住宅ローンの審査にクレジットカードの解約が有効って本当?

マイホームの購入で、住宅ローンを申し込んでも、その審査に通らないことがあります。

通らない理由に心当たりがない場合は、クレジットカードが関係しているかもしれません。
また、「クレジットカードを解約すれば審査に通る」という噂もあります。

ここでは、クレジットカードが住宅ローンにどう関係しているのか、見ていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

マンションでのピアノを演奏は時間や防音対策に注意しよう

マンションにお住まいの方で、ピアノの演奏をしている、またはピアノの購入を検討している方もいらっし...

fxは為替の土日変動にも注意!週末の持ち越しリスクとは?

ほとんどのfx業者では、土日に取引を行うことはできません。しかしながら、為替相場は土日関係な...

一人暮らしでも貯金はできる!毎月の積み重ねがポイント!

憧れの一人暮らし!なんと素敵な響きでしょう。しかし、そんな甘い夢も、いざ一人暮らしを始めたら...

リーマンショックの引き金は韓国にあった?本当の原因とは?

2008年に起こったリーマンショックは、ほとんどの方がご存知だと思います。その恐慌を生んだの...

高層マンションで地震に遭遇したら!揺れはどれくらい?

高層マンションは、誰もが一度は憧れますよね。マンションを選ぶ際には、高層か低層かで、値段も大きく...

エアコン室外機のドレンホースの劣化補修・防止対策について

エアコン室外機から伸びている蛇腹のホースは、紫外線で劣化しやすく、コチコチになって数年で折れやすくな...

固定資産税は新築から3年間軽減される?平均はどれくらい?

土地や住宅などを購入すると、必ず付いてくるものが固定資産税です。固定資産税は不動産の所有者で...

個人事業主向け!所得税の納付書の入手方法や書き方を知ろう

納税は国民の義務です。そして、それには所得税も含まれます。会社員であれば、所得税は天引き...

1000万円貯金達成!預金?それとも投資?税金についても学ぶ

ついに達成した貯金1000万円!その1000万円、預金しておきますか?それとも、他の金融商品...

増築した際の費用や固定資産税はどのくらい?3坪の場合は?

家族が増えたことで、部屋やトイレ、ベランダなどを増やしたいと増築を検討している方はいらっしゃいま...

登録免許税の納め方は?納付書の入手方法と書き方を確認!

長引く不況や将来への不安から、「賃貸アパートを経営したい!」という人がいます。しかし、それに...

初めて青色申告をするために必要な届出と毎年の節税効果は?

皆さんが独立起業しようというとき、気になるのが確定申告ではないでしょうか。サラリーマンのときは...

固定金利の繰り上げ返済をしたい!?違約金はなぜかかるの?

住宅ローンの繰り上げ返済をご検討されている方も多いのではないでしょうか。これは、有効な場合もありま...

通貨発行権を日本政府へ戻す?政府紙幣における議論とは?

2013年8月、通貨発行権を持つ中央銀行に対し、ハンガリーが反旗を翻したことは、世界にとって衝撃...

高額の宝くじが当たったら銀行?損をしないお金の使い方!

誰もが一度は見る夢。それは、宝くじの高額当選ではないでしょうか。もし、3億円当たった...

スポンサーリンク

クレジットカードが住宅ローンの審査に関係する?

「クレジットカードを解約すれば審査に通る」という噂は本当でしょうか。

確かに「住宅ローンに申し込んだのに審査に通らなかった」という人の話を聞くことがあります。

住宅ローンを組むには、そのための審査があり、それに通らなければお金を借りることができません。

もしも、他に借り入れがなく、年収や勤め先、勤続年数などにも問題がないのに審査に通らないという場合は、クレジットカードを持っていることが原因かもしれません。

今の時代、クレジットカードを持たずに生活している人は少数派です。

買いものの際にクレジットカードで支払いができるととても便利ですし、ポイントも貯められて値引きに使えたりするので、お得感があるからです。

そのため、人によっては複数のクレジットカードを持っています。

また、「普段はあまり使わないけれど、1枚は持っている」という人も多いでしょう。

しかし、これから住宅ローンの審査に申し込むという人は見直した方が良いかもしれません。

現代人の快適な生活に欠かせないクレジットカードが、住宅ローンの審査に落ちる原因になることがあるからです。

次では、クレジットカードが原因で、住宅ローン審査に落ちた例をご紹介します。

住宅ローン審査に通らないのはクレジットカードの何が原因?

あまり知られていませんが、クレジットカードと住宅ローンには、実は密接な関係があります。

しかし、クレジットカードの何が原因で、住宅ローンの審査に落ちるのでしょうか。

その理由としては、

・クレジットカードにキャッシング枠が付いている
・クレジットカードの保有枚数が多い
・頻繁に高額な商品を購入している
・クレジットカードの利用履歴に問題がある
・リボ払いをしている

などが考えられます。

クレジットカードのキャッシング枠については、次の章でお伝えしますが、キャッシング枠のあるカードを沢山持っているだけでも、審査に落ちやすくなります。

また、頻繁に高額な商品を購入している人も、「住宅ローンを組んでも高額な買いものをして、返済が滞りそうだ」と思われるため、落とされます。

そして、利用履歴に問題のある人(返済の方法をコロコロ変える、支払いの滞納や遅延があるなど)やリボ払いをする人も、審査機関からは、あまり良いイメージを持たれません。

特に、リボ払いをするのは、収入と支出のバランス感覚がないからだと認識されます。

このように、住宅ローンの審査には、日頃のクレジットカードの使い方が関係してくるので、便利さにつられて安易な使い方をするのは避けた方が良いですね。

そして、クレジットカードを沢山持っている場合は、使わないカードを解約することも考えましょう。

キャッシング枠はどのくらい審査に影響する?

では、クレジットカードのキャッシング枠について、ここで詳しく見ていきましょう。

クレジットカードには「キャッシング枠」があり、カードを作る際などに、付けるか付けないかを選ぶことができますよね。

キャッシング枠とは、「そのカードで借りられるお金の上限額を決める」ものです。

しかし、住宅ローンの審査に申し込んだ際にそれが付いていると、ローン審査をする金融機関では「どこかから借り入れをしている人」という扱いをされます。

これはつまり、実際にはクレジットカードを使ったキャッシングをしていなくても、「キャッシング枠があるだけで、住宅ローンの借り入れ額が減らされる」ということです。

そのため、キャッシング枠の付いたクレジットカードを複数持っていると、審査に落ちてしまうのです。

また、キャッシングがなく審査に通ったとしても、キャッシング枠のない人に比べて、借り入れできる額は減らされます。

キャッシング枠に設定している上限額も、審査の可否に影響するので注意しましょう。

キャッシング枠の上限額を多く(高く)設定していると、借り入れ可能な額がさらに減ることになります。

もちろん、キャッシング枠を使った借り入れがあれば、住宅ローンの借り入れが難しくなるのは当然ですね。

しかし、クレジットカードを解約すれば、本当に審査に通りやすくなるのでしょうか。

それは、次の章でお伝えします。

クレジットカードを解約すれば住宅ローンの審査に通る?

ここまでのお話で、

・クレジットカードが住宅ローンの審査に関係すること
・審査に通り、MAXまで借り入れるには、キャッシング枠にも注意する必要があること
・普段のクレジットカードの使い方も重要であること

が分かりましたね。

クレジットカードが原因で落ちると分かった段階で、住宅ローン審査の対策として、クレジットカードを解約する人もいます。

実際に、「クレジットカードを解約すると住宅ローンの審査に通る」という噂もあるので、検証してみました。

結論から言うと、やはり、使わないクレジットカードは解約するのが一番です。

特に、キャッシング枠の付いた複数のクレジットカードを持っているという人は、住宅ローンの審査に通らないことがあるので、この際、整理してみましょう。

沢山のカードを持っていると、便利なこともありますが、何にいくら、どのカードで支払ったのかが分からなくなりがちです。

1枚しかなくても、使った額や日付、購入したものを覚えておくのは大変なので、あまり使っていないクレジットカードは、思い切ってカード会社に電話し、解約しましょう。

使うカードを絞って数を減らしておけば、キャッシング枠が減るので、住宅ローンの審査にも通りやすくなります。

クレジットカード解約時の注意点

先ほどから、住宅ローンの申し込みを考えている人には、クレジットカードを見直すことをおすすめしています。

そして、前章ではクレジットカードの解約について触れました。

使わないクレジットカードは解約してしまった方が良いのですが、それにはいくつか気を付けなければならないこともあります。

ここでは、住宅ローンの審査対策に、クレジットカードを解約する場合の注意点をお伝えします。

カードの解約を電話で伝えたときに、忘れずにしておいてほしいのが、

・クレジットカードの解約証明書を必ずもらう
・電話対応したスタッフの名前をフルネームで聞いておく

ことです。

住宅ローンの審査機関は、住宅ローンに申し込んだ人の個人情報で、「貸すか貸さないか」、「いくらまで貸すのか」を判断します。

しかし、カードを解約しても、すぐには個人情報に反映されません。

そのため、「解約した証明書」がないと、本当に解約したのか審査機関に信じてもらえないのです。

また、カード会社によっては、解約後のフォローをしないところもあります。

電話で「解約証明書を送ってほしい」と伝えても、送られてこなかったら困りますよね。

その場合は、電話でもう一度伝えなければなりませんが、担当した人の名前が分かれば対応が早いです。

電話を切る前に、必ずスタッフの名前を聞いて、メモしておきましょう。

クレジットカードを解約できない場合は?

先ほどもお伝えしたように、使わないクレジットカードは解約するのがおすすめですが、そうは言っても、簡単に解約できないこともありますよね。

・水道光熱費の支払いに使っている
・買いものでポイントを貯めている

などの理由で、どうしても解約できない人も多いでしょう。

そうすると、そういったクレジットカードは、持ち続けて使い続けることになります。

しかし、キャッシング枠をゼロにするか、キャッシング枠で設定している額を減らすことだけはしておきましょう。

こうしておけば、住宅ローンの審査に通りやすくなり、借り入れできる可能性が高くなるからです。

その手続きの方法は、カード会社によって異なりますが、対応してもらえるはずなので、電話で直接、問い合わせてみてください。

また、将来マイホームの購入を考えていて、クレジットカードを作る際には、できるだけキャッシング枠はゼロにしておくのが良いですね。

クレジットカードのキャッシング機能を使う予定がないのであれば、なお更です。

もちろん、後からゼロにすることもできますが、はじめからない方がその手間が省けます。
住宅ローンを組みたいと考えている人は、審査に通るカードの持ち方、使い方を知っておくと、審査に通らず慌てることが少なくなるでしょう。

住宅ローンに申し込むなら、クレジットカードを見直そう!

今回は、住宅ローンとクレジットカードの関係性をご紹介しました。

これから住宅ローンに申し込もうと考えている人は、クレジットカードの見直しをしておくと、審査に通りやすくなるかもしれません。

しかし、クレジットカード会社によっては、解約証明書を送ってくれないこともあるので、担当者名の聞き忘れには注意しましょう。

スムーズな借り入れができるよう、対策を取っておくと良いですね。