ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

共働きで貯金は月々どれくらいが理想的?安定した貯金の方法

2018.6.8

夫婦共働きが当たり前の現代、お金の使い道は貯金が主流になっています。

共働きをしていると、余裕がありますから、気軽に貯金してしまうのも理由のひとつです。

では、月々いくらくらい貯金するのが理想的なのでしょうか。

その理想的な目標額を、安定して貯金する方法を考えてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

初めての株式投資!少額投資するにはブログを参考にしよう

これから株式投資を始めようとお考えの方の中で、まずは少額投資でトライしてみたいという方もいらっしゃる...

株式投資で資産が半分に!失敗しないためにはどう運用する?

不況が続いて、お給料は増えないのに税金は上がり、貯蓄もできず、将来が不安になりますよね。 近年では...

金の元素記号がGでもKでもなく、auなのはなぜ?その由来は?

金属の金は、英語ではgoldですが、元素記号はauです。 どうして、goldのGでもなく金のK...

株の用語の1つ「per」って何?マイナスのときは割安なの?

株式投資をはじめるうえで知っておくべき用語の1つに、「per」があります。 投資についての知識があ...

証券の種類は様々!株と債券の違いはどんな点なのか?

超低金利時代の昨今、もう銀行預金の利子はほとんど無いものとなってしまいました。 年金制度に対す...

株式の利益率計算方法や株指標に関する計算式を解説!

株式投資を行っている人であれば、だれもが大きく利益を出したいものですよね。 自分がどれだけの利...

リストラで無職になり独身生活を送る50代、これからどうする

リストラは不意にやってきて、あなたの生活を変えてしまいます。 しかも再就職も厳しい50代で、年金ま...

不動産に投資をしたい!ブログで知識をつけて始めてみよう!

皆さんは、不動産投資に興味はありませんか? 近年の不況や投資ブームを受けて、不動産への投資を始める...

スプレッド比較で取引会社を厳選!仮想通貨でより安く取引!

仮想通貨で利益を得るためには、より安く買い、高く売ることが重要です。 しかし、それ以外にも、売...

ジュエリーに使われる金が色落ちすると価値は下がる?

貴金属の中でも金は古来より価値のあるものとして大切にされてきました。 現在でもさまざまな宝飾品に使...

初めての金投資!純金積立?金ETF?なにがおすすめ?

世界情勢や経済が不透明な昨今、世界中の多くの人は「金」に着目し始めています。 金は誰も買うこと...

中国の国債が暴落?バブルの崩壊が全世界に与える影響とは?

今回は、中国バブルや世界経済のお話です。 「中国の国債が暴落して、世界の経済状況が悪化し危機的な状...

本物の金には必ず刻印がある!750の意味と価値とは

金の価値を決めるのはその含有量にあります。 金でできたジュエリーなどには、K18、K24、750や...

誰でもできる1000万円貯金して銀行預金以外で増やす方法とは

「貯金1000万円」というと、別世界のことのように感じている人が多いのではないでしょうか。 もちろ...

あなたにも合う投資法が見つかるかも?株・債券・リートとは

日本人は欧米人に比べて投資を好みません。 日本人の個人資産における預貯金の割合は50%を超えており...

スポンサーリンク

共働きでの月々の貯金額はいくらが理想的なのか

夫婦共働きにおける、月々の貯金額は、いくらくらいが理想なのでしょうか。

わが家はこれくらいだけど、お隣さんはどれくらい貯金してるのだろうか。

結構気になってしまいますよね。

実際のところは、それぞれ生活環境が全て違うわけですから、一概にどれくらいが理想的というのはないと思います。

ですが、どの家庭にも、ある程度の理想の貯金額というのは、あるのではないでしょうか。

月々10万円貯金できたとしたら、年間120万円。

10年経てば、1,200万円です。

どうでしょうか。

できるできないは別としても、これくらい貯金できれば、理想的と言えます。

月々5万円貯金であれば、年間は60万円。

10年経ったら、600万円です。

1,200万円を見た後だと、首を傾げてしまうかもしれませんが、600万円も大金です。

数字だけ見ると大きな金額で、本当にこんなに貯金ができるのか、疑問すら抱いてしまうかもしれません。

しかし、これは共働きがしっかり機能している家庭なら、容易に達成することができます。
では、そのような家庭にするには、どうすればよいのか見ていきましょう。

共働きでも月々貯金をするのは難しい

共働きの最大の強みは、安定して月々30万~40万円程度の収入が見込める点です。

これだけ収入があるのに、貯金ができないということにはならないと思います。

夫が20万~25万円、妻が10万~15万円というのが、夫婦共働きにおける一般的な収入の割合だと思います。

ここから、いくら貯金に回せるかを考えてみましょう。

月々の支出、公共料金や住宅ローン、食費などがあります。

それらの支出を全て合わせて、15万~20万円で抑えることができれば、月々の貯金額は支出と同じくらいの金額が可能です。

上手くいけば、月に15~20万円も貯金ができるということになります。

そうなると、年間180万~240万も貯金できてしまいます。

しかし、ここまで上手くいくわけはなく、せいぜい月に7万円も貯金できれば、かなりがんばっている方でしょう。

なぜならば、子供に掛かる支出が、大きく作用してくるからです。

子供がいない家庭ならば、10万以上の貯金は楽にできるでしょう。

しかし、子供がいるとなると別です。

1人ならまだしも、2人~3人ともなれば、月々の貯金額など3万円もできるかどうか、あやしいところです。

では、子供がいる家庭は、月々の貯金が10万円を越えるのは不可能なのでしょうか。

そんなことはありません。

貯金額を増やしたいのであれば、収入と支出を抑えればよいのです。

その方法をご紹介します。

月々の貯金を安定させる方法

月々の貯金額を安定させるには、支出以上の収入があれば良いだけの話です。

ですが、収入というのは、共働きと言えども、そうそう増えるものではありません。

そこで、不労所得をおすすめします。

不労所得とは、極端に言えば、働かなくても収入があることを言います。

これは主に、不動産投資が有名ですよね。

マンションやアパートなどの、賃貸経営における家賃収入というものです。

しかし、マンションやアパートを経営するには、元手が相当必要というイメージが一般的だと思います。

確かに、数百万円もの現金が必要になってきますから、最初のハードルはかなり高いかもしれません。

不動産投資は、利益もさることながら、リスクを把握することが重要です。

このなけなしの数百万円で購入した物件に、入居者が入らなければ、家賃収入はないわけですから。
そうなると、数百万円をドブに捨てたのと同じになってしまいます。

そうならないためには、しっかり立地条件を見極めれば、そこまで大きな失敗はしないと言えます。

例えば、駅から遠く、治安も悪い、コンビニやスーパーが近くにないという物件があったとします。

わざわざ、こんなところに入居しようと思う人は、少ないですよね。

ですから、その逆の条件の物件を安く購入できたら、利益を出すことはそう難しい話ではないでしょう。

これは一例ですが、こういう収入アップの方法もあるということです。

共働きで貯金するにはタイミングが大事

前述の不動産投資を開始するにも、やはり子供がいると、その元手も作ることも難しいです。
子供というのは、本当にお金が掛かるものです。

赤ちゃんのときは大したことありませんが、高校・大学と成長していくにつれ、掛かる金額はどんどん大きくなっていきます。

こうなると、月々貯金すること自体難しく、下手すれば貯金を切り崩すことにもなりかねません。

では、子供がいる家庭での、不動産投資の資金を作り出すことは不可能なのでしょうか。

これは、貯金をするタイミング次第では、解決できる問題です。

まず、子供ができる前に、貯金をがんばりましょう。

結婚も、子供を作ることも、人生の中では最も責任が重い選択肢です。

それは計画的な判断が必要であり、行き当たりばったりで人生を過ごしてしまうと、後々に大きな打撃となって返ってきます。

つまり、夫婦共働きでいられるときは、貯金をがんばる絶好のタイミングなのです。

妊娠・出産・育児となると、妻が働けなくなる可能性が高いので、共働きは数年間できなくなります。

この時点で、月の収入が30万~40万円あったのが、20~25万円と大きく減少してしまいます。

さらに、今までいなかった子供という存在に、少しずつお金が掛かるようになっていきます。

すると、必然的に貯金額は減っていくことが目に見えてくると思います。

そうなる前に、まとまった貯金額を作っておき、不動産投資などで、妻の分の収入を得る手段を作っておけばよいのです。

貯金ができる人、できない人

夫婦共働きであれば、金額は別として、月々貯金することは容易でしょう。

ですが、問題なのは、やはりその金額です。

月収が夫婦合わせて40万円もあるのに、月々の貯金額が1万円では、無駄な出費が多すぎると、誰でも分かります。

40万円も収入があるなら、やはり10万~15万円は貯金していけると思います。

では、どんな人が1万円しか貯金できない人なのでしょうか。

・無駄な出費が多い

夫婦共働きでは、やはり収入額が大きいため、ついつい無駄な出費が出てしまいがちです。
しっかり家庭内でルールを作って、そういう出費を減らすだけで、貯金も楽になってきます。

・ひとつの通帳でお金を管理している

ひとつの通帳でお金を管理していると、お金の流れがわかりにくく、貯金額も把握しにくいです。

できれば、貯金専用の通帳を作ったり、収入専用・支払い専用などと分けておくと、目に見えて良いでしょう。

・たまの贅沢が度を越している

貯金は、長い間続けていくことになります。

そのモチベーションを維持するためにも、たまの贅沢というのは、あってしかるべきものだと思います。

ですが、そのたまの贅沢が、月に1回家族で温泉旅行など、金額と頻度が度を越してしまうようではいけません。

しっかり掛かる費用と、貯金額を見比べて判断することが、重要と言えます。

これらに思い当たるフシがあれば、できるだけ早めに改善することをおすすめします。

月々の支出を把握することが重要

ここまで、夫婦共働きで、安定した貯金へ繋がる方法を見てきました。

ですが、もっと簡単に月々の貯金額を増やすことができる方法があります。

それは、月々の支出を把握することです。
これだけで、確実に月々の貯金額は増えると断言できます。

なぜかというと、収支とはお金が入って、お金が出ていくという道筋です。

これを見れば、どこにお金が出ていったのがわかるわけですから、無駄だと思える出費を、なくすことができます。

必ず支払わなければならない固定費を、案外見落としている家庭は多くあります。

公共料金は、これくらい掛かっても仕方ないというのは、先入観に囚われすぎです。

電気代やガス代は、普段の生活を見直しすれば、無駄に使っている部分が多いことに気がつくと思います。

住宅ローンは仕方ないにしても、家賃は分相応の物件に住んでいるのかどうか、見直してみましょう。

3人家族なのに、5LDKの物件に住んでいたら、無駄な事この上ないです。

食費を見直すと、ダイレクトに支出に影響が出るので、特におすすめです。

高い食材ばかり買い込んだり、コンビニなどの商品単価が高い店舗での買い物は控えましょう。

スーパーの特売を利用してまとめ買いや、嗜好品などを制限するのも効果的です。

これらを見直すと、月に1万円以上浮く場合もあるので、貯金に悩んでる人は少しずつでも見直ししてみましょう。

安定した貯金への道は案外簡単

共働きは収入面で、片働きに比べて圧倒的に余裕があります。

貯金なんてやろうと思えば、どこまででも、できてしまいます。

収入面に余裕があるからといって、貯金をしないと困るのは、将来の自分達です。

余裕に甘えずに、簡単にできてしまう貯金を、しっかり行っていくのが、幸せへの近道でしょう。

 - 投資