ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

金を購入して資産にしたい!海外でも金は購入できるの?

2018.5.22

世界の政治・経済の行方が心配される昨今、金への投資が注目を集めています。

そこで、金を購入することのメリットやデメリット、海外での購入についてお話します。

金をご自身の資産にしようとお考えの方は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

FX専業トレーダーがブログを書くには?利点や欠点について!

FXの専業トレーダーの中には、FXブログを毎日欠かさず書いている方も多いですよね。 始めは読者...

手軽に始められる金ETF!気になるデメリットや手数料は?

金は実物資産として、古くから重宝されてきました。 「有事の金」とも呼ばれ、インフレに強く、通貨...

投資で成功するために!株価が上がる仕組みを知ろう!

最近、株式投資に興味を持っている方が増えているようです。 なかには、挑戦してみたいと思っている方も...

FXで勝つために!トレード日記で取引の反省や分析を行おう!

売買記録を付ける「トレード日記」は、FX取引をする上ではとても重要です。 確かに、大損をし...

金の元素記号がGでもKでもなく、auなのはなぜ?その由来は?

金属の金は、英語ではgoldですが、元素記号はauです。 どうして、goldのGでもなく金のK...

fxを始めたい!溶かすリスクを減らす投資法を身につけよう

最近、株式への投資以外に「fx」に興味を持っている方も増えていますね。 主婦や学生であっても簡単に...

「NISA」と「積立NISA」どっちが良い!?その違いは何?

ここ数年、耳にする機会の多い「NISA(ニーサ)」ですが、どんなものかご存知ですか? また、そ...

NISAから積立NISAに切り替えたい!手続き方法や注意点は?

NISAをやっている方で「積立NISAとは何か」「どんなメリット・デメリットがあるのか」と、気に...

不動産に投資をしたい!ブログで知識をつけて始めてみよう!

皆さんは、不動産投資に興味はありませんか? 近年の不況や投資ブームを受けて、不動産への投資を始める...

株や不動産などで資産運用!ブログに運用結果を残す理由とは

今や、多くの人が株や債券、はたまた不動産などで資産を運用することが多い時代となりました。 そし...

株投資の方法はさまざま!売り買いの回数や頻度の違いは?

通称「NISA」でお馴染みの少額投資非課税制度の登場や、ネット証券の台頭などで、株投資は比較的手...

高額の宝くじが当たったら銀行?損をしないお金の使い方!

誰もが一度は見る夢。 それは、宝くじの高額当選ではないでしょうか。 もし、3億円当たったらどうし...

MRFやMMFの金利って?マネックスなどのネット証券を比較!

近年のネット証券の台頭により、以前よりも少額で手軽に投資を始められるようになりました。 今回は...

ファンドとはどんな金融商品のこと?ファンド型保険とは?

投資のための金融商品には様々なものがありますが、その中のひとつにファンドがあります。 ファンド...

変化するパフォーマンスの意味、ビジネスではどう使われる?

皆さんはパフォーマンスという言葉から、どのようなことを連想するでしょうか。 アーティストのダンス...

スポンサーリンク

金の価値は海外でも共通の資産

金は古くから美しく、希少なものとされ、世界共通の資産として扱われています。

1970年代までは金本位制が取られ、海外の紙幣も、金と結びつけて価値を決めていました。

このことから、日本円を海外のお金に交換できるようになったのも、金の価値が、各国で共通していたからです。

現在でも、資産として、世界中の中央銀行で金が保有されていています。

国がもしも破綻して、その国の紙幣が紙切れの価値になってしまっても、金の価値が紙切れになることはありません。

金本位制が終わった現在も、金の価値は変わらないのです。

しかし、近年は世界各地の紛争やテロ、世界同時株安など、世界情勢は不安定な状態です。

この状況で金を持つことは、正しい選択と言えるのでしょうか。

投資目的に金を保有する、メリットとデメリットを見ていきましょう。

また、海外で金を購入するときの注意点をお伝えします。

金を購入するメリットとデメリット

まず、金に投資をするメリットからお話します。

金は鉱物です。

埋蔵量には限りがあるので、金が無価値になることはありません。

そして、発展途上国であろうと先進国であろうと、金の価値は共通です。

世界情勢が不安定な状態でも変化に強い金ですので、海外で紛争やテロ、株安などが起こると、金を購入する人が多くなります。

こうなると、金の価値が上がるケースも多くあります。

つぎに、金に投資をするデメリットです。

まず挙げられるのは、為替変動リスクがあることです。

金の取引は、米ドルで行われます。

そのため、日本国内における金の価格は、米ドルに対する為替の影響を受けるのです。

1ドル100円のとき、10,000円分の金を購入した場合。
1ドル110円のとき、10,000円分の金を購入した場合。

前者のほうが、金の獲得量が多くなります。

ほかにもデメリットとまでは言いませんが、ほかの金融資産のように、預貯金の利息や株式の配当といった利益は、金にはないことも挙げられます。

金投資の種類

金投資とは、毎日変動する金の価格によって、金を売買しながら利益を得る方法です。

この金投資、さまざまな種類があることをご存知でしょうか。

金投資といっても、種類によって異なった性質があります。

★純金積み立て

月1,000円から購入ができます。

リスクも低いですが、リターンも低めです。

★金地金

いわゆる金の延べ棒(ゴールドバー)のことです。

複数のバーサイズがあり、5g単位から購入することができます。

500g未満の売買だと手数料(バーチャージ)がかかるので注意です。

★地金型金貨

収集型金貨と地金型金貨の2種類が、金貨にはあります。

個人の嗜好などで売買される収集型金貨は、金地金価格よりも高く、売買されたりしています。

地金型金貨は、金地金の時価に、上乗せ金を少額加算して売買されます。

★金ETF

金価格に連動した上場投資信託です。

株取引に近い金投資で、5,000円ほどから購入可能です。

★投資信託

金などを採掘する企業に、投資することです。

海外の企業に直接投資する、為替リスクなどを不安に思う方のために、金鉱株ファンドがあります。

金に投資するのではなく、世界各地の金鉱山の株式に投資する方法です。

リターンも大きいですが、リスクも大きいです。

★金CFD

商品先物取引と似た投資です。

買い付け時よりも、相場が上がっていたときに売買すれば、利益が発生します。

ハイリターンが期待できますが、逆にハイリスクであるため、豊富な投資経験が必要になる投資です。

金を購入するときはマイナンバーが必要?

2016年1月以降、日本に住民票を置く全ての人が、マイナンバー(個人番号)を持つことになりました。

マイナンバーは、複数の機関に存在する個人の情報を、まとめて確認をするために活用されています。

所得税法等の改正によって、支払額が200万円以上の場合、支払調書にマイナンバーを記載することが義務付られています。

これに伴い、200万円以上の金地金や金貨の売却取引を行う際には、マイナンバーの提示が必要になります。

マイナンバーの提示が必要になるか、ならないかは、金を売買する際の金相場によって変わります。

そのため、従来の主流は1kgバーの金地金でしたが、現在は100gバーが人気を集めています。

しかし、みなさんが100gのバーを購入して、個人資産を表向きにせずにいると、当局も動き出す可能性もあります。

さらなる所得税法等の改正によって、100gのバーでも、マイナンバー提示を求める時代になるかもしれません。

それでしたら、gにすると割高にはなりますが、小口で1toz金貨を購入するといった方法もあります。

金貨を購入するデメリットとしては、金貨に傷や汚れなどがある場合、地金再生価格の買取になります。

つぎでは、海外での金の購入について、お話します。

金は海外で購入できるの?

日本国内で、金地金と金貨は購入できますが、海外でも購入することができます。

金を購入するときの手数料を考慮して、手数料が安い香港での購入方法について、お話します。

金地金や金貨を香港で購入する場合、おすすめなのが、「恒生(ハンセン)銀行本店」です。

おすすめの理由は、金の実物を買えるのは4店舗のみで、本店以外ですと、口座開設が必要になってくるからです。

また、パスポートや身分証明書がなくても、現金で取引できるのも本店のみになります。

金貨の在庫が常にあるとは限りませんので、事前に確認をしておきましょう。

1日で購入できる金額は、HKドル120,000までと制限があります。

1HKドル=14.3円だとすると、

HKドル120,000×14.32=1,718,400円

これが、1日あたりの購入限度額になります。

日本円にして500万円の予算で、1toz(約34枚=約1,057g)の金貨を購入した場合には、帰国の際に

・支払手段等の携帯輸出・輸入申告書
・携行品・別送申告書

の税関提出が必要になります。

そして、金を購入するときは消費税なしですが、日本に持ち込むとなると、輸入消費税の支払いが必要になります。

こうした消費税の部分と手数料の面や、マイナンバーを気にせずに購入できるというメリットがあります。

そのため、品質が確かならば、香港で金を買うといった手段も、一考の価値があると言えるでしょう。

日本円の持ち出し(100万円以下)、1toz以下の金貨1枚など、20万円以下の少額取引でなければ、税関に申告する必要があります。

一気に高額購入するとなると、資産内容が記録に残るところは、気になる点と言えるでしょう。

金を購入するためだけに、何回も香港に行くことは、あまり合理的とは言えません。

ビジネスとするなら、毎月1回は必ず行き、毎回1toz金貨の購入がベストです。

安く購入できるのはどっち?!日本と海外で違う金の単位

為替の影響を受ける金価格ですが、円高や円安でどう変わるのでしょうか。

まずは、円高の場合です。

円高の場合、日本国内の金価格が下落します。

そして、円安の場合は、金価格が上昇するのです。

このことから、金は円高になると安くなりますが、円安以上に金価格が上昇してしまうケースもあります。

円高は米ドルに対して、円が高くなるということですから、円高=ドル安を表します。

つまり、ドル安になると米ドルの手放しが起こり、通貨や資産に移動し始めるのです。

この移動の一部は金に向かい、円高によって大量に金の買いが入ると、金の価格が上昇する現象が起こります。

すると、円高でも、金需要が高くなれば、金価格は下がらないこともあるということになります。

ちなみに、日本で金などの重さを測るときはグラム(g)を使いますが、国際的に使う単位はトロイオンス(toz)を使います。

前項の、海外で金を購入するときに、出てきた単位です。

1tozは、31.1034768gです。

日本の金は、日本円とグラムで計算し、欧米の金では、米ドル建てとトロイオンスで計算します。

海外と日本の金は、重さと為替、この2つの計算をしないと、金が高いか安いかのかが比較できません。

少々ややこしく感じますが、日本国内と海外とでは、金の単位が異なることを、覚えておきましょう。

リスクを伴うことを忘れずに

金投資には、種類があります。

ローリターンのものもあれば、ハイリターンのものまであります。

しかし、リターンが大きい投資であればあるほど、リスクも大きくなることを、忘れてはいけません。

金を購入するときは、こうしたメリットデメリットを考えたうえで、購入してみましょう。

 - 投資