ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

家賃滞納している!連帯保証人に連絡するタイミングとは?

2018.5.14

毎月の家賃を入居者が納めてくれれば問題はないですが、中には家賃滞納が発生してしまうトラブルもあります。

滞納した家賃を回収するためには、どのような方法をとるべきなのでしょうか。

また、連帯保証人に連絡するタイミングは、いつなのでしょうか。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

窓のインテリアで人気のジェルシール!剥がし方のポイントは

ジェルシールといえば、その扱いの手軽さから、多くの住宅の窓に貼り付けられているのをよく目にします...

私道の道路では通行料を請求されることも!相場はいくら?

購入しようか検討している土地の中に、まれに私道を通らざる負えない土地もあります。 その場合...

賃貸物件の鍵交換を自分でやる!注意と確認のポイント

マンションや貸家の賃貸中、鍵にまつわるトラブルは少なくありません。 『鍵がない。どこにもない。』 ...

家賃や更新料の勘定科目は何?大家さんが多く使う科目を紹介

アパートなどの大家さんたちは、毎月仕訳を行います。 入居者から家賃や更新料をもらった際はもちろ...

窓サッシレールやゴムパッキンにカビが!カビとり方法と対策

窓サッシのレールやゴムパッキンにカビが生えると、健康被害が出てしまう可能性があります。 そのた...

不動産登記に必要な印鑑証明書!有効期限は発行から3ヶ月?

印鑑証明書は不動産登記の手続きに必要な書類の中の1つです。 銀行などで使用することも多いため、...

長期に渡る家賃滞納者への対処法は?裁判所を通して解決!

長期に渡る家賃滞納者への対応は、賃貸経営者にとって悩みの種ではないでしょうか? 家賃滞納者に対...

マンションの窓にある三角のマーク!これは何を意味してる?

高層マンションなどの窓に、三角のマークがついているのを見かけたことのある方もいるのではないでしょ...

金属管工事とは?また、電気はどうやって送られてくるのか?

金属管工事と聞くとあまり電気と関連性がないように思われる人もいるかもしれませんが、私たちが生活す...

窓の結露対策をしよう!結露防止に便利な100均グッズとは?

寒い時期になると、部屋の窓ガラスに結露がたくさんついてしまったという経験はありませんか。 結露...

窓への防音対策として!隙間テープを活用してみよう!

賃貸アパートやマンションに住んでいると、気になるのがやはり「音」。 外から聞こえてくる音はもち...

賃貸物件の連帯保証人にかかる責任や解除の範囲を検証!

賃貸アパートを契約する時に必要になってくるのが、連帯保証人です。 普通は、自分の親や成人した自...

減価償却費を計上する場合の耐用年数は何年?エアコンの場合

形あるものには耐用年数があるということをみなさんご存知でしょうか。 建物や車両、道具類などは材質な...

賃貸物件での「大家さん」と「管理会社」の違いは何?

賃貸物件に住むときに、「大家さん」「不動産会社」「管理会社」「仲介会社」など聞いたことがあると思...

窓には電動シャッターが便利!?故障を感じたら行なうこと

新築する際などに、シャッターを窓に取り付けるかどうか悩む方もいるでしょう。 それには、シャッタ...

スポンサーリンク

家賃滞納している入居者にどう連絡する?

滞納といっても、理由は様々です。

たまたま支払い日を忘れていただけかもしれませんし、支払い日に突然入院してしまったのかもしれません。

こういったケースは除き、入居者が故意に家賃を支払わない、家賃滞納対策として、お話します。

経済的な理由で、家賃の支払いができなくなったケースも、故意に家賃を支払わない家賃滞納として含みます。

では、家賃を滞納している入居者には、どのような手順で連絡をしていけばよいのでしょうか。

①家賃支払い日から、およそ1~2週間の間に家賃の支払いがない場合、入居者に電話をしてみましょう。

②電話をしても連絡が取れない場合は、簡易書留で督促状をすぐに出しましょう。

③督促状を出してもなお、1週間ほど入居者の反応がない場合は、入居者の勤め先に連絡してみましょう。

ただし、家賃滞納の事実を勤務先に告知してはいけません。

④ここまででも、入居者の反応がないときは、連帯保証人に電話します。

⑤連帯保証人も連絡がつかない場合は、連帯保証人に督促状を出します。

⑥最終的には、入居者と連帯保証人に内容証明を同時に出します。

ここから先は話し合いになりますが、話し合いにならないようであれば、訴訟ということになります。

家賃滞納した場合を考えて対策をしよう

契約当初は家賃の支払いに何ら問題はなくても、賃貸借契約は長期間に及ぶ契約です。

入居者本人が家賃滞納しないことが一番ですが、突然入居者の環境が変わり、家賃の支払いができないといった状況になるかもしれません。

一度や二度の滞納で「すぐに出ていけ」とは言い出しにくく、どんどん滞納していくばかりで、大家さんは、さぞかし困っていることでしょう。

大家さんである貸主は、こいったリスクが起こることを考えなければなりません。

そのためには、対策をしましょう。

ひとつの対策として、契約時に敷金を少し多めに支払ってもらう方法があります。

競合物件との競争がある賃貸物件では、現実的な方法ではありませんが、敷金から滞納した家賃を補てんするのは有効な対策です。

もうひとつの対策は、入居者と同じ責任を負う役目の連帯保証人を、契約時につけてもらうことです。

先ほどお話した通り、滞納している入居者と連絡がとれないときに、連帯保証人は重要になってきます。

入居者が滞納している事実を連絡し、滞納した家賃を請求することができるからです。

連帯保証人とは

連帯保証人は、家賃滞納している入居者と同様の義務を負う責任があります。
その義務とは、以下の内容です。

①大家さんは、仮に家賃滞納している入居者に財産があったとしても、連帯保証人にも督促可能です。

つまり、大家さんは、入居者より先に連帯保証人に請求することが可能なのです。

また、大家さんからの請求に対し、連帯保証人は返済の義務があります。

ちなみに、保証人の場合は、「本人に請求して」と言える権利があります。

②家賃滞納している入居者に収入や財産があったとしても、先に請求されたら、連帯保証人は支払いをする義務があります。

③家賃滞納額が50万円だとした場合に、連帯保証人が2人居たとしても、「半分の25万だけ支払う」といった、分割提案が連帯保証人は不可能です。

大家さんは1人の連帯保証人に対して、滞納している金額を「全額支払ってください」と連絡し、請求することができます。

ただし、連帯保証人の責任範囲の制限など、民法改正によって改正することもあります。

大家さんも、こうした情報はいち早くキャッチしましょう。

家賃滞納の連絡を連帯保証人にはいつする?

大家さんが気がかりなのは、入居者が家賃滞納した場合、どのタイミングで連帯保証人に連絡するかです。

冒頭でお話した通り、一度や二度の滞納で「すぐに出ていけ」とは言い出しにくいものですが、滞納している事実は早めに伝えるべきです。

滞納している本人に促し、改善しない様子ならば、滞納額は増えていくばかりです。

大家さんの精神的な負担もありますが、滞納している入居者にとっても、どんどん負担がかかってきます。

また、早めに請求することで、うまれる効果もあります。

まず、連帯保証人に家賃の滞納の事実を連絡することで、入居者が責任を自覚してくれる効果です。

通常であれば、連帯保証人になる人は身近な人が多いので、入居者も「迷惑をかけたくない」といった心理が働き、早期回収が見込めます。

そして次の効果として、連帯保証人からの支払いが受けやすくなります。

大家さんや入居者の負担が大きくなるのと同じように、滞納金額が増えれば増えるほど、連帯保証人の負担も増えていきます。

滞納額が増えないためにも、早めに連絡するとよいでしょう。

家賃滞納をしたときの連帯保証人の契約期間

家賃を滞納している入居者と同等の責任がある連帯保証人ですが、この責任は一体いつまで継続し続けるのでしょうか。

一般的な賃貸借契約は契約期間があり、こうした期間中に解約しない場合は、更新していきますよね。

この場合、連帯保証人の責任も継続していく可能性が高くなります。

つまりは、入居者が退去しない限り、賃貸借契約が完全に終了するとは言えないため、連帯保証人は責任を負い続けることになるのです。

ですが、連帯保証人の責任が制限される可能性があるケースもあります。

それは、家賃滞納額が膨れ上がっているにも関わらず、対応をしないまま突然、連帯保証人に多額の請求をした場合です。

こういった意味でも、先ほどお話した通り、家賃滞納時は、早めに連絡することが大切なのです。

入居者の立場や支払い能力も、もちろん重要です。

しかし、連帯保証人についても同じように、重要視すべきことだと言えるのではないでしょうか。

賃貸借契約を結ぶ際には、しっかりと確認しましょう。

大家さんが督促の連絡をしないで済む方法

入居者が家賃滞納をすれば、大家さんは督促業務をしなければならなくなります。

しかし、こうした督促は、気を使いながら進めていかなければならず、大家さんにとってはストレスの元です。

この督促業務を、大家さんがしないで済む方法があります。

☆賃貸保証会社

入居者から保証料を支払ってもらい、連帯保証人の代わりをしてくれる会社です。

連帯保証人がいない・頼めない、といった状況である入居者でも部屋を借りられるので、入居者にもメリットがあります。

そして、大家さん側としても、入居者や連帯保証人に連絡しなくてもよいため、手間がかからず回収ができるのです。

保証会社は、家賃の滞納を確認し、入居者の代わりに家賃を立て替えて支払ってくれます。

これを、「代位弁済」と言い、入居者への督促は保証会社が請け負ってくれるのです。

滞納を繰り返し、長期にわたって滞納している入居者については、訴訟や立ち退きなどの業務もしてくれます。

デメリットと言えば、保証会社が倒産してしまうリスクがあることと、保証契約が解除になってしまうということです。

また、保証範囲外の損害は保証してくれないので、気をつけましょう。

多額請求にならないために

入居者が、家賃を滞納してしまう理由は様々です。

なかには滞納したくないのに、支払えないといった環境になってしまう人もいます。

大家さんとしては、支払いを待ってあげたい気持ちはあるかもしれませんが、滞納に滞納を重ねても、良いことはひとつもありません。

これは大家さんだけでなく、滞納している入居者や連帯保証人にも言えることです。

早めに対応していきましょう。

 - 契約, 暮らし, 経営