ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

玄関のドアノブに緩み?玄関のドアノブが緩む原因と改善法

2018.5.18

ドアノブは扉を開けるとき、鍵を閉めるときに大切な要といえるのではないでしょうか。

ドアノブの緩みや故障は、ドアの開閉がしにくくなり、外に出られなくなるなどのトラブルの原因になってしまうことがあります。

今回は、玄関のドアノブの緩みなどの故障の原因と改善法を、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

rc造の住宅は安心といえるのか?構造の特徴と壁厚について

rc造とは、住宅などの建物の造り方の名称です。 柱や梁、または壁などの主要構造部に鉄筋の入ったコン...

サイディング選びは重要!ニチハとケイミューどちらを選ぶ?

新築やリフォームをするときに、一番迷うのがサイディングではないでしょうか。 なぜなら、家の顔ともい...

外壁のサイディングで木目調を縦張りにする際の注意点とは

戸建を建てるときや外壁リフォームをする場合、昨今はサイディングを用いて仕上げる工法が主流になっていま...

木造のカーポートをDIYで作成して不動産の価値を高めよう!

「所有している不動産の価値を上げたい」、「そして、出来るなら自分の手で行いたい」と思っている人は...

暑さ対策に窓にすだれを設置しよう!室内外の付け方をご紹介

真夏日になると、室内にいても暑さを感じますよね。 エアコンをかけるのも良いですが、ずっと付けて...

納戸の棚やデッドスペースを余さず有効に活用する収納術

家の間取りを考える上で、意外と重要なのが収納スペースではないでしょうか。 マンションなどでは、...

セメント、コンクリート、アスファルトなどの値段の違いは?

賃貸経営の駐車場や、土地を有効活用するために、月極め駐車場の経営を始めようかと考えている方もいらっし...

オートロックの開け方がわからない場合の対処法をご紹介

マンションに住んでいる方には当たり前のオートロックですが、一人暮らしを始めたばかりでその開け方がわか...

窓やキッチンに柵を設置しよう!大切な赤ちゃんを守るために

賃貸マンションでも、一戸建てであっても、赤ちゃんがいるご家庭では家の中に様々な対策をすることが重...

窓の隙間風はゴムパッキンの劣化が原因?自分で交換出来る?

サッシ窓を長年使っていると、ゴムパッキンの劣化が気になりませんか? 結露などでゴムパッキンにカ...

サイディング屋の単価が適正かどうかをどうやって判断する?

アパート経営は、毎月決まった家賃収入が得られるため、人気のある投資の一つです。 しかし、特に建...

オートロックには暗証番号がある?見抜かれる共通の番号は?

防犯に対する意識が高くなり、オートロック付きの物件は常に人気の条件として挙げられます。 ストーカ...

鉄骨造の住宅は音が響く?防音性の調べ方や対策方法とは

鉄骨造のアパートなどの集合住宅に住んでいる方の中には、近隣住民の生活音が部屋に響くのが気になってし...

保有しているアパートの庭や駐車場作りに砂利を活用する方法

アパートの入居者を呼び込む武器は、物件の状態も勿論ですが、庭や駐車場の景観もあなどれないポイントです...

軽量鉄骨の耐用年数は?ダイワハウスの軽量鉄骨住宅xevoとは

最近では、どの大手メーカーでも軽量鉄骨の住宅を取り扱っているので、「軽量鉄骨で新築したい」とお考...

スポンサーリンク

玄関のドアノブの緩みの原因はどこに?

あなたの玄関の扉のドアノブに、不具合は見られないでしょうか。

ドアノブの不具合で代表的なものは、扉のガタつきです。

扉のガタつきの症状が進むと、ドアノブが取れそうになってしまうこともあります。

さらに進行すると、ドアの開閉ができなくなってしまうこともあるようです。

一般的にドアノブは、最大で15年程が寿命のようです。

今、玄関のドアノブに緩みやガタつきなどの症状がみられないとしても、今後、玄関のドアノブに緩みがみられたときに、自分でメンテナンスができるようにしておいたほうがいいでしょう。

ドアノブの故障原因には、ドアノブの内部の部品が悪くなっていることや、ドアノブの部品の錆び付きなど、様々なことが考えられます。

ドアノブの緩みに関する原因には、ハンドレバータイプの場合、ハンドレバーの緩みが原因の場合と、台座のネジに緩みがでていることが挙げられます。

ハンドレバーの緩みが原因

あなたの家の玄関に、ハンドレバータイプのドアノブは使っているでしょうか。

玄関には、様々なタイプのドアノブがありますよね。

ドアノブを回すタイプのものや、ドアノブを使うタイプではなく、引き戸式のものなど、玄関といっても家ごとに、それぞれ違うものが使われていますよね。

こちらでは、ハンドレバータイプのドアノブに関してお話します。

玄関で鍵を開け、ドアノブを動かしても、開けにくい経験をしたことはありませんか。

そういった場合は、以下の部分をチェックしてみましょう。

ハンドレバーには、出っ張っている金具がついているはずです。

そのハンドレバーを動かすと、出っ張っている金具が動きます。

ハンドレバーを動かすと、引っ込むこの金具は「ラッチ」と呼ばれています。

ハンドレバーに緩みが出ると、ドアのラッチが動かなくなってしまいます。

ドアの開け閉めがしにくいようであれば、レバーの垂れ下がり具合を確認してみましょう。

レバー部分が下に下がっているようであれば、ハンドレバーに緩みがでている可能性があります。

次項では、ハンドレバーの緩みを直す方法についてご紹介します。

ハンドレバータイプのドアノブの緩みを直す方法

前項で、ハンドレバータイプのドアノブの場合、ドアノブが緩む原因には、ハンドレバーの緩みが関係しているとご説明しました。

ハンドレバーの緩みは、自分で修理することが可能です。

ハンドレバーが緩み、垂れ下がってドアが開けにくくなってしまったときは、ハンドレバーの下部や側面をみてみましょう。

そこに、ハンドレバーの緩みを調整するネジがついていると思います。

ネジは、ドライバーや六角レンチを使って調整ができます。

ネジの調節の仕方は、ネジを少し緩めて、ハンドレバーを左手で自分の体に押し付けてネジを締めつけます。

しっかりと押さえ込みながら、調整用のネジを左回りで絞めましょう。

最後までちゃんとネジを締めれば、ハンドレバーの緩みはなくなるはずです。

ハンドレバーを動かしてみて、正常に動くかどうか確認してみましょう。

この方法で緩みがなくならない場合は、台座のネジの緩みが原因かもしれません。

ドアノブの緩みは台座の緩みが原因なことも

玄関のドアノブを回してもドアが開かない、閉まらないとなると焦ってしまいますよね。

しかし、前述したとおり、ハンドレバータイプの場合はハンドレバーの緩みの調整で、ほとんどのぐらつきが解消されます。

この方法を行ってもぐらつきが直らない場合は、台座のネジの緩みが原因と考えられます。

台座のネジが緩んでしまっていると、扉の表面と台座との間に隙間が発生します。

そんな状態のままでドアノブだけがしっかりと固定されていても、ぐらつきが出てしまいます。

ですから、台座のネジの緩みを直す必要があります。

ドアノブの台座が緩んでいる場合は、ドアノブ自体は正常であることが多いです。

原因はあくまで台座の緩みですので、台座を元通りにはめ込んで、ネジをしっかりと締めれば緩みを改善することができます。

しかし、ネジの穴が大きくなってしまい、ネジを締めても緩みが改善しない場合もあります。

そういった場合は、ネジ穴を狭くするために詰め物をしてネジを締めることで、緩みを改善できるでしょう。

それでもドアノブの緩みが改善されないようであれば、新しいドアノブとラッチを購入して、玄関のドアノブと交換するようにしましょう。

玄関のドアノブを交換する手順①ドアノブの外し方

玄関のドアノブを修理しようにも、ネジ穴が大きくなりすぎて、緩みが改善できなくなってしまった場合など、交換が必要になることもあるでしょう。

玄関のドアノブを付け替えるには、同じタイプのドアノブを購入して、古いものと交換するのが一番簡単な方法だといわれています。

ドアノブもラッチも購入が可能です。

同じ型番のものが、ホームセンターなどでも販売されています。

交換用のドアノブを購入する前に、ドアの厚さやラッチの付いたドア端からドアノブの中心までの長さ、ラッチの付いている金属板の幅や長さ、ドアの開き方などを調べておきましょう。

ドアノブの交換方法ですが、まず古いドアノブを外す必要があります。

古いドアノブをどうやって外せばいいのか、わからない方もいらっしゃると思いますので
こちらでは、ドアノブの外し方についてお話します。

まず、プラスドライバーとマイナスドライバーを用意しましょう。

①最初は、室内側のドアノブの側面にある小さいネジから外していきます。

②ドアノブを取り付けるために丸座を外します。

丸座にカバーがついている場合、マイナスドライバーを用いてネジを緩めましょう。

③外側のドアノブも、側面側の小さいネジから外します。

丸座のネジも同様の手順で緩めていきます。

④ネジをすべて外したら、ドアノブを丸座ごと引き抜きましょう。

⑤ドアの外側についているラッチの金具を分解していきます。

ラッチが外しにくいようであれば、ドアノブが挟まっていた穴からドライバーを入れて、ラッチを取り出します。

ネジがどの部位のものであったか覚えておいて、なくさないようにしておきましょう。

どの部分に取り付けられていたネジなのか、紙などに記録しておくといいでしょう。

玄関のドアノブを交換する手順②ドアノブの付け替え方

前項の古いドアノブの外し方に続き、こちらでは新しいドアノブに付け替える方法をご説明します。

①まずはラッチを取り付けます。

②前項の手順で外したネジを、外した順につけていきます。

ネジを付ける順番は間違えないように気を付けましょう。

ネジが正しい位置に締められているか、ラッチが正常に作動するか確認するため、ネジは緩めに締めます。

ネジを外した順番通り取り付けられたのであれば、ラッチがドアノブを動かせは引っ込むようになります。

③ドアノブを回したときに、ラッチが正常に動くことをみてから、ネジを本締めにするようにしましょう。

④ドアノブに緩みがないかドアノブを回してみましょう。

ドアノブに緩みは出ず、正常に動くならば付け替えは完了です。

玄関のドアノブの緩みを対処するには

玄関のドアノブに緩みが出る原因は、老朽化が主な原因です。

古くなったことにより、ネジが緩んでいるのです。

基本的にドアノブの緩みは、ネジを締め直すことで改善することがあります。

しかし、ドアノブを付け替える必要があるほど、古くなっていることもあります。

その場合は、古いドアノブを外して、新しいドアノブに付け替えましょう。

自分でできそうにない場合は、専門家に相談するといいでしょう。

 - マンション, 建物, 設備