ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

スナック経営で儲かるためには!?開業するためのポイント

2018.6.2

スナック開業と聞くと、どうしても同じような業界で経験のある方が始める事業だと思われがちです。

ですが、水商売が未経験の方でも、スナック開業は可能です。

しかし、何の情報も無い人にとっては「スナック経営は本当に儲かるのか?」と不安に思うこともあるでしょう。

これから事業を考えている方に、開業を行う上でのポイントをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ドヤ街「山谷」は東京にある!山谷の治安って一体どうなの?

大都会の東京に憧れて上京してくる人は、後を絶ちませんね。 みなさんは「山谷」と呼ばれる街をご存知で...

アパート経営者必見!地震保険料は年末調整で控除される!

地震大国ともいわれている日本。 ここ何年かを振り返っても、大きな地震がたくさんありました。 ...

簿価単価?ドル・コスト平均法?持株会の疑問を解決!

従業員持株会制度を実際に利用している人の中には、実は詳しいことはわからないという方が多いのではな...

家賃収入で得た勘定科目の仕分け!個人と法人で異なるの?

家賃収入や賃貸収入があるかたの勘定科目にスポットを当ててお話します。 個人で経営をしているのか、法...

不動産契約する場所によりクーリングオフは可能になる?

不動産の契約は、動く金額が大きいだけに、誰しも慎重になるものです。 「そのとき、その場の雰囲気や、...

敷金の返却期限っていつ?返却するまでの手順を知ろう

アパートなどの賃貸物件には、家賃のほかに敷金・礼金を設定してありますので、賃貸契約の際には、貸主は借...

アパート経営開始!買うべきは4階建てEVなし階段のみ物件?

アパート経営を始めようと、中古のアパートを購入すると、理不尽なこともたくさんあります。 経営するな...

家屋の固定資産税は必ず下がる?計算方法や税金対策をご紹介

税金のひとつに、「固定資産税」があります。 家屋にも固定資産税が掛かることは、ご存知の方も多いです...

少額訴訟の費用は相手負担にできる?弁護士に依頼する場合

賃貸経営で様々なトラブルに対処していくためには、法律の知識は必要です。 少額訴訟などで弁護士に依頼...

家賃5000円下げると起こる収益の差!他の値下げ方法はない?

空室対策として、家賃を5000円下げる交渉に応じることを余儀なくされた大家さん。 収益を計算すると...

家賃収入の申告漏れに注意!税金に時効があっても支払おう!

物件を所有し、家賃収入を得ている方は毎年確定申告を提出し、家賃収入にかかる税金も納めなければなりませ...

オフバランスとは何ぞや!メリットは?わかりやすく説明

近年、日本でもオフバランス化するために、あらゆる手法で取り組んでいる企業や投資家が増えています。...

関東は面積に関係なく地価ランキング上位ほど人が集まる

関東と言えば、日本の中心というイメージです。 政治、経済、情報が多く集まっており、面積の割には...

署名と記名、捺印と押印の違いとは?外国人にもお願いする?

公的機関で証明書を発行してもらう際、「こちらに署名捺印を」と、お願いされた経験をお持ちの方は多いでし...

大阪市西成区は治安が悪い?飛田新地やあいりん地区とは?

大阪在住の方ならご存知だと思いますが、大阪市西成区は治安が悪いと言われています。 西成区といえば、...

スポンサーリンク

スナック開業を始める前に必要なもの

まず、スナックの開業を始めるには、いくつかの資格や届出が必要になります。

スナックでも飲食物を提供しますから、「食品衛生責任者」という資格は必ず必要になります。

資格と聞くと、難しいものと思われてしまうかもしれませんが、この資格の取得は難しいものではありません。

資格の取得はたったの1日で、費用も1万円程度で簡単に取得できてしまうものです。

次に必要なものは、「飲食店営業」の許可です。
地域の保健所に行き、許可を得ておきましょう。

また、スナックのように0時以降まで営業する場合、警察署に「深夜酒類提供飲食店営業」の届け出をしなければなりません。

このように、スナックを開業する際は、いくつかの資格や届出が必要になります。

そして、開業するにあたり、資金も用意しなければなりません。
規模にもよりますが、スナック開業の資金は500万円程度とされています。

この費用は、物件費用や、工事費用に主に使用されます。

スナック経営で儲かるためには、お店のコンセプトがきちんと定まっていることがとても重要です。

お店造りにあれこれこだわると、外装や内装の工事費用が予想以上にかさんでしまうこともあります。

カラオケ機器を導入したいと考えている方は、カラオケ機器の費用、また店内で演奏するに著作権料も発生することを頭に入れておきましょう。

なるべくコストを下げたいのであれば、居抜き物件を利用するのがおすすめです。

スナック開業で受けられる融資・助成金とは

スナックを開業するにあたり、資金調達は大きな問題ですよね。
多くの方は「自己資金+公的機関」からの借入金で開業資金をまかなっています。

融資を受ける公的機関は、「日本政策金融公庫」といい、国が運営している金融機関です。
無担保・無保証人で融資を受けることができ、スナック開業するにあたっては便利な制度でもあります。

次に、補助金ですが、受けられることを知らない方も意外と多いようです。

スナック経営で補助金を獲得するための「創業補助金」について、簡潔にご紹介していきましょう。

この補助金は、2013年から開始された制度で、創業を行う個人また中小企業に対して最大200万円の補助を行うという制度です。

補助の対象となる経費の3分の2にあたる補助を受けられます。
スナック開業には300万円はかかるでしょうから、満額を受け取れる可能性があります。

ただし、利益に応じて補助金を返還することが義務づけられているので、制度をよく理解したうえで申し込みを行いましょう。

では、次にスナック経営で儲かるためにどんなことを行っていけばいいのか、ポイントをお伝えしていきます。

スナック開業!まずはコンセプトを決める

スナックを開業するためには、まずコンセプトを定めることから始めていきます。
早速、お店のコンセプトを決めていきましょう。

具体的には、ターゲットとなるお客様がどのようなお客様なのか、具体的にイメージできるまで徹底的に考えてていきます。

例えば、30代後半~50代をターゲットとしているのなら、その年齢層に合わせてイメージしていきます。
ターゲットを明確にすることで、お店の内装や商品メニューなどがイメージしやすくなります。

それを踏まえた上でメニュー・料金を考えていきましょう。
客単価が高くなれば、それだけレベルの高いサービスが必要となります。

周辺のスナックを調査して、提供しているサービスを客観的に分析することでも、料金設定がイメージしやすくなります。

コンセプトがしっかりと設定されていれば、スナック経営で儲かる可能性は高くなります。

コンセプトに合わせてサービスを提供し、お客様にとって居心地のいい空間を造っていきましょう。

スナック経営は儲かるのか?経営のノウハウ

経営のノウハウをきちんと理解すれば、お客様に恵まれたお店にすることができます。

スナックの経営者の月収は、50万円~200万円程と大きく差があります。
売り上げは、お店の責任者の腕により左右されることが多いです。

お店の売り上げ・利益を安定させるためには、お客様にどれだけリピーターになってもらえるかどうかが、とても重要になります。

つまり、スナックで儲かるためには、常連客、つまりリピーターを増やすことを第一に考えていかなくてはなりません。

常連客を取得するためには、コンセプトや雰囲気だけでなく、接客スキルもとても重要です。
これはお店の責任者だけでなく、従業員にも必要とされます。

特に初来店された方には、将来常連客になる可能性がある人たちです。

初来店された方には、お店を気に入ってもらえるような工夫をすることが大切です。
常連客ももちろんですが、初めて来店されたお客様を大事にするような、仕組みつくりを考えておきましょう。

スナック経営で儲かるための価格設定は?

ただ、リピーターになってもらうといっても、他にもスナック経営しているところはたくさん存在します。
簡単に、リピーターを獲得することは難しいかもしれません。

数あるスナックの中で、常連客になってもらい、儲かるお店にするためにはどうすればいいのでしょうか?

・価格設定を安くする

やはり、価格を低めに設定していた方がリピーターになりやすくなります。

価格を低く設定すると、当然お客様が落としていくお金は少なくなると思いますが、ただ、その一方で集客をしなくても、お客様が集まってくるというメリットがあります。

つまり、新規のお客様を集客しなくても、価格が安いことからお店に来てくれるリピーターも自然と増えていくわけです。

価格設定を安くすると、お客様が一回に落としていく利益は少ないものの、2回3回と来客してくれれば、その分顧客1人あたりの単価は上ることになります。

また、他のお店よりも価格が低いことで、口コミ等でも広がりやすくなります。
口コミで広がれば、自ら集客しなくとも新規のお客様が来店してくれる可能性は高くなります。

こうなれば、さらなるリピーターを増やすことにも繋がります。

経営者「ママ」のトークで常連客を掴み儲かるお店へ

スナックは飲食店というよりも、お酒がメインとなる飲み屋です。

スナックに来るお客様は、色々な方がいらっしゃいますが、多くは男性の方です、
男性の方がお酒を飲むとき、どうせなら楽しく飲みたいと思い、足を運ぶのがスナックです。

ですから、スナックでは楽しいと思える時間を提供すること、情のある人間関係を築くことが非常に大切なこととなります。

お店の経営者である「ママ」の人物に惹かれて、常連客が増えることも珍しくありません。

「ママ」とのトークに惹かれ、スナックがコミュニュティの場となり、お客様に愛されるお店となるのです。

多くのスナックが開業されている中で、その大半は廃業するのが現実です。

数あるスナックの中でも生き残り、儲かるためにも「ママ」の人柄で常連客を掴んでいきましょう。

リピーターに繋がるお店造り

数あるスナックの中で、人気店になるためには、お客様に合わせたニーズ、接客スキルがとても大切になります。

スナックの経営にとって、一番は重要なのは常連客の獲得です。

居心地のいいお店を造り、顧客を増やしていきましょう。

 - 経営