劣化を遅らせる方法も必見!

窓の構造上、大きな役割を果たしているのがゴムパッキンの存在でしょう。また、その役割を大いに果...

スポンサーリンク

西成区の治安の悪さは家賃相場に現れている

西成区というと、大阪では「女性の一人暮らしに不向きな街ナンバー1」と言えるでしょう。

私自身、大阪に住んで20年以上になり、その間、3回ほど引っ越しをしましたが、西成区に住もうとは思いませんでした。

なぜかというと、飛田新地やあいりん地区の存在を知っていたからです。

知っていたといっても、実際にそこを訪れたわけでなく、近づいてはいけない場所というイメージを持っていたわけです。

そのくらい、西成区の「治安が悪い」というイメージは、大阪では定着しています。

そしてそれは、家賃相場に如実に現れています。

ある住宅サイト調べですが、キタと呼ばれる「梅田」のある大阪市北区の家賃相場は、ワンルームで5.7万円、3LDKでは19.4万円です。

また、ミナミと呼ばれる「難波」のある中央区では、ワンルームが5.8万円、3LDKで16万円です。

そして天王寺区では、ワンルームが5.8万円、3LDKで14.1万円です。

対する西成区は、ワンルーム3万円、3LDKで9万円と、家賃相場の低さがうかがえます。

治安が悪く人気がないため、地価が安く家賃相場も安いと言えるのではないでしょうか。

飛田新地やあいりん地区以外の西成区の治安

では、本当に西成区は治安が悪いのでしょうか。

西成区の治安を見ていく前に、まずはその位置関係について説明しておきましょう。

西成区は、大阪市の南部にあり、東西南北をそれぞれ阿倍野区、大正区、住之江区、浪速区に囲まれています。

浪速区には、いわゆる新世界と呼ばれる通天閣のある地域があり、先ほどのあいりん地区はそのすく南に位置しています。

そして飛田新地は、あいりん地区のすぐ東側にあります。

西成区全体から見るとこの2つの地域は、北東の角の一角で、区全体の1割にも満たない地域でしかありません。

そして西成区は、他にも天下茶屋、岸里、鶴見橋、津守、千本、玉手などの広いエリアを有しているのです。

ただ、この2つの地域の特異性から、まるで西成区を代表する地域であるように言われているのでしょう。

しかし、西成区の他のエリアは、近隣の区とさほど違いはないといってよいでしょう。

西成区とそれを囲む4区や近隣の南東部の区は、大阪のなかでも比較的庶民的な、いわゆる下町エリアです。

もちろん北区や中央区などとは一線を画していますが、西成区も一般的な下町エリアと言えます。

家賃相場でもわかるように、物価が安く庶民的で、入り込めば住みやすい地域といってよいでしょう。

ただ、飛田新地やあいりん地区のイメージが先行して、治安の悪い場所とひとまとめにされているのが現状です。

犯罪発生件数から見る西成区の治安

ところで、治安を考える際にデータとして犯罪率がよく用いられますが、西成区の犯罪率は、実際それほど高いとはいえません。

大阪市のHPに発表されている、平成30年1月末の犯罪発生件数のデータで、西成区の犯罪発生件数は154件ですが、これは全区の平均値程度の発生件数です。

一番多いのは中央区の527件で、次いで北区の524件、次が浪速区の243件という具合で、西成区が少ないとは言えませんが、多くもないのです。

内訳を見てみると、一番多いのが自転車泥棒で26件、次が車上狙いの12件で、ひったくりにいたっては1件だけでした。

このことから、イメージのような歩いているだけで危ないという治安ではないことがうかがえます。

逆に、キタやミナミの繁華街の方が気が抜けないと言えるでしょう。

ただ、やはりあいりん地区は、危険でないとは言えないようです。

あいりん地区だけのデータなどはありませんが、実際に西成区に住んでいた、また住んでいる人のブログなどから、それがわかります。

この地区に入ってきた車を、大勢でドンドン叩いて追いかけているところを見たそうです。

このような西成区の地域を一言で表すなら、飛田新地は「遊郭街」ですが、あいりん地区は「危険地域」、その他の地域は「下町」と言えそうです。

西成区の飛田新地とはどんなところか

では、その中身をもう少し詳しく掘り下げていきましょう。

まずは飛田新地です。

西成区の飛田新地は大正時代に築かれた遊郭街ですが、1958年の売春防止法で、日本ではもう表向きには遊郭は存在していません。

飛田新地でも、遊郭ではなく料亭や旅館として営業しています。

私は飛田新地を訪れたことはありませんが、もう一つの遊郭街、大阪九条の松島新地を歩いたことがあります。

歩いたのは昼間で、近くに住む姪のところを訪ねようとして迷い込んだだけでしたが、そこは小規模の建物が密集した旅館街でした。

ただ、ひっそりとしていて、旅館の前を掃除する老齢の従業員さんくらいしか見かけませんでした。

ところが、あるひとつの旅館のガラス戸の向こうを見て、ドキッとしたことを鮮明に覚えています。

そこには、きれいに化粧をし、胸の開いた青いドレスを着た若い女性が、正面を向いて座っていたのです。

そのショーケースの中の商品のような佇まいに、遊郭という言葉が思い出され、ハッとしたのです。

飛田新地も松島新地と同様に、表向きは旅館として営業していますが、内実は変わっていないのでしょう。

男性はともかく、女性が一人でふらふら歩く場所ではないと言えます。

もちろん、夜の街ですので、治安の面でも住むには不向きと言えるでしょう。

西成区で飛田新地と並び称されるあいりん地区とは

次に、飛田新地とともに西成区のイメージを悪目立ちさせているといってもよい、あいりん地区について見ていきましょう。

地名としては釜ヶ崎で、年配の方はこちらの方がイメージしやすいかもしれません。

JRの新今宮駅の南側一帯を指しますが、日雇い労働者が集まり、簡易宿泊所や安宿が立ち並び、生活保護受給者も多い地区です。

また、三角公園や四角公園などでは、炊き出しが行われており、いわゆる路上生活者のテントなども立ち並んでいます。

本来なら公共の公園にテントを張って寝泊まりするのは禁止されていますが、ここでは暗黙の了解として黙認されているようです。

また、2010年代前半くらいまでは、無許可の路上販売なども普通に行われていました。

私もテレビの特番で、生活保護受給者が病院でもらってきた薬などを、路上で販売しているの観たことがありました。

ひと昔前は、暴動をはじめ麻薬密売などの犯罪の温床でもあり、よくメディアに取り上げられていたものです。

その名残か、この地区の公共の建物の周囲はやたらと頑丈な作りの柵で囲まれていたりします。

民家の窓にも必ず格子が付けられ、治安の面で対策がなされているようです。

西成区の治安は確実によくなってきている

この地区では、今でも毎日夜8時になると警察の見回りがあり、歩いていると職務質問されたりするそうです。

そして、度重なる警察の取り締まりや摘発によって、昨今はこの地区に変化が訪れているといいます。

路上販売や麻薬密売などもなくなり、比較的治安が安定してきています。

また、何よりも若い世代がこの地区を選んで飲食店を出店するなど、危険な街から庶民の暖かさが感じられる下町として、生まれ変わろうとしているのです。

本当にそうなれば、東京でいう下北沢などのように、人気の街になる可能性もあるでしょう。

そして、この地区でも、普通に歩いているだけで危険なわけではありません。

興味本位に訪れて、路上で人の写真を撮るなど、誰でも嫌がるようなことをしない限りは、何かが起こるわけではないのです。

普通に食事を目的に訪れる、話を聞きたければ礼儀をわきまえて話しかけるなどすれば、逆に都会よりも暖かく接してくれる街といえるでしょう。

西成区の治安について、飛田新地とあいりん地区に触れながら述べてきました。

確かに、西成区は治安のよい街とは言えません。

ただ、過去のイメージから今変化を遂げようとしていることは確かですし、西成区全体で見れば、決して住みにくい街ではありません。

逆に庶民的で物価が安く、人情味のある街といえるのではないでしょうか。

西成区の若い世代は希望の星である

今回は西成区について見てきました。

実は今学校などでも、変化が起きているといいます。

あるブログで「学力はまだ高いとはいえないが、それを変えていこうとしている子供たちの頑張りが見られる」と、現役教師の方が述べておられました。

そして、「この子たちが社会に出たときに、西成区というだけで特別視されないようにしなければ」と続けておられました。

それがとても印象的であったことを最後に書き加えておきたいと思います。